2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

流星ワゴン】は6話もまた実に面白かったですね~。今回は特に、忠さんこと香川照之さんの独壇場、その驚くほど豊かな表情を見ているだけでもまったく飽きず、1時間があっという間でございました。以下簡単なネタバレのあらすじです流星ワゴンのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は忠さんがついに自分の過去と向き合うことになりました。一雄だけじゃなく、忠さんもまた、過去にやり残したことがあり、その無念から今の生霊となって流星ワゴンに乗ることになったのだそうです


一雄から、自分はもうすぐ死ぬ運命だと聞かされた忠さんは、それならば「運命」を変えればいいだけだ、それこそが、自分がここに送られた理由だと確信します


ちょうど今皆がいる時代に、忠雄(年取った忠さん)の体調が悪くなったらしく、妻の澄江(倍賞美津子)や娘の智子(市川実和子)夫婦が盛んに検査を勧めたのだそうで、それを知った忠さんは早速福山に飛んで、自分を説得しようとしたのです。この行動力たるや、目を見張るものがありますね~さすがに裸一貫で起こした会社「丸忠コーポレーション」をあそこまで大きくしただけの事はあります


が一雄は橋本から、忠さんが忠雄に会ってしまったら、時代にゆがみが生じてしまい、これまでのことがすべて無になってしまうと聞かされて、慌ててその後を追いかけました


なんだ、まだあんな家に住んどったのか


満を辞して「自分」を病院に行かせるべく、自宅に乗り込もうとした忠さんを、一雄と、橋本と一緒にいるのは嫌だと一雄についてきた健太が止めた時も可笑しかったですね~。行っちゃダメだ、忠さん!!忠さんを止めろっ!( ;∀;)


事情を聴いた忠さんは、それなら代わりに息子である一雄が忠雄を説得しろと命じましたが、一雄はいまだに忠雄を怖れているため、ちょっと怒鳴られただけで説得を諦めてしまいます


ここで忠さんが、妻の澄江を見た感想がまた、なんとも失礼極まりないんだけど、その言い様が面白かったですよねボロボロだ、ボロンボロンだ、が高じて最後には「妖怪だ」とまで言ってましたよ。自分の特殊メイクの方も相当だと思いますけど


何を言っても耳を貸さない忠雄を病院に行かせるために、誰よりも忠雄の心をよく知っている忠さんが、その性癖を利用したのも楽しかった。俺は負けず嫌いだから、勝負事を絡ませれば、絶対に断れないはずだ!


マラソン大会に、忠雄のライバルが出場することになったと嘘をつき、忠雄もまた一緒に走る気にさせておいた上で、それには「健康診断」を受けねばならぬとごまかしたのです。これでようやくうまく行くかに思えたのに、その病院で、こともあろうにそのライバルに会ってしまったのは、神様の意地悪だとしか思えません


この年でマラソンなんてするわけなかろう?


騙されたと知って激怒した忠雄は、それが一雄の入れ知恵だと思ったようで、ますますへそを曲げてしまい、怒った勢いで、澄江を張飛ばしてしまいます


あんなヤツ、助けようと思った俺が馬鹿だった!!


母の腫れた頬を見てそう悔んでいた一雄を、今度は澄江がぶん殴りました何様のつもりっ!(`・ω・´)。たった一人のお父さんに向かってなんてことを言うのっ!?あんたは何もわかってない!!


澄江はこの世で誰よりも、不器用な忠雄の心を理解し、愛しているのですね~。だって忠雄はこの後すぐに、得意のお好み焼きを焼きだしたんですものね。その意味(※)をいち早く察した澄江は、黙ってその焼きあがったお好み焼きを、一雄に届けてくれたのが、またなんとも心地よかったな


~久しぶりにカズに食わせてやれ


その澄江が、絶対に病院に行こうとしない夫のために、毎日、食事やら行動やらを細かく書き記したノートを病院に持っていき、それで忠雄を診察してほしいと、医者に頼み込んだシーンもまた何とも切なかったですね。この光景とノートを目にした一雄は、もう一度、忠雄を説得しようと決意します


一方の忠さんも心の中では今の忠雄を「頑固ジジイ」と認めながらも、さすがに本人だけあって、そんな忠雄の苦しい胸の内を理解します


おまえ(一雄)が俺を捨てたから、俺はあんな風になってしまったんだ!嫁と息子があんな風になったのも、すべて皆お前自身のせいだ!!おまえが諦めたからだ!(`・ω・´)


この言葉が証明されたのは、一雄が再度忠雄を説得しに行った時の事でした。一雄は、誰にも信じてもらえないことを百も承知で、忠雄は早晩病で死ぬことになる、東京でリストラされた自分は、忠雄の「お車代」目当てに見舞いにやってくることになると、半ば自嘲気味に打ち明けます。


そんなことにならぬよう、どうか、病院に行ってくれ!今ならまだ間に合うかもしれないんだっ!!頼む、親父っ!!( ;∀;)


でもどんなに一雄が必死に言葉を尽くしても、忠雄は耳を貸しません。それどころか、むしろ、自分に残された時間が僅かなら、今以上に働かねばならないと豪語します。もっともっと会社を大きくして、

跡を継がなかったことを後悔させてやる!

と言い放つのです。ああ、これこそが、忠さんが一雄のもとに送られた理由なのだと、おばさんは確信いたしました。切れてしまった忠雄と一雄の絆を元に戻すことこそ、忠さんの役割に違いありません流星ワゴンの忠さんがサイコー(^^)/。(単なる妄想倒れに終わるかもしれません


これは最初の方で忠さんも不思議がっていましたけれど、あんなに大きな会社の社長になったのに、いまだに古い昔の家に住んでいることも、忠雄の「未練=後悔」の証ですよね


澄江が言っていたように、忠雄がどんなに一雄を憎もうとしても、憎みきることはできない~親は、子どもがどんなに年を取ろうと、いつまで経っても「親」のまま、親子の絆は、たとえ切れたように見えたとしても、決して切れることが無い


前回、母の花織が自分を忘れて新しい家族を作ったことに怒っていた健太も、澄江からこう聞かされて、少し怒りと悲しみが和らいでいたようです。お母さんは絶対にあなたを忘れたりはしない、って


息子の一雄が久しぶりに返ってきたというのに、父親と気まずいばかりに家でもてなせないため、澄江が一雄を離れに泊めて、一雄の好きなご馳走をタップリ作ってくれたのを見て羨ましそうにしていた健太のため、一雄が澄江に頼んで、健太の好きだった花織の手料理=ケチャップご飯をお弁当に持たせてもらったシーンもなごみました


一雄は本当に優しいのですよね~。でもその優しさが実は愛されたい欲求の裏返しだというのがまずいんだろうな。それが実は、

「誰よりも忠雄から認めてほしい、愛されたい

心理に寄るものだということに一雄が早く気づければいいんでしょうが根元がぐらついているからいかんのよ(;´・ω・)


忠さんも最後には自分が送られてきた意味が分かっていたようなので、今後はますますその活躍に注目していきたいと思います。来週は再び健太と橋本親子に焦点が当てられそうでしたね。


流星ワゴンは続きもとぉ~っても楽しみですね流星ワゴンが面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.