2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ゴーストライター】は7話にしてリサがやってくれましたゴーストライター、この時を待ってました(*^^)v!ここでまたうだうだ引っ張るようなら黙っているつもりだったのですが。以下早速ネタバレですゴーストライターのネタバレ行きます('ω')ノ


リサがとうとう真実を公表いたしました。テレビに出演したリサは、エターナルレシピ他数作の著書名を挙げ連ね、これらは私が書いたのではなく、川原由樹の手によるものだと告白したのです


川原由樹さんは私のゴーストライターでした!


こうなるまでにいたった経緯(あらすじ)はこうです


前回に引き続き、リサは相変わらず厚顔無恥に振る舞っていました。裁判に勝ったとはいえ、このタイミングで「引退」を表明したら、

やはり遠野リサは書けないのだ。ゴーストライターは存在したのでは?

と疑われると皆が心配する中で、リサだけは、自分には切り札があるから大丈夫だとうそぶきます。なんとリサは、母の元子が認知症である事実を公表し、これからは、その母と息子のために生きたいと明かしたのです


これを聞いたマスコミは大人しく引き下がりましたが、当の息子の大樹は母の言葉を信じません。その「認知症の母」に会わせてくれよ


ところがこればっかりは真実だったため、大樹はさすがに驚いてしまいます。しかもここで、元子が大樹を大樹の父だと思い込んだから尚更でしょう。リサはあなたには嫁がせないっ!!さっさと出ていけっ!!


そして大樹はついに家を出て行ってしまいます。その目的をリサが問い詰めると、大樹はそっけなくこう答えました。遠野リサから離れるためだ


その後リサは道端で由樹を見かけます。さんざん叩かれたために入院までした由樹は、ようやく外出できるようにまでなったものの、その外出先で人目に付くと即、ゴーストライターだと陰口を聞かれるため、もはや小説を書く気力さえ失ってしまったようです


小説さえ書かなければ、こんな目に遭わずに済んだのに!


そんな由樹ですから、自分をそこまで追い込んだリサの顔など見たいはずがありません。私に近寄らないでっ!来ないでっ!!いけずうずうしい(;´・ω・)


自分が求めている人間からは皆ことごとくそっぽを向かれたリサを、神崎が旅行に誘いました。そこでくつろいでいた時の神崎の台詞がまた実に胡散臭かったですね~。年に1度ぐらい、こんな風にできたらいいな


大体この神崎って独身なんでしょうかね。あんな野心家の男が、後は廃れるばかりのリサを大事にしていくはずもないのに。それを誰よりもよく知っているのはリサだと思うんですが


その後神崎がひとりで風呂に入りに行ったその時、一つの事件が起きました。旅館の調理場で火事が出たから避難するよう呼びかけがあったのです


最初リサは荷物を抱えて逃げようとしますが、そこで転んだその時に、耳元で悪魔が囁きました。ここで何もかも終わりにしてしまおう!もう生きていても仕方がない!!


火の手が迫るのもものともせず、ただ一人部屋の中にたたずむリサの姿は恐ろしくさえありました。いまや「虚像と化した遠野リサ」をこの世から消し去るために、実像=これからいくらでも違う人生を歩める可能性にあふれた自分自身を消し去るなんてバカな話がいったいどこにあるでしょうかいい加減に目を覚ませっ!!


が、ここはリサの思い通りにはならず、リサは気を失った状態で助け出されました。連絡を受けて病院に駆けつけてきた大樹はこう言います


死ねば楽になれるなんて思うな!死んだら絶対に許さないっ!!


まさにその通りでございまするね。元子を自分に呪いをかけ続けた「悪魔」だと言って憚らないリサが、自分が大樹の悪魔にならずに済むためにできることは1つしかありません


こうしてリサは決意を固めてついに真相を告白するに至りました。これでようやく「遠野リサ」を消し去ることができたのです。


この放送を見ていた由樹は、はたしてリサの行動をどう評価するでしょうか?


少なくとも、あの神崎は早速、由樹に接触して執筆を依頼してくるようです。そんなことはとっくに分かっていたことだけど、改めてあの男の薄汚さを見せつけられると吐き気がしそうでやんすねほ~んとやな奴!(`・ω・´)。そう考えると、今後は由樹が「不幸」になっていくようなきがしてなりませんよ。ま、小田は神崎のようにならんと信じたいですけれど


さ~て「ゴーストライター」もいよいよ終盤に入りますね。続きもとっても楽しみですゴーストライターも盛り上がってきました(^◇^)



これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.