2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

草彅剛さん主演のドラマ、【銭の戦争】もいよいよ8話です。まったくね~うまくしてやられちゃいましたよ、あの赤松に銭の戦争のあらすじ行きますよ~(^◇^)!以下簡単なネタバレのあらすじです


前回、ホワイト化学買収の真相を知った富雄は、赤松と手を組むことになりました。赤松は、ホワイト化学が取得した特許=特殊プラスチックの審議が、通常より長期間かかっていたことを指摘します。つまりは青池ファイナンスが、その特許が降りないように妨害していた可能性があるということ


そこで富雄は早速、その審議官=水越(浅野和之)を調べることにしました。富雄は小夜子の代理できたと嘘をつき、水越を呼び出してこう囁きます。ホワイト化学の件で捜査が入るかもしれない


これに焦った水野は簡単に語るに落ちてしまいます残りの金を渡さないつもりか!?


富雄は赤松の許可を得て、高田に協力を求めたほか、未央にも探りを入れさせました。水野が出入りしていたクラブに未央を潜入させて、その線から水野の弱みを握ろうとします


これを知った紺野が未央を心配して富雄に注意を促しますが、富雄はこれを承諾しても、未央が納得いたしません。金を返すためだけじゃなく、未央は富雄のことが心配でならんのです


その未央の活躍のおかげで、富雄はついに、水野が青池ファイナンスから金を受け取っている現場を抑えました。その上富雄はあらかじめ記者を呼んでおき、水野との会話や金の映像をバッチリ撮影させています


富雄はこれで満を辞して、小夜子にホワイト化学を譲り渡すよう通告しに行くのですけど、その時は既に遅く~なんとなんと、赤松が既に小夜子を強請り、ホワイト化学の株の51%を手中に収めていたのです銭の戦争~真の敵は赤松か!(`・ω・´)


これは赤松が以前、梢の部屋に仕掛けておいた盗聴器で、梢が小夜子の裏金のからくりを突き止めた会話を盗み聞きしたからなのでしょうね。脱税が明るみになれば、青池ファイナンスはもはや無事ではいられない、って。


どこまでも抜かりなく、そして卑劣極まりない赤松ですが、その赤松に、ほかならぬ富雄が似てきたのが、未央ならずとも気になりますよね~。すっかり金に取りつかれてしまってるようで


でも、その富雄が、以前金を借りに行った際、金が欲しかったら吐しゃ物を食べろなどと無理難題を押し付けた後輩の灰谷(中林大樹)が今、かつての自分と同じようにどん底にいるのを、富雄なりの方法で激励したのは良かったな。たかが1億なんて金、さっさと取り戻せ!


予告では、富雄が赤松に赤松の金(20億)の在りかを仄めかしていたようでしたが?富雄、負けるな~(^^)/


未央の富雄への恋情も日に日に強くなり、そんな未央を思いやる富雄の気持ちも見え隠れして銭の戦争はますます見どころ満載となってきましたね。はたして富雄はどのようにして赤松の鼻を明かすのかboxer6~今からう~んと楽しみでなりませぬ銭の戦争もいよいよ終盤!('ω')ノ


~同じカテゴリー内でも古い記事は「韓国版・銭の戦争」です。結末のネタバレもしておりますのでくれぐれもご注意くださいますように


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.