このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

雲霧仁左衛門
 時代劇・歴史モノ

雲霧仁左衛門2 あらすじと感想 第4話 生き別れた娘

雲霧仁左衛門2】の4話は「生き別れた娘」です。これまた実に痛快で面白かったですね~。火盗改も形無しでござるね。以下簡単なネタバレのあらすじです雲切仁左衛門2のあらすじ行きますよ~(^◇^)


「六」こと因果小僧六之助は今回、高利貸しに連れて行かれそうになっていたおひさ(真野惠里菜)という娘を助けました。なんとおひさは、病気の父親=与助のために借りた10両が、たったの1月で「100両」にも膨れ上がり、その借金のかたに売り飛ばされるところだったのです


しかもこの高利貸し=相模の軍次が、岡場所の主をする一方で、町方の「親分」でもあるというのが、いかにも始末が悪いですよね


この話を聞いた仁左衛門は、早速吉五郎に軍次を懲らしめるよう命じました。六たちは、軍次の家に隠してあった「証文」と、わずか300両ばかりの金を盗み出したのです


部屋に残された「雲の字に驚いた軍次は、さっそく目明し仲間の政蔵のもとへ駆け込みますが、政蔵からこの話を聞かされた山田(村田雄浩)は、渋い顔が隠せません。あの雲切がたかが300両のために軍次宅へ忍び込んだとは思えないからです。これこそ

軍次の様な外道がお上の十手を預かっていることへの痛烈な批判

以外の何物でもありますまい


その後、六と吉五郎、そして州走りは引き続き、最初に助けたおひさとその父・与助の世話をしていました。すっかり弱り切った与助には朝鮮人参しか効かないと聞けば、それも手に入れて与えるほどの面倒見の良さは、さすがに「義賊」ですよね


が、ここに霞の七三という男が現れます。七三は雲切一味同様盗人で、元々与助親子の面倒を見てきたのだそうです。


まさか、あんたがあの二人を助けるとは


そう語った七三の口から、思わぬ事実が明かされました。なんと、今回雲切一味が助けたおひさこそ、吉五郎の生き別れた娘だったというのです!


吉五郎も昔は武士だったそうなのですが、その後、浪々の身となって旅に出たところ、妻と一緒に「はしか」になってしまったのだそうです。


その時泊まった旅籠で、その妻が亡くなってしまったため、吉五郎は、まだ乳飲み子だった娘を、その旅籠で風呂焚きをしていた与助にくれてやったのだとか。


これを聞いた吉五郎は、この不思議な縁に感動し、その後も何くれとなくおひさの下を訪れたため、何も知らない六に至っては、吉五郎がおひさに岡惚れしたと思い込んでしまったほどです


でも、仁左衛門は、おひさの出身地を聞いた時点でもうピンと来ていたようですね。しかも、これが、吉五郎を盗人仲間に引きずり込むための、七三の巧妙な罠だったということも。与助は七三に脅されて、やむなく吉五郎を騙していたのですね。


が、どんなに娘が不憫で可愛くても、仁左衛門を裏切れなかった吉五郎を、ほかならぬ仁左衛門が自ら助けに来たのがまたカッコよかったですね~仁左衛門が素敵過ぎ( *´艸`)。見張りは子分たちが片づけて、七三一味をこてんぱんにやっつける仁左衛門と吉五郎なのです吉五郎も頑張りました( `ー´)ノ


しかもこの際、七三が、吉五郎が火盗改の密偵(いぬ)だと思い込んでいたのがまた可笑しかった


翌朝、奉行所の前にズラリと縛られて見つかった七三たちが、火盗改の役人から、誰に捕えられたのだと聞かれ、

お前さんたちの密偵の吉五郎にやられた!

と、悔しげに語ったのを聞いた山田の、また一層悔しげな顔ったらありませんでした。雲切か!またしても雲切にしてやられた!


と、今回もまた悪党は一掃され、悪党どもに利用されただけのおひさと与助は無事、新天地を求めて旅立ちました。残された吉五郎は、ほのかな苦みの残る思い出を胸に閉まって、敬愛する仁左衛門とともに、次の「伊勢の大仕事」に備えていくのでありました。おしまい雲切仁左衛門2が面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は雲霧仁左衛門のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング