2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)の7話は「真実の行方」(Taking a Message~伝言を受ける)です。これはスペンスのsexting(エ〇トーク)のことでしょうか。今週は皆静かにしていたというのに、46歳のスペンスはまだまだ凝りませんね~体ぐらい自分で洗いなさい~また発作を起こさなきゃいいですけど。以下簡単なネタバレのあらすじですデビアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは、前回の密告でパウエル家をクビになったマリソルから見てまいりましょうか


2件もメイドを掛け持ちするなんて、マリソルはよほど困っているに違いない~メイド仲間たちはそう考えて、マリソルにいたく同情し、皆で持ち寄ってカンパまでしてくれました。金のために働いている訳ではないマリソルは、これに心から恐縮してしまいます。なんとマリソルは、大学で英文学を教える教授だったのだそうです。どーりで


そしてこの「秘密」は昔マリソルが教えた女性によって明らかにされてしまいます。スワレス教授!?先生の講座を取っていました(^^)/


ロージーと買い物をしていたマリソルは、慌てて他人のふりをしますが、好奇心の強いロージーは、早速これを皆に打ち明け、マリソルは怪しいと言いだします。自分のことを一切しゃべろうとしないのも変よ!


でも、ゾイラとカルメンには相手にされなかったため、ロージーは自分でネットでマリソル・スワレス教授を検索し、その正体を探り出します。どうやらマリソルは、オスカー・ワイルドの権威のようです


教授のくせにメイドのふりをして私たちを騙していたなんて!!


腹を立てたロージーは、早速マリソルに絶縁宣言しに行きました。困ったマリソルは、息子エディの無実を晴らすためにビバリーヒルズにやってきたと打ち明けましたが、人一倍ナイーブなロージーは、耳を貸そうとしません


人殺しなんか助けたくないわ!!I don't want to help a murderer. And we are not friends.


でもここでロージーは、間抜けなことに、自分のスマホを落としていってしまいます。そこに、冒頭でもちょっと触れた、スペンスからのメール=sextingが送られてきたから大変です


マリソルは早速これを手に、ロージーのもとへ乗り込んできました。もしあなたが私の秘密を皆に明かせば、私もペリに、あなたがスペンスと浮気していることを暴露するわよ!


I hate you!! あんたなんて大嫌い!!卑怯者っ!


どうやらロージーは、早速皆にメールを送っていたらしく、ここにゾイラとカルメンもやってきます。でももちろん、ロージーには何も言えるはずがありません


こうして何とか事なきを得たものの、マリソルの心は晴れぬままです


が、その後ロージーに、息子のミゲルが描いた絵が送られてきました。その絵を見たロージーは、ようやくマリソルの母心に気づくのです


誰よりも大切な息子が濡れ衣を着せられたら、私はどんなことをしてでも息子を助ける!あなたの心が理解できたわ!


ロージーはマリソルに謝罪し、今後も力になってくれると約束してくれました。ずっと後悔し続けていたマリソルは、ゾイラとカルメンにも真相を打ち明けると言いだしますが、ロージーはこれを止めました。その方が安全よ


その後どうやらロージーは、マリソルに代わってパウエル家に働きに出かけるようです。これ以上の揉め事は困ると、自ら広東語を覚えてまで高齢の中国人メイドを雇ったのに、フローラのことが知られたために逃げられてしまって困り果てていたエヴリンは、一も二も無く快諾することでしょうね。でもロージーはこれでますますスペンスとの時間は少なくなりそうでござるね~気の毒に


またカルメンは前回ようやくサムと一歩前進いたしましたが、サムをBFにした途端、その志の低さが気になってならないようです。サムは、今の執事の暮らしを気に入っており、一旗揚げようという野心などまったく持っていないそうなのです。


あなたは私同様、もっと野心家だと思っていたのに!


失望を隠せないカルメンの姿に、サムも一念発起します。なんでもサムの父親はサラリーマンだったそうなのですが、過労が原因で亡くなってしまったのだそうで、サムは、そんな生き方だけはしたくないと考えていたのだとか。


それでもサムは、カルメンがともに暮らしたいと思える男になるため(I'm going to be somebody you want to spend your life with)、執事を辞めて屋敷を出ていくことにしたそうです。その決意を聞いて必死で止めるカルメンを尻目に、サムは出て行ってしまうのですが?


またゾイラのところは、案の定、レミがドラッグにどっぷりハマってしまっていますすっかりハイになってます(;´Д`)。レミは破産のショックで、以前家に押しかけて来たアリソンが無理矢理置いていったコカインに手を付けてしまったのです


その後レミが6000ドルも払って購入したコカインを、

「洗濯物と一緒にバッグに入っていたから洗剤ね

と勘ちがいするヴァレンティナが無知すぎですよね。あれではゾイラが目を光らせるわけです


なんとレミは、高校時代にもコカインに手を出し、リハビリ施設に入ったことがあるそうです。ヴァレンティナから事情を聴いたゾイラは、レミの父のフィリップ(メリーゴーランドのあの人です)を呼びよせて、レミを施設に送りこんでしまいました。レミは昔から、あの頼りない母をもったばかりに、何もかも自分一人で抱え込みがちなのだそうです。あなたが困った時はいつでも力になるわ


これまた薄情なようだけど、ことがことだけに~ドラッグだけは素人の手には負えません~致し方ない処置でござるね


と、今回はこれぐらいだったでしょうか


ようやくマリソルにも秘密を打ち明けられる「親友ができて何よりでしたねデビアスなメイドたちは続きもとっても楽しみですデビアスなメイドたちが面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.