このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

だから荒野
 社会派

だから荒野 最終回 あらすじと感想 告白

鈴木京香さん主演の【だから荒野】も夕べが最終回でした。これまた納得のいく素敵な最終回でしたね。以下簡単なネタバレのあらすじですだから荒野、最終回のあらすじ感想行きますよ~(*^^)v


まずは気になっていた山岡の「告白」から参りましょうか


山岡は、長崎に原爆が投下されたあの日、列車に乗っていたおかげで最悪の事態を逃れたそうです。線路沿いに歩いて実家に向かった山岡は、その家があった跡に、黒こげになった両親の遺体を見つけたそうです


それまでずっと、破壊され尽くした長崎の地一面に広がっていた白骨に涙が止まらなかった山岡なのに、肉親の遺体の前にはその涙さえ止ってしまったそうです。あまりにも熱い熱気で、涙が枯れてしまったに違いないと山岡は語っておりました切々とした語りが胸を打ちました(;O;)


そしてその後、山岡は奇跡的に生き残っていた妹=千代子に再会します。驚いた山岡は早速千代子を背負って逃げようとしましたが、その途中、喉の渇きに耐えかねて持っていた水筒の水をすべて飲み干してしまったところ、千代子もまた、水を欲しがって訴えてきます。お兄ちゃん、お水


がその時は既に水が無かったため、山岡は千代子を背中から降ろして必死で水を求めに奔走しました。ようやくそれを手に入れて戻った時、千代子は既に息絶えていたそうです千代子っ!!千代子っ!!


私は罪を犯しました。私の心には悪魔が住んでいたのです


千代子は私が殺したも同然だと語り、その生涯をこの贖罪に費やしてきた山岡の生き方は、あまりにも厳しすぎると思う反面、誰もがこの山岡のように、否、その半分でもいいから、自分の「罪」に向き合って生きることができたなら、世の中はどんなに変わることかと、己を省みずにはいられません


それはまた、朋美や優太も同じ気持ちだったようです。朋美は、家族からも自分自身からも逃げ出したあの時、章吾から

「これから長崎へ向かう

と聞いたことで、その「長崎」が自分の道しるべとなったと打ち明けました。やはり「祈りの長崎」は、たとえ普段意識はせずとも、我々日本人の心の中に、どことなく「再生」のイメージをもたらしてくれるのですね


でもその山岡も、雨の中、大地にしっかり根を張ったように立ち尽くし、空に向かって両手を伸ばしていた朋美の姿がたとえようもなく逞しい「救い」となって映ったそうです。朋美が山岡に救われたように、もう大分前からガンに侵されていたという山岡もまた、これからどんな風にも生きていける、まだまだ将来のある朋美に励まされていたのです


そして優太も、山岡の話と言葉はきっと人々の心に届くはずだと確信します。僕も先生のように語りたい。先生のことを語りたい


そんな優太に山岡は、優太自身の話が聞きたいと促しました。悲劇には大きいも小さいも無いのだから


優太はこれに力を得て、戦争体験を若者が語り継いでいくという団体「語りべの会」に自分も参加することにしました。東京から来たという優太を、最初は胡散臭げに見ていたメンバーは、優太が「山岡」から話を聞いたと答えると、ますますその様相が強くなります


これはおばさんの印象でしかありませんが、おそらく、山岡はこれまでも確かに戦争体験を語っては来たけれど、本当に自分が悔んでいた「罪」については、あまりにも辛くて口にすることができなかったため、どこかしら上っすべりで押しつけがましいと、感じる向きもあったのではないでしょうか


その山岡がついに皆の前で本心をさらけ出す日がやってきます。それは優太が「語りべの会」で、自分自身について語ったことがきっかけでした


「僕はずっと引きこもっていました。何もかも嫌になって、この世のすべてが消えてしまえばいいと思っていた。そうしたら、お母さんが消えてしまった」


他人の気持ちなどまったく考えたことの無かった自分が、その母が長崎に来たと知り、自分も長崎に来て山岡に会い、山岡の抱えている苦しみを、自分のそれとして感じることができたそうです


おじいちゃんはすごい人だと思いました


そう言ったあと、言葉が出なくなってしまった優太のそれを引き継ぐように、山岡が前述した実体験を語り始めたのです。今度こそ、その言葉は、誰の心をもとらえて離しませんでした


私の妹のように、無念のうちに亡くなった大勢の人々のその心は、消えてなくなってしまうのか?いや、魂は決してなくならない!彼らの無念を忘れてはいけない


だからこそ、こうしてその無念を語り継いでいかねばならぬのですね。


ずっと人を騙すことに慣れてしまった章吾も、朋美や優太と出会ったことで、その人生をやり直そうとしていましたし、正直、もはや救いようがないかに思えた浩光もまた、朋美と優太の再生を目の当たりにし、浩光なりに感動を覚えていたようでした。これまでずっとクールだった健太が、浩光を誘って、しかも朋美同様、夜通し車を飛ばして長崎に来てくれたのが、またよかったですね


私はもう少しここで頑張ってみたい


戻ってきてほしいと言った浩光に、離婚を切り出すことなくそう答えた朋美もまた、浩光があれほど自分勝手になってしまったのには自分にも責任があると思い始めていたようです。親友の知佐子がいみじくも語っていたように、

植物に水をやるように、たとえ面倒に思っても、様子を伺ったり、心を配ったりという配慮

が、たとえ夫婦や家族の間でも必要なのですよね~きっと。夫婦だから、家族だからという甘えがそれを忘れさせているだけで


皆誰もが歩む「荒野」だけれど、皆誰もがその「荒野」を「沃野」にすることもできるはず~その朋美のメッセージを忘れずに生きていきたいですね。されど荒野、だから荒野、ですだから荒野も良い作品でした



また小説をじっくり読んでみるのもよさそうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はだから荒野のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

ビデオ予約したのに・・・(ーー;)
こんにちはi-179
「警部補 矢部謙三2」にお邪魔して以来、お久しぶりですi-228

毎週ビデオ予約をして、翌日、楽しみに見ていたのですが、何故か、最終回だけ、ビデオがちゃんと取れていませんでしたi-241

亀田さん(高橋一生)の告白、どういうものだったのでしょうi-198
なにとぞ教えて下さいませi-236よろしくお願いしますi-176
お久しぶりです
superladyさん、お久しぶりです^^。
またお訪ねくださいましてありがとうございます♪

「だから荒野」もなかなか良いドラマでしたね~。

でも、亀田の告白についてはほとんど印象に無くて(;´∀`)、
改めてお教えするようなことはないのですよね~。

いかにもとってつけたようなシーンも無くは無かったけど
個人的にはイマイチしっくりこなかったため、
ここでは触れたくなかったのでござる(苦笑。
他は良かったので文句も言いたくありませんでしたし(爆。

という訳で、お役に立てず、申し訳ござりませぬ。

ご自身の見方でゆっくりご覧になれるよう、
再放送があるといいですね~(^_-)。こん
そうでしたか・・・
印象に残らないようなものだったんですねi-227
再放送、早くして欲しいですi-181

こんさん、最近のNHKドラマ、面白いものが多いですよねi-194
1週間以内に再放送しているものもけっこうあるんですけど、『だから荒野』は、再放送、すぐにやっていなくて、残念ですi-241

『徒歩7分』とか、『ソルト&シュガー』なども、終わってしまいましたけど、面白かったですよi-179

今、夜中にやっていて面白いのは、ドラマとはいえないんですけど、『太鼓持ちの達人』これ、とっても面白くて笑えますi-237きっと、『矢部~』好きのこんさんなら、喜んでくれるのではi-198
良かったら、見てみて下さいi-236
情報をありがとうございます
superladyさん、ご丁寧にありがとうございます。

自分はもともとあまり亀田に興味が無かったので(苦笑、
思い入れがある人にとってはまた違うと思いますよ。
早く再放送されるとよいですね。

そうですか~最近、録画する番組がパンパンで(爆、
これ以上はちと難しい状態なのですよ~(;´∀`)。
どんだけ見てんねん(^▽^;)。
夜は(9時以降vv)眠くて起きていられませんし・・・

そのうち空きができたら覗いてみますね~(^_-)。こん
再放送みています
お久しぶりです。


前回の時はみられなかったのですが
今再放送をやっていて
ついつい見ております。

なんだか、自分と重ね合わせてみても
面白いなあと思うドラマです。

なかなか深いドラマでしたよね
kaoriさ~ん、こんにちは~♪

kaoriさんも「だから荒野」をご覧になっていたのですね~。

なかなか辛辣ですけど、温かみも感じられるドラマですよね。
自分はいつも主人公を叱咤激励しながら見ていましたよ~(爆。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング