2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

デート~恋とはどんなものかしら~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: デート~恋とはどんなものかしら~あらすじと感想一覧


デート~恋とはどんなものかしら~】の7話ではしょっぱなから大笑いさせられましたデート~恋とはどんなものかしら~あらすじ行きますよ~(^^)/。早くもスペシャル版や続編が見たいと思ってしまったほど。以下、ちょっと詳しめのあらすじです


なんと依子と巧は、今から「離婚した場合を想定し、その際のやりとりを検証していたのでござる


 「親権は渡せないわ。お腹を痛めてあの子を産んだのはこの私よ。それにあなたには稼ぎがないのですもの


 「あの子のおむつを替えたのは僕だぞ!だから、養育費をよこせ!!真に迫ってましたね~( *´艸`)


んも~これには最初から大笑いでしたよねこの続きが見たい!。いかにもこのドラマらしい「男女逆転バージョン」ですが、今後は現実でもこういうパターンが増えていくかもしれません。あ、離婚はしないに越したことありませんけど


さて、前回「お雑煮」で進展したとはいえ、こうして今回最初から「離婚」まで考えているのには深い理由がありました。英語で言うなら、It's a long storyってやつです。というのは・・・


予告にもあったように、今回は留美が「末期がん」の告知を受けたという設定でした。以前の診断では何も見つからなかったらしいのですけど、母の容体を心配した巧が依子に、

「内閣府関連の病院」

をリサーチするよう頼み込んできたのです。セカンドオピニオンが必要ですね。承知しました


こうして新たに下された診断は「胃潰瘍」だったものの、その時の医師のいかにも深刻そうな目つきと(これは視聴者向けでしたが)、その後の留美の、いかにも「死後の準備」をするかのような行動に、周囲はすっかり、

これは不治の病に違いない留美さんは末期がんで間違いない!と決めつけたのは依子です

と思い込んでしまいます。


佳織は留美に絵画教室を引き継いでほしいと言われ、宗太郎は、留美が葬儀屋に入っていく姿を目撃、依子に至っては、わざわざ蕎麦屋に呼び出されて、巧をよろしく頼むとまで頼まれてしまいました。でもなんだかあなたに申し訳ないような気がするわ


何せ依子は過去既に小夜子の死を経験しており、その際も小夜子が胃癌を「胃潰瘍」と偽っていたために、真相を知らずにいた依子がこれを知ってとても悲しい思いをしたという経緯があるから尚更です。その時小夜子はこうも語っていたそうです


あなたに本当のことを言わなかったのは、こうして悲しむあなたを見たくなかったからよ。お母さんが楽をしたかっただけ


既に学習済みの依子は、病人の感情というものは複雑だから、周りが知らん顔をしているのが思いやりというものだとのたまいます


父さんはあの時、ただおろおろするばかりで、何もしてやれなかったことを今でも後悔している


俊雄からもそう聞かされた依子は、ここは皆が頑張って留美のためにできる限りのことをすべきだと奮起します後悔しなくて済むように( `ー´)ノ


私たちにできることは「結婚に合意した」と留美さんに伝えることだけです! (=それが最後の親孝行です!


こうして、依子が以前から作成していたらしい「結婚契約書」の草案を急ピッチで仕上げようと、ふたりは毎晩夜遅くまでかかって協議したという訳です。何せ、胃潰瘍と診断されてからその手術までに、

たったの4日

しかなかったのですから。さすがは内閣府(のコネ)でござるね。今時大病院で、よほど症状が重篤でない限り、そんなに早く手術などして貰えませんから。だからこそ余計に「疑惑が膨らんだのでしょうが


その上依子は「婚姻届け」まで用意して、自分の分を記入して持参してきます


でもここで1つ大きな問題が持ち上がっておりました。これもまた予告にあったように、なんと巧の父=(平田満)は死んでおらず、13年前に家を出ていっただけなのだそうです。しかも、留美と離婚すらしていなかったのだとか?!


これを知った依子はガゼン、努に接触を図ろうとします。何せ、

「戸籍上は私の義父になるかもしれない男性」

を、依子が放っておくはずがありません。彼には配偶者である留美さんの末期がんを知る権利があります!!


努は昔、そこそこ有名な教育評論家だったそうなのですけれど、外ではエラソーに語っていたのに息子が引きこもりになってしまったことが原因で家族は崩壊すべて巧のせいです(;´・ω・)、ついには家を出ることになったのだそうです。あ~これもいかにもありがちな話でござるね


さっそく持参のタブレットで「谷口努」を検索した依子が努のブログを発見し、いきなりチャットをしだしたのには笑えましたね~。さすが依子は手際が良い!


が、実際ふたりで努の家を訪ねたところ、そこには歯ブラシが2本、枕も2個、極め付けには派手なブラジャーまで散乱していたのを巧が見つけてしまいます


そんな奴に何も言う必要などない母さんはずっと一人で頑張ってきたのに、自分は若い女と暮らしているなんて!!


何せ、依子の「草案」にあった性交渉の時間と回数(週に2回で夜9時から)を見ただけで「いやらしいと恥じらってしまう、まさに乙女のようなDTの巧ですから、これが許せないのも当然でしょうな


でもこれら全てがなんと~否、期待通り~巧、そして皆の勘違いだったことが後に判明していきます。以下ネタバレですこれは期待通りでしたね♪


留美の病はやはり単なる胃潰瘍でした。しかも、腹腔鏡であっさり取れちゃうほどの簡単な手術で済んだそうです。その上、留美は4年前から努と再び交際していたのだそうです。そう、努の家にあった女性物はすべて留美の物だったのです


今さら言えないよな、恥ずかしいじゃないか


趣味からうんちくに至るまで、何から何まで巧によく似た努を、皆が唖然とした顔で見つめる中巧は父似だった(゜o゜)、ひとり、努に激昂しすぎたあまり、努を病院まで連れてきた依子が差し出した婚姻届を、皆の目の前でビリビリと破ってしまった巧は、もはや

「穴があったら入りたい

心境だったことでしょう


案の定、掃除のおばさんが拾ってゴミ箱に捨てたその紙をすべてかき集めてきちんと貼りあわせたらしい巧が、それを持って依子の宿舎を訪ねた時には、既に鷲尾が依子に交際を申し込んでおりました


世にも鈍感な依子は、これまでまったく鷲尾の気持ちを知らなかったらしく、その告白を受けて多少は動揺していただろうところに、巧がやってきたところで今回は終了です。依子のことだから

「先に契約まで進んだのは谷口さんですから、優先権は谷口さんにあります

とか言っちゃってそうですね


さて来週は、努と小夜子まで含めた両家の顔合わせが行われるようです


今回、巧には「愛されたい」のにそれが無理だから諦めていると鷲尾に語った佳織同様、依子もまた「愛されたい願望」があるのでしょうか? いや、女性のほうにもあると思いますけどね「愛したい願望


その辺をどう攻めていくのか、ヒジョーに興味津々でござるデート~恋とはどんなものかしら~は、続きもとっても楽しみですねデートト~恋とはどんなものかしら~が今めちゃくちゃ面白い(^^)/


これかけて自分も踊りたいかも

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.