このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第45~47話 お言葉を返すようですが・

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】は45話から本日放送分の47話まで視聴しましたおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のあらすじ行きますよ~(^◇^)。覚悟はしていたとはいえ、何ともヤキモキさせられてしまうところでござるが韓ドラ展開になってきた(;´・ω・)、逆にここは冷静に、1つ1つ検証させていただきたいと存じまする。以下早速ネタバレです


まず、この3話の中でおばさんが最も反論したかったのが、ジョンヨンです。案の定、あのキム秘書がイルピョンにすべてを暴露してしまった上に、これはすべてジョンヨンが昔の恋人ジュンスを近くに呼び寄せるために

「仕組んだこと

だと吹き込んだため、イルピョンがすっかりヘソを曲げてしまうのです。んも~キム秘書、安っぽい韓ドラの見過ぎですよねキム秘書にはガッカリ(;´・ω・)


何せ以前ピルを発見したばかりでしたし、しかも自分がジョンヨンより「ずっと年上という負い目があるため、イルピョンがすっかりこの言葉を信じてしまうのにはまだ同情の余地はあるとして、問題はジョンヨンのあの言葉だと思うのでござる。ジョンヨンは、ドヒがジュンスを本気で愛していると知り、ドヒにこう打ち明けたのです


あの人は私を愛していなかった。でも愛していると思わせた。あの人はそういう人だから、ふたりを応援できない


ちと台詞は違ってますけど、大体こんなことを言ってましたよね。でもね、おばさんが記憶する限りにおいて、あの時でさえ、ジュンスは決してジョンヨンを

「女性として愛してはいなかった」

のは歴然だったと思うのです。だから後になってこれを書いている時も、果たしてジョンヨンを

「ジュンスの初恋の人

と書いてよいものかどうか、かなり迷ったほどなのですよね。あれはどう見ても、ジョンヨンが迫りに迫って、優しいジュンスが仕方なく折れてしまった~嫌いじゃないから、という雰囲気でしたよね??


あの時点で「結婚」の約束をしたっていうけど、もしあのままふたりが付き合っていても、いずれは破局を迎えていたのではないでしょうか。まあジュンスは結婚さえすれば、誠実な夫のままでいたかもしれないですけどね。真の意味でジョンヨンを愛していなかったことだけは確かだと思うざんす。今のドヒへの感情とは大違いですあれぞ「若気のいたり」ですよね(;´∀`)


それを今になって、ふたりが別れたのはいかにもジュンスのせいだ~なんて、ちとひどすぎやしないかい~と、おばさんは思ってしまったのでありました。ここまで厳しいことを言うのも、あの時点で5歳(だったかな?)も年上の、まさに妙齢のジョンヨンが、まだ少年とも言えるほどのジュンスにあんなに積極的に迫っていたのがどーにも忘れられないからです


しかも今さらジュンスを「マザコン」だなんてひどいですね~。それを言うなら、ジュンスがマザコンだからこそ、あんなに年上のジョンヨンと付き合ったのではありませんか


大体、ジュンスにとって家族が一番大切だってことの、いったいどこがいけないんです素晴らしいことでしょう??あの時ジュンスは自分でもこう言っていたではありませんか。僕は今、家族のために生きているから、結婚できるのは10年後だ、って


ジョンヨンには応援してもらえると期待していただけに、ここはかなりガッカリしてしまったのでありました。それだけジョンヨンも、ジュンスへの未練を残しているのかもしれませんが。


また、あのキム秘書にもガッカリでしたよね~。顔つきは悪いけど、仕事のできる有能でカッコいい女性なのかと思いきや、昔からイルピョンが好きで、あの家にしがみついていたのに、若いジョンヨンに横から奪われたのを根に持って

「ドヒへの愛情」

を隠れ蓑にずっとふたりを別れさせようと虎視眈々と狙っていたとは


これに気づいたドヒがズバリこれを指摘し、さらにはナ会長にも打ち明けてキム秘書を解雇したのは大正解でございましたね


でもそのナ会長がこれまで尽くしてくれた謝礼として渡したBYの株を、キム秘書がイ弁に譲ったのはいかんなあ。とりあえずジュンスの素性を黙っているだけの理性が残っていたのは不幸中の幸いでしたが。それとも言ってしまったのでしょうか?!言ったかも!(>_<)


そのイ弁も今回は笑かせてくれましたよね。イ弁は、ドヒがヒョンソクとジュンスの二股をかけていると思い込み、

「あなたに真実の愛を教えたい

などと言いくさりおったのです。んも~ここは「チャンチャラおかしすぎておへそが茶を沸かすの代表例みたいなシーンでした


また、イルピョンから会社を辞めてドヒと別れるよう命じられても、首を縦に振らなかったジュンスを、イルピョンが

「自分勝手だ」

と言ったのも腹立たしかった。他人を批判する前に、自分の脇の甘さを反省しなさいっ!!あ、段々理性的じゃなくなってきた(;´・ω・)


それでも今、ジュンスは着実に力をつけているようですからね。周囲の逆風に負けずに、何とか頑張ってほしいものです。そのためにも走れ走れ走れ~~っ!!


ジュンス、ドヒ、頑張れ~!

一方、自分の素性を知られたと知って即、ドヒの家を出たジュンスは、インジュの家の隣に住むことになりました。そこにはジュンスのみならず、マンドラも引っ越してきたのですけど、このマンドラを

「マザーテレサのような人ね

と、あのインジュがす~~~~っかり気に入ってしまったのがまた笑えましたね~


すっかり意気投合したふたりは夜通し語り合った上、マンドルがジョンジャに片思いしていると聞いたインジュが、早速店に乗りこんで偵察していたのが可笑しかったですよね。さすがのジョンジャも、少しはジェラシーを感じていたようでしたか?


このジョンジャも、これまではなんとかジンジュに免じて許してやってきましたが、今回ばかりは許せませんでしたよね。なんと今回チョルスにジンジュの悪阻がうつってしまい(クーヴァード症候群)、困り果てたふたりがついに妊娠をジョンジャに打ち明けたところ、ジョンジャは即座に

今産まなきゃダメ?

と切り返したのです。なんとジョンジャは、今のジンジュを、ふたりを養う金づるとしか考えてなかったのです


ジュンスは、ジンジュのために亡きソネに倣って「環境を整えようとまでしてくれたのに~それでヒョンソクに妊娠を気づかれた~、この違いはいったい何なんでしょうね。自分の孫を殺せというこのジョンジャはもう人間失格でござるね


そんな母を恥ずかしく思ったチョルスはついに家を出る決意を固めたようです。僕はパパとしてだけ生きる。夫として君とはいられない~君を不幸にするだけだ


でも、ジュヨンとヒョンソクはますます順調でございます。ドヒがジュンスと付き合っていると知って「盲目的な愛に憧れはじめたジュヨンでしたが、ヒョンソクの仕事が忙しくなったため、なかなか会えなくなってきたのです。


1か月延長でいいですか?


まさかまさかのヒョンソクの提案に、文字通り天にも昇る心地のジュヨンがまた可愛かったですよね~ジュヨン可愛すぎ( *´艸`)。このジュンスがイ弁に


「あなたはドヒが最も軽蔑するタイプの人間だけど、私はドヒより寛大よ

と言ってのけたのもサイコーどしたな

まだまだ楽しいシーンもタップリありますけれど、肝心のドヒやジュンスがこの難局にどう立ち向かっていくのかが気がかりでなりませぬ。十分心して&逃げずに見届けていこうと、決意を新たにした次第でござるくじけずに頑張ります(^^)/。「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」は続きもとっても楽しみですおバカちゃん注意報~ありったけの愛~が楽しみ♪


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
今晩は~♪
ドヒは本当に強い人間ですね。
このドラマで本当に人を愛することを教わったように思います。

まぁー愛し愛されるためには、限りなく信じあわなければいけないということが基本ではありますが
ドヒの言葉には絶対的確信と信頼をもてます。

家ではジョンヨンに「お前そんな言い方ないだろ~」
「だから、ジュンスがお前の顔を思い出さないんだろ!」
って怒りまくってました!

あの怖い顔の秘書にも「お前勘違いスンナ!」
TVの前で楽屋裏のうるさい事(爆

デモ、マザーテレサ小話には大笑い!今日は盛りだくさんでしたね。
問題一杯で混乱しますが
明日からも楽しみです。
PS:ヨンチョルオンマ~居候のくせに…酷すぎる(ぶつぶつ
その気持ち分かります~(^◇^)
Fさん、こんにちは~♪

本当にドヒが頼もしくて気持ちがイイですね~。
他の韓ドラ女に見せてやりたいですね(爆。

おお、やはりFさんもジョンヨンに喝入れましたね(^_-)。
ですよね~、

「元々愛されてなかった=自分に魅力が無かった」

って、認めるのが嫌なのかしら。
思わせぶりされたと思うこと自体、おめでたすぎでしょ(;´・ω・)。

キム秘書もひどいキャラでしたよね~。
きっと部屋で「安い展開の韓ドラ」を見ては
涙していたのではないでしょうか( *´艸`)アタシって可哀想っって。

マンドラとインジュは楽しかったですね~。
あのふたりがタッグを組んでジュンスを守ってくれますね^^。
もうマンドラも、これでギョンジャを忘れていいかも( `ー´)ノ。

続きもとっても楽しみですね~(^^)/。こん
マザーテレサ(爆)
こんさん こんにちは~!

お陰様で「おバカちゃん注意報」楽しませていただいてます(#^.^#)

マンドラをマザーテレサって、面白過ぎます~。
インジュとマンドラの新コンビが新たなお楽しみになりました。

以前日本でもお馴染みだったユンソナ演じるジョンヨンにはホントがっかり
ですよ~。深夜までドヒの帰りを待っている献身的な継母のジョンヨンなら
誰よりも分ってくれると思っていたのに。

先が気になり、こんさんのネタバレを読んでしまいたい衝動に駆られますが、
ぐっと我慢して、1話1話大切に観ていきたいと思います。
そうそう可笑しかったですよね~( *´艸`)
みるさん、こんにちは~♪

そうそう、インジュとマンドラのコンビはサイコーでしたよね(爆。
私も大好きでしたよ~( *´艸`)。

ジョンヨンは確かに期待外れでしたよね~。
アタイも期待していただけにガッカリしたものです(;´・ω・)。

続きもどうぞタ~ップリ楽しんでくださいね~(^^)/。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング