このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

Dr.House
 医療モノ

Dr.House S7 最終回(ep22&23)あらすじと感想 爆発

ヒュー・ローリー主演の【Dr.HouseHouse M.D.)】のシーズン7も、ようやく夕べが最終回でございました。これでや~っと次は「ファイナルシーズン」です。ようやくここまで来たか~と感慨しきりでございましたが。。。以下簡単なネタバレですDr.HOUSE S7最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


カディと別れたハウスは、その後どうしても立ち直ることができずにいました。相変わらず診断には参加していましたが、こっそり足を治そうと、まだマウス実験段階の治験薬に手を出します。脚さえ治れば何かが変わると思ったのでしょうね


が、その薬の副作用で脚に腫瘍が複数で来てしまったことを知るや否や、ハウスは自宅のバスルームを掃除し始めました。念入りに消毒したバスタブの中で、なんとハウスは自らの脚を切開し始めたのです!ここは22話です


いくら部分麻酔とはいえ、せめて1か所だけならまだしも、複数個も取り除けるはずはなくいったい何をやってんでしょうね(;´・ω・)


しかもこれを夜中に行ったため、頼みの綱のウィルソンも電話に出てはくれません。


仕方なくカディを呼んだハウスは、カディに即刻入院させられてしまいます。あと少し遅かったら出血多量で死んでましたよ


最終回の23話では、病院のベッドから診断を下したものの、ハウスはその患者に自分との共通点を見出します。彼女は脳に腫瘍ができていたのですが、これを退縮させるには放射線が最も有効だといっても聞きません。


放射線を当てられたら頭がぼんやりして、私の仕事に影響が出る!


自分から仕事を取ったら何も残らなくなる~仕事のために生きてきたと頑張っていたこの彼女はでも、愛する男性から説得されてその意志を曲げ、放射線治療に同意してしまいます


どうしてだ!おまえの創造力が破壊されてしまうんだぞ!?


カディと付き合うことで、自分の診断能力に影響が出るからと、自ら進んでカディとの関係をぶち壊したハウスですから、この怒りは患者ではなく、むしろ自分に向けられていたのでしょう


それでいいのか?偽善者めっ!!きっと後悔するぞ!


結局は何をしても救われないハウスに、大人なカディが歩み寄って自らの罪悪感を正直に明かした上で謝罪すると、さすがに覚悟を決めたのか、カディが家に残していったブラシを返しに行くと言いだします。


ハウスが、カディの家にやってくると、そこには、カディの妹夫婦と、カディの妹がカディに紹介した男性が、カディと一緒にとても楽しそうに食事をしている光景が目に入ってきました


これで踵を返したハウスは、車の中で待っていたウィルソンをおろし、猛スピードで走って行ったかと思ったら、即、Uターンしてこれまたものすごいスピードで、カディの家に突っ込みます!なんてこった!


とりあえず、カディたちがいた部屋を避けるだけの理性が残っていたのは幸いでしたが、ハウスは、あっけにとられていたカディにブラシを返し、外で、これまた呆然と立ち尽くしていたウィルソンに

「ああせいせいした(I feel much better)」

と言って立ち去っていきます


その後どうやら警察が来て、ハウスを逮捕するようなことを言ってましたよね。それにカディも、ハウスを二度と寄せ付けないと怒っていました~まあ当たり前、自業自得でございましょうが逮捕されて当然でしょう(;´∀`)


また変わったところでは、タウブが、恋人と元妻のふたりに子供をはらませてしまいました。これでめでたく2児のパパとなるのでしょうか


さ~てこれでいよいよ来週からはファイナルシーズン(全22話)のスタートです。すっかりイカれたハウスが最後はどうなってしまうのか、シッカリ見届けなければ!Dr.Houseもようやくファイナル!!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はDr.Houseのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング