2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


英国ドラマ、【ダウントン・アビー】(Downton Abbey)もいよいよ今週からシーズン3のスタートです。第1話はいつも以上にてんこ盛りの内容でしたね。以下、さすがにちと長めのあらすじですkaeru3


時は1920年の春、ダウントン・アビーでは、メアリーとマシューの結婚式の準備が忙しく行われておりました


ようやく訪れた二人の幸せを誰もが喜んでいたその時、その代表たる父親ロバートにまさかの悲報がもたらされます。ロバートは先の大戦後に、ほぼ全財産を1社の鉄道会社に投資したのだそうですが、その会社がなんと、グランド・トランク鉄道(Grand Trunk Railway)だったのだそうです。1919年に財政危機に陥ったGTRは1920年には破たんして、カナディアン・ナショナル鉄道(Canadian National Railway)に統合されています。


メアリーが、念願かなってダウントンの後継者であるマシューと結婚することになった矢先のあまりの出来事にただ呆然とするロバートkaeru1。新しい下僕にサラ・オブライエンの甥を雇ったことなど、すっかり失念してしまいます。今は新しい使用人を雇う余裕などないっ!!


夫の事実上の「破産」を聞いたコーラはでも、さすがにアメリカ人でしたよね。メアリーとマシューの結婚式が挙げられそうなのはせめてもの救いだとロバートを慰めます


その結婚式には旅費が無くて来られないと断ってきた、ダブリンではミセス・ブランソンと呼ばれているというシビルには(本来なら「レディ」は結婚しても「レディ」のままLady Sybil Bransonが正式です)、バイオレットが旅費を送ってくれたそうです。バイオレットはブランソン、もといトムに対するスキャンダルは、トムを教育すれば済むことだと余裕の構えを見せていました


I shall make sure he behaves normally because I shall hold his hand on the radiator until he does.
ノーマルに振る舞えるようになるまで、熱い暖房機にその手を押し付けるから大丈夫


今後もこのバイオレットの「いろんな面」(I am a woman of many parts)を見るのが楽しみでなりませぬ


また結婚式にはコーラの母で、このバイオレット曰く「一緒にいるとイギリス人の徳が思い出されて嬉しい」(When I'm with her I'm reminded of the virtues of the English)らしい、異邦人の代名詞=「シバの女王」と呼ばれていたマーサ・レビンソン(シャーリー・マクレーン)もやってきます。いや~このマーサとバイオレットがこうして並ぶとすごい迫力ですね~。さすがに往年の大女優の共演は見ごたえ十分でございました


こんな皆が顔を合わせたディナーでは、たとえイギリス貴族と結婚しても「アイルランド人」としての誇りを忘れず、精一杯虚勢を張るトムや、バイオレットに負けず劣らずの皮肉屋のマーサのみならず、185cm以上の長身がひときわ際立つものの、まだ不慣れなfootman(下僕)=アルフレッド・ニュージェントのおかげで、なんとも騒々しいものとなってしまいます


その上ここに、メアリーの名付け親だというマートン卿=グレイ一家もやってきて、その家の息子で、昔シビルを好きだったというラリー(Charlie Anson)がトムにさんざん嫌みを浴びせかけた上に、こっそり妙な薬を飲ませたから大変です


そのおかげでトムは前日、マシューやシビルから注意されていたにもかかわらず、イギリス王室批判に加えて、第一次世界大戦の帰還兵で組織した英国のブラック・アンド・タンズによるアイルランド人への迫害まで批判し始めてしまいます


~こうなってくるとますますトムが心配になってしまいますよね。トムはやはり「Bloody Sundayにも関わっていくに違いないって


その主張はもっともなれど、さすがにTPOをわきまえないこの振る舞いに誰もが眉をひそめたその時、たまたまディナーに呼ばれていたアンソニー・ストラランが、この窮地を救ってくれます。君が彼の酒に何かを入れたのだろうっ!?


ラリーのこのあまりにも卑劣な罠に激怒したマシューは、トムを自分の「best man(付き添い)」に選ぶと宣言しましたSince I want him to be my best man.


Bravo!! smile


ラリーの父のマートンも、息子の無礼を心から詫びてくれたのは何よりでしたね。でもバイオレットは、無礼を許すことはたぶんできても、忘れることは決してないと断言しておりましたが。。。Forgive, perhaps. Forget? Never.


このストララン、もとい、アンソニーの勇気ある行動に感動したイーディスは、ますます彼のことが好きになってしまうようです


一方、ロバートの「破産」に対し、マシューには新たな「遺産相続」の話が持ち上がっています。先日亡くなったスワイヤー氏=ラビニアの父親が、マシューを遺産相続人の一人に指名していたのだそうです


遺産は分配せずに一人に譲るというのがスワイヤーの遺志だったそうで、本来ならマシューは3番目の候補と相続の確率は低かったにもかかわらず、1番目の候補者はスペイン風邪で亡くなり、2番目のパンプキン()、もといクライボ・プルブルックもまた、旅先のインドで行方不明となった後に死亡したことが判明します。残る問題は亡くなった時期です


もしプルブルック氏が亡くなったのがスワイヤー氏の後であれば、マシューには権利が無くなりますが、スワイヤー氏より早く彼が亡くなっていたことが明らかになれば、マシューに遺産が手に入ることになります。しかもその遺産は想像をはるかに超えた莫大な額に上るそうなのです


最初にマシューからこの話を聞いたメアリーは、マシュー同様、遺産など貰えるはずがないと同調していたのですけど、ロバートから破産の話を聞いてからはまったく話が違ってきます。マシューが遺産を相続すれば、ダウントンを人手に渡さずに済むからです。


それでも頑なにこれを拒否するマシューには、メアリーがまたしても癇癪を起してしまいます。あなたは私たちの味方じゃないわ!!


破局、そして仲直りの後の最初のふたりの「喧嘩」を止めてくれたのは、トムでした。トムは、同じく「Crawley girls」の手を取った同志をわざわざ説得しに行ってくれたのです


You won't be happy with anyone else while Lady Mary walks the earth.
君はレディ・メアリー以外の女性とは幸せになれない


そしてメアリーはアンナが説得してくれました。マシューは素晴らしい男性だ。男性は次から次へ来るバスとは違うって


こうしてふたりは仲直りのキスをして、翌日の式をつつがなく終えたようです。町を挙げてのお式はまるで王室の縮小版のように豪華で盛大でございましたねメアリーのウェディングドレス姿もまた本当に美しくて、カーソンとロバートが見惚れて立ち尽くすのも無理はなかったほどでした


他の細かいところでは、ついに念願の従者となったトーマスは早速(?)昔と同じ性悪キャラに逆戻りです。ベイツを殺人犯だと言って憚らないなら、食事はひとりで庭でしろというカーソンの言葉に大賛成です


これまではトーマスの唯一の味方だったサラも、新しく下僕になった甥のためにトーマスに協力を頼んだのに、あっさりこれを拒まれては、改めてトーマスの性根の悪さを痛感していたようです。自分が苦労したから、その分他人にも苦労しろとはいかにもトーマスの言いそうなことです。逆だっつーの


また、何せ事情が事情ですから、デイジーの要求も滞ってしまいます。昇給はされたようですが、新しいキッチン・メイドを雇うなんて現状では無理ですからね。それでむくれていたデイジーに、トーマスはストを決行するよう吹き込みます


デイジーは最初こそ小難しい言葉を並べ立ててパットモアに反抗したものの、パットモアにこれがトーマスの入れ知恵だと見抜かれたと分かった途端、白旗を掲げて大人しくなったのがまた可愛かったですね~。まだまだデイジーの苦難は続きそうです


またアンナは、牢獄に入っているジョン(ベイツ)の下に、ヴェラの住所録を届けました。アンナは、ヴェラがジョンを陥れるために自殺したに違いないと考えているようで、知人の誰かにその自殺をほのめかしてはいないかと探るつもりのようなのです。


メアリー付きの侍女であるアンナは、その新婚旅行にも同行するはずなのでしょうが、これを断ったというアンナに、ジョンは、一緒にNYや南仏に行って楽しんでくるよう勧めていました。そのジョンにはクレイグという同房者ができたようです。


またもっと細かい点ではありますが「上の階」のシビルと結婚しても、昔の同僚に挨拶に来たトムを、カーソンは疎んじたけれど、エルシーがその気持ちを理解して優しく接してくれたのが嬉しかったです。んも~カーソンったら、こんなところでトーマスに同調してどーすんねんて。それにロバートも最後には「トム」と呼んでくれたのにも一安心です


と、とりあえずはこれぐらいだったでしょうか


ダウントン・アビーは一難去ってまた一難、またしても波乱万丈のシーズン3になりそうですね。続きもとっても楽しみですkaeru-coffee


  
英文のスクリプトです。ダウントンアビーファンなら是非手元に置いておきたいですね



【Amazon.co.jp限定】ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX(全6シーズン収納BOX付き) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 8

There are no comments yet.
はじめまして  
リベンジ3のブログ以来・・・

いつも様々なドラマレビューを大変楽しく拝見させていただいております

特にダウントンアビーは見応えが多いので、ドラマレビューは大変な作業と推測され、読む側の自分も「韓ドラおばさん、ここまで頑張らなくても・・・」と思っています(笑)

でも海外知識が乏しい自分は、こちらのレビューでのちょっとした(←失礼かな?)様々な情報が、そのドラマや海外文化を更に楽しむ要素となっています(今回の シバの女王=異邦人などなど)


いよいよ始まったシーズン3も色々な大波乱の予感で、楽しみですよね

そのような中での今回のエルシー・ヒューズさんのトム・ブランソンに対する対応などの<救い>が、好きなんですよねー


今後もこちらのレビューのファンとして拝見させていただきます~

2015/03/09 (Mon) 20:41 | EDIT | REPLY |   
「はじめまして」さんへ  
ご利用いただきありがとうございます

はじめまして^^~「こん」と申します♪

この度はご丁寧なコメントをお寄せくださいましてありがとうございました。

ダウントン・アビーは本当に面白いドラマなので、
見ている時もこれを書いている時も文字通り時を忘れてしまいます(笑。

シーズン3も見どころ満載のようなので、
続きもとっても楽しみですね~。こん

2015/03/10 (Tue) 09:15 | EDIT | REPLY |   
Dodo  
すごいブログですね

初めまして。
ダウントン・アビー3第1話のブログを読み、余りに面白く、参考にもなったのでお礼を申したくて書きます。

シーズン2からの視聴で嵌ってしまい、ネットでダウンロード(違法?)して、一応シーズン5まで持っています。
でも、全部英語なので三分の一も聞き取れません。特にシーズン1は英語版しかないので困っていました。以前のブログをゆっくり読んでみます。

僕には背景の知識も無いので、あなたの文章がとても助かります。
中身のあるドラマを更に深く味わえそうです。マギー・スミスさんの一言を聞き逃したくないですからね。

これからも読み続けますよ。

2015/03/12 (Thu) 18:54 | EDIT | REPLY |   
Dodoさんへ  
どうぞこれからもご贔屓に♪

Dodoさん、はじめまして^^。
「こん」と申します。

ダウントン・アビーは本当に面白いドラマですよね~。
私はテレビ専門?ですが、
Dodoさんのお気持ちもよく分かりますよ(^^ゞ。
ブログがお役に立てているとのこと嬉しいです~。

そうそう、マギー・スミスさんはサイコーですよね~。
私も彼女の言葉には特にじっくり耳をそばだててしまいますもの(^◇^)。

あれやこれや見て好き放題語っているワガママブログですが、
どうぞこれからもよろしくお付き合いくださいますようにv-22。こん

2015/03/13 (Fri) 09:26 | EDIT | REPLY |   
kaori  
はやく見たいです

今、いろいろ忙しくしていて、まだ見ておりません。

コン様のまとめを読んだら、早く録画を見たい!!って思っております。

ではでは、またね!

2015/03/14 (Sat) 01:29 | EDIT | REPLY |   
kaoriさんへ  
時間が取れるとよいですね^^

kaoriさ~ん、こんにちは~♪

お忙しい中、お立ち寄りいただけて恐縮です(^^)/。

1話は時間延長だったので、
全編通して見るのはなかなか大変ですよね~。

早くご覧になれるとよいですね~(^_-)。こん

2015/03/14 (Sat) 09:22 | EDIT | REPLY |   
米俵  
遅くなっちゃったー涙

こんさん、こんにちはー!
遊びに来たいのにあれや(確定申告)これや(育児)などで、すっかり放送当日になってしまいました。。。

メアリーのウエディングドレス素敵だったぁー。貴族の結婚って、使用人にとっても誇らしい行事なんだなぁと。ウィリアム王子とケイトの時もこんなんだったんかなぁとうっとり。S1の時はメアリーなんて美人か!?と思っていた自分に反省ザルです。


最近のイーディスの積極アタックにはにんまりしております。がんばってほしいなぁー。

バイオレット様の発言も毎回楽しく、「バイオレット様の生活」みたいなので一話作ってほしいです(笑)

亀コメントになってしまうかもですが、また来ますのでー!S3もどうぞよろしくお願いいたします。

2015/03/15 (Sun) 15:55 | EDIT | REPLY |   
米俵さんへ  
お疲れ様です~♪

米俵さ~ん、こんにちは~♪

今の時期は何かと忙しい時期ですよね~。
それでもお時間を作っていただいて嬉しいです~(^◇^)。

メアリー綺麗でしたよね~。
自分はすっかりカーソンの気分でした(爆。

イーディスも、自分に自信を持った上で
悪条件など気にせずにアタックしているのがいいですよね~。

バイオレット様の生活~とまではいきませんが、
「バイオレット様特集記事」を書くのは悪くないかも~ですね(*^^)v。
ま、そんな時間がどこにある~って話でござるが(;´・ω・)。

いえいえ~またいつでも米俵さんのご都合のよろしい時に、
遊びにいらしてくださいね~♪
いつでもお待ちいたしておりまするv-22。こん

2015/03/15 (Sun) 16:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.