このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

デート~恋とはどんなものかしら~あらすじと感想 第8話 頭でっかち依子のジレンマ

デート~恋とはどんなものかしら~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: デート~恋とはどんなものかしら~あらすじと感想一覧


デート~恋とはどんなものかしら~】の8話では、

老い先短く、娘の結婚しか楽しみの無い俊雄父さん

のたっての願いから、谷口家と藪下家で「結納」が行われました。この結納の日をわざわざバレンタインデーに設定したのは、

この世に生まれてからずっと頭が心を押さえつけてきた依子

の潜在意識のなせる業だったのでございましょうか。本の分類の所で「山椒魚」が登場したのも~生物学ちゃうで井伏鱒二や(;´・ω・)~、頭でっかちな依子への比喩ではなかったでしょうか。以下、簡単なネタバレのあらすじですデート~恋とはどんなものかしら~のあらすじ行きますよ~(^^)/


この結納から遡ること3週間前、依子は生まれて初めて、男性から恋を告白されました。そう、先週の鷲尾のアレですよ


3週間後に巧と結納を交わしたぐらいですから、ここは当然依子は鷲尾より巧を選んだのですが、その理由がいかにも依子らしくてふるっていました。なんと依子は

たとえ鷲尾が依子を好きでも、依子は鷲尾を好きではない。二人の関係が「不等号(鷲尾>依子)」なのは鷲尾に申し訳ない

と、断ったのです。ちなみに巧の事は、

自分も巧も互いに相手のことを好きじゃない。つまり二人の関係は「等号(巧=依子)」だから問題ない

そうです


さすがの鷲尾も、こうも見事に振られたからには潔く依子を諦めることにします。というより、鷲尾はとっくに諦めようとしていたのに、あの宗太郎が鷲尾を焚きつけていたのですものね。案の定、宗太郎は去年、妻に逃げられていたそうですよんだと思いましたよ


その上、宗太郎は、幼い頃からずっと巧が好きでたまらなかったくせに、巧から拒否されるのが怖くてずっと距離を置いてきた佳織が不憫でならなかったようです。佳織が今、実家に戻ってきているのも、実家にいれば巧の家に「アトリエ」を借りに行ける=巧に会う口実ができるから、なのだとか


巧と依子が既に式の日取りを決めて結納も交わすと知った宗太郎と佳織兄妹は、鷲尾も呼んで二人を祝福するタコ焼きパーティーを開きました。佳織がこの了解をまずは依子に得たというのも、

「依子が世帯主

というより、自分がいまだに巧を好きだという負い目から、依子に人一倍気を使ってのことなのでしょう


今回巧は宗太郎から、佳織がずっと自分を好きだったと打ち明けられて、さすがに動揺していたようです。あの巧のことですから、きっと、

気づかないでいたほうが楽だったから、気づかないようにしていた

のでしょうな


また今回は、巧と依子の幼い頃のバレンタインデーの様子も紹介されていました


巧は、その服装まで今とまったく同じ格好で、女子からもらったたくさんのチョコレートを、母の絵画教室にやってきた子どもたちにそっくり渡し、

「バレンタインなんてお菓子業界の仕掛けた策略なのに嫌だねえ教養の無い奴らは

と言い放っていたそうです。


~この後半の台詞って「寅さん」の口癖ですよね~確か。ということは、巧のあの帽子とコートは「フーテンの寅さん」の真似だったの?と、ここはドラマを忘れて大笑いいや~ますます巧を婿に欲しい(^◇^)


その様子を目の当たりにしていた、これまたチビヤンキーの佳織は、ジャンパーの中に隠していたチョコを渡せぬまま、撃沈してしまいます


また依子の場合は、バレンタインデーには、小夜子が必ず近所の店で「藪下先生コレクション」を買って、父の俊雄と二人でチョコレートの食べさせっこをしていたそうです


その小夜子がある時依子に、誰でもいいから好きだと思う男の子にチョコレートをあげなさいとチョコを買って渡したのに、依子にはどうしても「好きな男の子」が見つからなくて、ひとり寂しく河原でチョコを食べたのだそうですちび依子が可愛い~(^◇^)


そして依子はその後もずっと「好きな男の子」ができなかったようです。いつか必ずできるから、それまで取っておきなさい、という母の言葉は、ずっと依子の胸の奥底にしまい込まれていたのですね


そしていつしかそんな寂しい医自分を守るために、巧同様

「バレンタインデーなどくだらない

と思い込むようになったらしいです


今回、予告にあった通り、ハチャメチャな結納を何とか終えて~幾久しく≠いくひくひく~またしても、今度は父親の努と

「マックィーン談義」ならぬ「マックィーン争議

を始めた俊雄たちのためにビールを買物に出た依子が、ふと、小夜子とよく行った店に立ち寄り、小夜子のお気に入りだったチョコセットを買い求めます。振袖を着た依子から結納だと聞かされた女店主(いしのようこ)は、生前、小夜子から

「娘が恋をしたらいつものチョコを渡してほしい」

と頼まれていたと打ち明けます


依子はこれを持ち帰り、巧が帰ろうとした際に黙って差し出したというのに、巧は戸惑ってしまうんですね。だから依子は余計に渡せなくなってしまいます。私がチョコなど渡すはずがないじゃなりませんか


そんな依子に救われたかのようにホッと帰路についた巧を、彼をこの世に送り出した両親は容赦なく口撃しますラブラブメールを送りあう熟年夫婦(-_-;)。チョコぐらい、受け取ってあげればいいのにっ!!


さすがの巧も依子のことが気になって戻っていくと、依子は、小さい頃と同じように河原にひとりポツンと座って、チョコをひとかけ口にしていました。その目から涙がぽろぽろこぼれていますここは依子が可哀想だった(;O;)


どうして涙が出てくるのかわかりません


それは、あなたがしたいのは「結婚」ではなく「恋」だから。今からでも遅くはない。あなたと「恋」ができる相手にこれを渡してきなさい


う~ん、確かに鷲尾もまっすぐな好青年だけど、依子のことを「好きじゃない」と言いながらここまで理解してくれる巧って、既に依子を相当好きだと思うんですけどね~。それに依子も、単に合理性の問題だけで巧を選んだのではないのではありませんか


幼い頃から優しい父を見てきた依子は、


変わり者の自分を支えてくれるのは(同じく変わり者のために孤独を余儀なくされた)優しい巧しかいない

と直感し、そんな巧と分かりあいたい~恋がしたいと、心の奥底ではそう思っているのではないでしょうか


それに「合理性」の面から言っても、この二人はいつも自分に正直に&飾らずにぶつかってきたことだけは確かですから、少なくとも相手に対して決して幻想を抱いていない、すなわち、今後相手に失望することは決してない、むしろ、好印象が積み重なっていくだけ、否既にかなり積み上げてきた、と思うんですが


とはいえ、これはあくまでもおばさんの妄想かつ願望にしかすぎませんけど


来週は、文字通りパートナーチェンジが行われていくようですが、その後、依子と巧の結婚式らしいシーンも見えたところを見ると、やはり二人が思い直してくれるのですよね~きっと。まさか互いにそれぞれの相手が出てくる~はないでしょ


やはりふたりの「恋は順調に進展しているとしか思えませんデート~恋とはどんなものかしら~は、続きも本当に楽しみでなりませぬデート~恋とはどんなものかしら~が楽しみ~('ω')ノ


これかけて自分も踊りたいかも

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はデート~恋とはどんなものかしら~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング