2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

韓国ドラマ、【大切に育てた娘ハナ】を見始めました


最近ちょっと視聴本数が増えていることから、面白くなさそうだったらさっさと止めようと思ったのですけれど、これはまずまず見ていけそうな感じが~少なくとも今のところは~しておりまする。しょっぱなからスゴイ意地悪ばあさんが現れましたね~キム・ジヨンさんにはうってつけでしょう


全81話ということで、ちと長めですけれど、なにせ演出は、あの「追跡者 チェイサー」や「私の期限は49日」のチョ・ヨングァンさん、そして脚本は、昔懐かし?「チャンファ・ホンリョン」のユン・ヨンミさんだということなので、良きにつけ悪しきにつけ、ぐいぐい引っ張って行ってくれることは間違いなさそうな予感です


以下、簡単なあらすじと登場人物をまとめてみました。登場人物に関しては公式サイトの該当ページもかなり充実していましたよん: BS日テレ - 韓国ドラマ「大切に育てた娘 ハナ」番組サイト │ 人物相関図


まず、舞台は「ファンソ醤油」という韓国で400年続いた老舗中の老舗です。となると、当然、このチャン家の当主や後継者は「男性」と決まっているというのに、ひとり息子にも関わらず歯科医をしているチャン・ミンソク(イ・ヨンボム)とその妻チュ・ヒョソン(ユン・ユソン)の間には、3人の女の子しかおりません。


いや~さすがに韓国ですね。今ちょうど視聴中の英国ドラマ「ダウントン・アビー」も基本は似たような設定ですが、こちらは100年も前の話でやんすよ。怒るより先に呆れてしまうほどの時代錯誤でござる


毎日針の筵に座るようなストレスタップリの日々を送っていたヒョソンに、ある日、ようやく男児懐妊の朗報がもたらされました


水を焼酎に見立てて乾杯するヒョソンはそれはそれは嬉しそうでしたのに、韓ドラの神様は、そう甘くはありません。なんとヒョソンはCAPS(クリオピリン関連周期性発熱症候群~Cryopirin-associated periodic syndrome)という難病に侵されており、そのためにお腹の子どもは死産となってしまいます。その上、この持病の下では今後の妊娠は不可能だと宣告されてしまいます


この、まるで絵に描いたような不幸に襲われたヒョソンを、さらに地獄に突き落としたのは、親友=イム・チョンラン(イ・ヘスク)の母、ピョン・ジョンスン(キム・ジヨン)です。なんとジョンスンは、

老舗の跡取りができぬなら、よその女を使ってでも子供を産ませるはずだ!

と見越し、こともあろうにチョンランを焚きつけて、ミンソクを誘惑させたのです


チョンランはちょうど、内縁の夫との娘=ラヒを抱えていた上に、その夫が詐欺師で、信用金庫を相手に詐欺を働いたことから、信用金庫勤務の自分まで共犯だとの容疑をかけられていた最中だったため、ジョンスンのこの奸計には一も二も無く飛びつきます


が、妻をこよなく愛していたミンソクは、一旦はチョンランの誘惑をキッパリはねつけたのですけれど、どうしてもファンソの跡取りを望む父=パンロ(パク・イナン)から、不妊センターへ行って体外受精を受けろとの矢のような催促を受けていたことから自棄になり、学会を口実に家を出て浴びるように酒を飲んでいたところを、後を追いかけてきたチョンランの罠にはまってしまいます


思惑通りミンソクと一夜を共にしたチョンランでしたが、その後ついに逮捕され投獄されてしまいます。が、既にその時チョンランは妊娠していました。この子がミンソクの子どもだってことは間違いないのでしょうかね~そこんところが、今一つ明確じゃなかったんですが、ま、おいおい分かることでしょうけど


それを聞いた「腹黒いジョンスンは、このまま黙って牢屋に入り、1年我慢しろとチョンランに命じました。お腹の子が男児だったら、そのまま即ファンソの跡取りに据えられるし、もし女の子だったとしても、チョンランには「可能性」があるのだから、ヒョソンを追い出して、後妻に納まることができると計算したようです


そして1年後、チョンランとジョンスンは、男児=ラゴンを抱いて(出生証明書持参の上)、ミンソクの病院に乗り込んできました。既にミンソクからチョンランとの過ちを聞いていたヒョソンでしたが、さすがに子どもまでできていようとは思いもよらなかったため、愕然としてしまいます


ミンソクとヒョソンはちょうどその頃、父のパンロに逆らって養子縁組を進めていたのをパンロに阻止されたところのこの出来事です。当然パンロは、ラゴンをチャン家に引き取ります。


こうなったら分家するしかない!!


そう言ってチョンランを促したミンソクはでも、その後まもなく、列車の事故で敢え無く亡くなってしまいました大切に育てた娘ハナはいかにも韓ドラらしい韓ドラでござる(^◇^)


チョンランはともかく、ジョンスンは、これぞ、チャン家に乗り込む絶好のチャンスだと判断し、ヒョソンと3人の娘たちを追い出して、自分達がチャン家に入りこんでしまいます。チョンランが家出をしていた間、あんなにヒョソンから世話になっていたのにねえ


が、ここで再びヒョソンに「奇跡」が訪れます。なんとヒョソンは、亡きミンソクの子どもを宿していることが分かったのです


無事に生まれるかどうかわからないと危惧されてはおりましたけど、その子がきっと「ハナなのでしょう~そして大切に大切に育てられていくのでしょう


いや~久々に見ました、こういう、こてこての韓国ドラマなかなか楽しい~(^^)/。とはいえ、おばさんはキム・ジヨンさん(腹黒ジョンスンだけど)が好きなので、そんなに腹も立てずに見ていけそうです。多分頻繁には語らんでしょうが、毎日見るには、なかなか面白いドラマになりそうですよね


大切に育てた娘ハナ」は続きもなかなか楽しみでござりまする大切に育てた娘ハナも面白そう(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.