2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情The Fosters)】~本日は6話の「ある土曜の出来事」(Saturday)のあらすじをまとめさせていただきます。これもまた何とも良いエピソードでしたね~フォスター家の事情のあらすじ行きますよ~(^^)/


どうやらフォスター家では、レクシの両親をディナーに招くことになったようです。ふたりがセッ〇スしたことは伏せて、単に「交際」を認めるという趣旨で催されるようでしたが、ヘスースは、これでようやくレクシを公認のGFにできると、大いに張りきっておりました


ディナーの食事についてのチェックを怠らぬばかりか、レクシの一家が、教会の主催するキャンプに参加するから、自分も一緒に行きたいと言いだします。これに、リーナは異論がなさそうでしたが、ステフは猛反対~ダメよっ!教会なんて、私たちを認めないところじゃないっ!!同性間の結婚を認めてくれないわ!!


何でもステフは、高校時代にGFとカウチで抱き合っていたのを父のフランクに見つかり、そのフランクに教会に連れていかれて牧師に説教させられたそうなのです。ゲイになることは「罪」だ、と


それ以来ステフは、教会に通うのをキッパリ止めてしまったそうです。フランクとの会話の内容から察するに、どうやらステフの両親は早くに離婚しており、フランクがずっと男手ひとつでステフを育ててくれていたようでしたね?


ステフが成人してからも、マイクと結婚していた当時はそうでもなかったのでしょうが、離婚してリーナと暮らすようになってからは、常にフランクはステフを非難していたらしく、たった一人の父親だからいまだに食事の差し入れなどはするようでしたが、決して家に呼んだことはなかったそうです


そんな経緯から、ステフは「教会」に対して強い偏見を抱いているのです。当然、敬虔なクリスチャンの、レクシの両親=アーニーソニア・リヴェラに対しても同様です。彼らが私たちを理解しているとは思えない


でもいざ蓋を開けてみたら、リヴェラ夫妻はとても物分かりのよい人物でした。私たちも、教会の教えを全て鵜呑みにしている訳ではない、ゲイのカップルでも立派に生きていれば問題ない、偏見など持っていないと言ってくれます


これを聞いたステフはもちろん、ステフのことが気になってフォスター家を訪ねてきたフランクも、自分の偏見を心から詫びてくれました


If forcing you to talk to that minister drove a wedge between you and God Well, that's the biggest sin of all. And I'm sorry for that.
もし牧師の所に行かせたことで、お前から神との会話を奪ってしまったとしたら、それが自分が犯した最大の罪だ。本当に悪かった。


こう言うところがアメドラの素敵なところですよね~。これで今後はフランクもフォスター家にたびたび顔を見せることになりそうです


その後も皆が和やかにイイ雰囲気で会食は進められたのですが、ここでまたあのマリアナがとんでもない爆弾を投げ込んでしまいます


マリアナは、皆に内緒でまたしても母のアナに会いに行った上、レクシに会いたくないからと、キャリーを誘ってワイアットのパーティーに出かけたところで、以前ヘスースの薬を売ったケルシーから、レクシとヘスースがセッ〇スした話を聞かされてしまうのです。まったく~このケルシー、リハブした甲斐ないんじゃない?


これがショックで大酒を食らったマリアナを、何とかキャリーが説得して家に連れ帰ってきたのですけど、そこでリーナたちに見つかって呼ばれてしまったから大変です。マリアナはそこで、ふたりはセッ〇スしているのに同じキャンプに行かせるのはマズいだろうと暴露してしまいます


本来男女の双子であれば、女の子の方が精神年齢が上だと思うんですけれど、このマリアナは特別でござるね


一方、そんなマリアナに振り回された格好になったキャリーもまた、面倒に巻き込まれそうな気配です。キャリーは、出かけた「里子の会」で、例のリアムの家=オルムステッド家の里子になったというサラと出会い、ついついリアムの話を聞き出してしまうのです


それを知ったリアムは、ワイアットのパーティーに来てサラには決して近づくなと脅した上に、フォスター家まで捜し当ててやってきたようなのですがリアムが何をするか心配だ~(;´・ω・)?いったい今さら何をしようというのか、心配ですね。


困ったことがあったら、必ず私たちに相談しなさい!


ステフの言葉を、キャリーがここで思い出してくれればよいのですが。


そのワイアットは、どうやら母の借金から家を手放すことになったとかで、かなり荒れていました。口では「たかが家」(It's just a house)と強がってはいたけれど、転売を目の前にその家でパーティーを開いたのは、家を滅茶苦茶にしてやりたかったからだそうです。


そんなワイアットを、今度はキャリーが「たかが家~思い出は残る」と慰めていたのは良かったな


また、このキャリーを好きなブランドンは、ピアノの奨学金をかけたオーディションで、有名なピアノ教師に曲を披露しましたが、会場に送ってくれるはずのマイクがかなり遅れてきたばかりか、酒臭かったため、それでなくても神経質になっていたブランドンは、本番で何度も失敗を重ねてしまいます


不合格になったのはパパのせいだとあたられたマイクが、その教師に何度もシツコク食い下がって、もう一度弾かせてもらったのも良かったですよね


ブランドンはマイクを父に持ってラッキーだ
He'd be lucky to have you.


残念ながら奨学金は他の子の手に渡ってしまいましたけれど、その才能を高く評価されたブランドンはその有名なピアノ教師に個人レッスンをしてもらえることになりました。1時間150ドルで1回最低2時間を週に1度では、月に1200ドル近くかかってしまいそうですが、マイケルは、自分が何とかするからと約束してくれます


Let me be the hero for once.
一度ぐらいカッコつけさせてくれよ


いや~やっぱりマイクは良い父親ですよね~。ステフとリーナも、この援助を快く受けてくれるといいな


と、今回はこのぐらいだったでしょうか。


実際の放送よりはかなり遅れておりまするが、今後もマイペースで語っていく所存でおります1話1話大切に見ていきたいドラマです。「フォスター家の事情」は続きもとっても楽しみですフォスター家の事情が楽しみ♪


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
夜空  

マリアンじゃなくてマリアナですよね

2017/01/29 (Sun) 17:33 | EDIT | REPLY |   
夜空さんへ  
ご指摘ありがとうございます

おっしゃる通りです。訂正させていただきました^^。こん

2017/01/29 (Sun) 18:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.