2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

生田斗真さん&小栗旬さんの復讐ドラマ~【ウロボロス~この愛こそ、正義。】は9話にしてついに驚きの真相が明かされました!さすがに妄想好きなおばさんも、そこまでは思いもよらなかった~smile。以下早速怒涛のネタバレでござるウロボロス~この愛こそ、正義。のあらすじ行きますよ~(^^)/


  1. 日比野を撃ったのは人事課の田村小夏だった!
  2. 小夏は公安の一味であり、尚且つ早乙女哲朗の娘だった!!
  3. 小夏は那智の妹=陽菜の心臓を移植されていた!!!
  4. 黒幕はズバリしもぶくれ、もとい、北川警視総監だった!!!!
  5. その北川はなんとイクオの〇〇だったっ!!!!!

おもわず「!」を節操なく連発してしまうほどの(しかも最後だけ思わせぶりで怒涛の展開でございましたよね~。番組の最初の方で、小夏が橘から事情を聞かれていた際に、

「もしや日比野を撃ったのは小夏か?

と気づかれた方も多かったでしょうが、まさかこれが早乙女の娘だったとは思いも寄りませんでした。以下、これらの検証を兼ねてあらすじをまとめていきまする小夏が日比野殺しの犯人!


やはり「まほろば」は違法な臓器移植をするために公安主導で作られた施設だったそうです。政財官界の大物の子どもたちが臓器移植を必要とした際の「臓器バンク」と言っても過言ではありませんね。これは竜哉が奪っていった証拠のビデオから明らかになったようです


この悪魔の計画に加担した早乙女の娘=小夏もまた重篤な心臓疾患を患っており、早乙女は、小夏の移植を最優先することを条件に「ウロボロス計画の主治医」になったのだそうです。が、自分の犯した罪の重さに耐えかねた早乙女は、小夏の手術が終わるとすぐに、自殺してしまったのだとか。


その後成人した小夏はずっと「公安」として働いてきたらしく、この悪事を暴こうとしていた日比野に張り付き、前回ついに「確証」に辿り着いた日比野をその手で撃ち殺したそうです。が、肝心のビデオテープは竜哉に奪われてしまったため、自分もまた「始末」されると戦々恐々としていたようです。


小夏は、美月とイクオに正体を知られて自殺を図ろうとしましたが、美月もまた、自分の父が黒幕ではないかと怖れていたことから、父の仇であるとはいえ、小夏の気持ちもよく理解できたようです。あなたがまほろばの真相隠しに協力してきたのは、お父さんの名誉を守りたかったからでしょう?


それに竜哉から、小夏が陽菜の心臓を移植されたと聞かされた那智も、必死で小夏を押しとどめます。陽菜の心臓が君の中で生きていた!君を死なせるわけにはいかないっ!!


小夏が逮捕後ひそかに暗殺されずに済むよう、その身柄は法務省で預かることになったようです


そして、やはり黒幕は北川警視総監でした。これを知った竜哉は早速北川の命を狙いに行き、イクオはその北川に呼び出され、その口から直接真相を明かされます


まほろばを作ったのは私だ。柏葉結子もこの手で殺した!


でもね~ここからが、本当に衝撃の真相でした。なんとなんと、北川はイクオの実の父親だったそうなのです!?しもぶくれはイクオの父親だったっ!


ああ、だから北川がイクオの手を取ってまほろばに連れてきたのですね~。でも、ということは、自分の実の息子まで「臓器バンク」に預けていたということなん??ウロボロス~驚愕の真実!! 結子がイクオに銃を向けたというのも、イクオが北川の息子だったからなのでしょうか? (それで北川が結子を殺した、と


その結子が殺された時あの場にいた聖はいったいどちら側の人間だったのかな。不正は知っていたけれど、警察組織のためにこれを黙認した、というところでしょうか


早乙女亡き後、臓器移植をする医者は見つからず、結局「ウロボロス計画」は頓挫してしまったそうです。この真相を探ろうとした結子も殺されてから、日比野はずっと、まほろばの子どもたちを守ってきてくれたのだとか。美月との関係も何とか修復しようとして、拉致された美月のためにその好物を用意してきたらしいと、美月が父の死後に知ったのが、何とも涙を誘いました


イクオの愛する美月の父は「仇」ではなかったと、ホッとする間もなく、イクオの父親がその仇だったとは、何とも酷い真実が明かされてしまったものです。イクオももちろん気の毒ですが、イクオを庇うために、自分とイクオは関係ない、あいつを守ってやってほしい、と蝶野や三島に頼んだ竜哉も、それ以上に可哀想です


おまえを「相棒」に選んだのは、おまえが手がかりを握っていたからだ


などという冷たい言葉も、イクオのことを第一に考えてわざと突き放しただけですのに竜哉が可哀想すぎる!!(;O;)


イクオの過去を全て受け入れ、これからも一緒に生きていきたいと言ってくれた美月の言葉は心の底からありがたくうれしいけれど、でもここでイクオに、ひとりで仇を討とうと決意した竜哉を見捨ててほしくはありませんよね竜哉を一人で死なせちゃダメだっ!!


蝶野と三島も竜哉の気持ちを理解してくれていたのが実に嬉しかったのですけどね~ディープタウン深町は、たとえ姐さんに命令されなくても、最後まで竜哉を守ってくれるでしょうが


あともう1つ、残る(些細な)疑問は、北川が黒幕だったなら、誰が北川を狙撃したかという点でしょうが、これはやはり、

「狂言=自作自演

の可能性が高そうですよね。日比野の疑いの目をそらすため、北川が部下に命じて自分を撃たせたに違いありません~多分


いや~最後はいったいどうなっちゃうんでしょうね~ひたすら竜哉のことが心配です(;´・ω・)。【ウロボロス~この愛こそ、正義。】は、いよいよ来週が最終回です!!ウロボロス~この愛こそ、正義。の最終回が待ち遠しい(^^)/



これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.