2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

韓国ドラマ、【最高です!スンシンちゃん】もついに先日最終回を迎えました。これは期待通り、とっても可愛いハッピーエンドになりましたね~最高です!スンシンちゃん、最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/。終盤はミリョンが心配でならなかったので、無事生きていてくれて心の底からホッといたしました。以下、最終回をメインにした簡単なネタバレのあらすじです


まず、あの世にもいやらしいパパラッチが、ついにミリョンを追いつめました。なんと、チャンフンがひき逃げされた際の「目撃者」とは、ジュノ父のドンヒョクだったらしく、最初はそのせいでミリョンを疎んじていたのが、次第にミリョンを気の毒に思うようになったドンヒョクは、ミリョンにすべてを話して楽になるよう説得してくれます


私の所にもパク記者がきました。もう自分から打ち明けるべきです!


これを立ち聞きしてしまったスンシンは、大いにショックを受けてしまいます。何せスンシンは、自分と待ち合わせたせいでチャンフンが死んだと自分を責めていたほどなのです。どうしてこれまで言ってくれなかったの!?


スンシンが、ミリョンの体を気遣って朝食を作ったり、喉を守るためのマフラーを贈ったりし、ミリョンがスンシンに、幼い頃から大切に持っていたというロザリオのブレスレットをプレゼントしたりして、ようやく親子の絆ができつつあったところだというのに、韓ドラの神様は本当に無情なことをしますよね


でも、これでようやくミリョンは「すべてを捨てる」決意をします。ドンヒョクには、事件当日のドライブレコーダーを警察に提出するよう頼み、自分もまた、自ら警察に出頭して事実を話したミリョンは、世間からひどいバッシングを受けた後、そのままひとりどこかに消えてしまいます


ミリョンがチャンフンに助けられておきながらその事故を通報しなかったこと、スンシンの父がチャンフンではなかったこと、のすべてを知ったジョンエからも、

「私たちの目の前から消えて!

と言われてしまったミリョンが、その言葉通り消えてしまったことには、さすがのジョンエも心苦しく思っていたようです。そうそう、いくら憎い相手でも「消えろ」などといってはいけませんよね


確かにミリョンのしたことは責められても仕方のないことだけれど、その一方で、もし自分がミリョンの立場だったとしたら、と、誰も考えようともしなかったのがまた辛かったです。幼い頃から貧しさに苛まれ、皆から(特にスンシンハルモニから)軽蔑されて忌み嫌われてきたのが、ようやくトップ女優の座を勝ち得たのに、それを失うのが怖くてちょっと魔が差したばっかりに、今度こそ、すべてを失わねばならなくなってしまったのですもの


ジュノを取り戻したい一心で、このミリョンを追いつめるのに一役買ったヨナでさえ、ミリョンの無事を心配していたようです。とはいえ、おばさんは最後までヨナは好きになれんかったですけどね。ふん、自分からジュノを振ったくせに、スンシンと付き合うようになったら途端に惜しくなるなんて信じられん


でもイルドの心配ぶりは、見ていても気の毒になるほどでした。イルドは、ミリョンが孤児院時代からの、姉と弟の様な付き合いなのだそうです。でも、そもそもこのイルドがパク記者にミリョンの過去を暴露したのが悪かった~とは今さら言ってはいかんでしょうか


イルドからミリョンの居場所を聞いたスンシンは、最初はこれを無視したけれど、最終的には耐えきれなくなってジュノに頼み、ミリョンが姿を隠したその故郷へと連れていってもらいます


逃げるなんて卑怯だ!一度私を捨てただけで十分なのにまたいなくなるの?!あなたはオンマなのにっ!!もっと母親らしくしてよ!


母親なら母親らしいことをしろと言われたミリョンは、ようやくスンシンに「母」と認めてもらったことに気づき、ソウルに戻って記者会見を開いたようです。そこで何もかも全てを打ち明けた後は、ひっそり一人で田舎暮らしを始めたようでした


毎日手料理を作っては、時々訪ねてくるイルドにそれを振る舞っていたミリョンが、チャンフンの墓参りに行った帰り道、ジョンエにばったり出会うんですけど、そこでジョンエが、スンシンの初舞台のチケットを渡してくれます。どうか見に行ってやってほしい


化粧っけのない顔と飾らない服装でその舞台を見終えたたミリョンが、こっそり帰ろうとしたのを、スンシンは決して見逃しません


ありがとう。母さんコマオヨ~オンマ


ようやく聞けた「母さん」という言葉なのに、それすら喜んではいけないと、決して振り返ることなく自分を戒めているかのようなミリョンが何とも可哀想でした


その後スンシンは映画の中で「花嫁」を演じ、この様子を物陰で見ていたジュノが、ポケットに忍ばせていたお揃いのエンゲージリングを取り出して、スンシンへのプロポーズの言葉をこっそり口にしています。この奥ゆかしさが、ジュノの可愛いところですよね~。心配だったジュノ母&妹は、いつの間にかすっかり優しくなってくれてました


ヘシンは、他ならぬウジュがついにジヌクを認めてくれて、ハルモニを説得してくれたため、今や3人は本当の親子のように、いつも満面の笑みを浮かべて仲良く時を過ごしています


ウジュの誕生日にと、ケーキを焼いてきてくれたジヌクが、チャンフンが生前、スンシンのために注文したケーキに倣って、

ハン・ウジュは最高だ!イ・スンシンは最高だ!

との文字を入れてきてくれたのが、実にジヌクらしくて素敵でした


また、ユシンはついに妊娠し、同じように外で働く主婦の姑の理解を得て、大きなおなかを抱えながら、仕事もバリバリ続けています


そんな子供たちの様子を、ジョンエが天国にいるチャンフンに報告しながら、物語は幕を閉じました


途中のゴタゴタは見ていてちょっと辛かったですが、とにかくジュノとスンシンのカップルがめっちゃ可愛かったのと、ジヌクが素敵だったので、何とかそれも乗り切ることができました


可能であれば、ミリョンとスンシンがまた笑い合えるところを見たかったですけどね~ミリョンが最後まで可哀想で辛かった(;´・ω・)。いつかスンシンとジュノの結婚式にミリョンも招待されて、スンシンの家族からも笑顔で温かく迎えられ、スンシンの可愛い花嫁姿に涙するところを妄想して我慢することにいたしまする


IUちゃんの美声イ・ミスクさんの透明感のある美しさにもうっとりさせられた「最高です!スンシンちゃん」~最後まで見て良かったです最高です!スンシンちゃんもなかなか可愛いドラマでした(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.