このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 あらすじと感想 第31話 宣戦布告

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の【奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】の31話は「宣戦布告」です。よ~やくタファンがイイとこ見せてくれましたね。ストーリーも、まさに畳みかけるような展開で実に楽しかったです。以下簡単なネタバレのあらすじです奇皇后のあらすじ行きますよ~(^^)/


前回、行省の長官たちに裏切られたタファンはすっかり意気消沈していたそうなのですが、そこに、期待通り、タルタルがワン・ユからもらった帳簿を持ってやってきました。そこからすべてを悟ったスンニャンが、これを早速タファンに見せますが、ここですぐにピンと来ないところが、まだまだ発展途上ですよね~タファンは


でもタファンには世にも頼もしい「軍師スンニャンがついていますから大丈夫。スンニャンはその帳簿が何を意味し、それがタファンに何をもたらしてくれるのかをじっくり説いて聞かせたに違いありません(内容は前回語ったので割愛します)。後は皇帝陛下次第です!


タファンは3人の長官を呼び、スンニャンから聞いた驚愕の事実を語って聞かせました


タファンの口が利けることのみならず、その口から明かされたヨンチョルの悪巧みに驚いた長官たちは、即、ヨンチョルに反旗を翻すことを誓います。一旦発行された攘夷詔書を無効にするには、全長官の同意が必要なため、残りの長官たちの説得にも力を尽くすと約束してくれました


一方、なんとまあ、その中にはつららまでぶら下がっている「冷宮」のタナシルリは、マハ恋しさのあまり、ヨン尚宮に命じてマハを冷宮に連れてこさせました。これに協力させられたのが、ヨン尚宮を好きなヨム・ビョンスです。


またヨンチョルには、メバクの大都支部からの密書が届けられ、メバクの首領は「ヨンチョルがフクスを殺した」と考えていることが知られてしまいます。つまり、フクスは自殺ではなかったということ。その上、メバクの間者が次々と捕えられているという報告まで入ってきます。


お~のれ~っ!タルタルめっ!私を騙しおったな!!


~ここでヨンチョルはメバクのお頭=首領を「シュリョウニム」と呼んでいたようなのですが、あのヨンチョルをして「様(ニム)」と呼ばせるなんて、メバクのお頭って、どんだけ力を持っているのでしょうね~。その正体を知っているのは、大都支部の長だけらしいのもまた実に気になるところでやんす


ヨンチョルは早速タブジャヘにタルタルを殺すよう命じましたが、ヨンチョルからの返事を託されたメバク商団の使いが、ヨンビスの部下のスリだったため、その書状はユの手に渡ることになります。ユが即刻シヌとチョクホに敵の手勢を調べさせたところ、相当数の兵が待機しているとの報告から、ユは、ヨンビスの発案で「火」を用いてタルタルたちを助け出しました


ちとドラマからは脱線しますが、このシヌとチョクホのやり取り(漫才)がまた実に楽しいですよね~。イ・ムンシクさんとソン・ギョンチョルさんは「ジャイアント」以来の絡みでしょうか。ふたりとも乞食の扮装がよく似合って&息もぴったりで、ホ~ントに可笑しい


そしてついに、ヨンチョルが(タファンの)譲位を公表しようとしていた「クリルタイ」という最高意思決定集会が開かれました。全ての手はずを整えたと油断していたヨンチョルの前に、まさかのタファンが現れますkaeru3


口もきけぬ皇帝が、今さら何の用だ


そう言わんばかりのヨンチョルに向かって、タファンが声をあげましたkaeru4


「詔書とは本来皇帝が発するものだ!


ヨンチョルを驚かせたのはタファンの発声だけではありませんよ~。タファンは、既に玉璽が押された譲位詔書を奪い取り、これまた

字も読めぬくせに、今さら何を見ているのだ

と言わんばかりのヨンチョルの前で、そこに書かれた文字を、一言一句間違えずに読み上げたのです!smile


口が利けず、文字も読めなかったはずのタファンのこの姿に驚く長官たちでしたが、いざ、ヨンチョルに異を唱えるとなると、その多くが尻込みしてしまいます


丞相がメバク商団に命じて我々を陥れたという証拠はどこにもない!!


そしてここに、満を辞したタルタルが、その「証拠=間者たち」を引っ立ててきました。ユに窮地を救われたタルタルは、その後もビョンスに行く手を阻まれましたが、そこに皇太后が現れて、ビョンスを叱り飛ばしてくれています


親衛隊長の分際で生意気なっ!!わらわを誰と心得るっ!!ikari


これですべての証拠が揃い、長官たちは皆、皇帝に賛同いたしましたが、タファンはそれでも攻撃の手を緩めません。なんとタファンは、いかにも辛辣な口調でこれまでのヨンチョルの労をねぎらった上に、今後は自分が自ら「親政」を行うと高らかに宣言したのです


「玉璽を返してもらいたい


父ヨンチョルがまさに崖っぷちに追い込まれたのを見た単純なタンギセが、ビョンスに命じて親衛隊を呼ぼうとしたのがまた何とも浅はかでしたよね~。たとえヨンチョルがこのまま政権を握り続けたとしても、次があのア〇息子では、あの一族が滅亡するのは目に見えていますなbye


長官たちを皆殺しにした後、皇帝はどうするのですか!皇太后は?皇帝や皇太后も殺すのですかっ!!


ヨム・ビョンス如きにご教示されるおつむですからね~。ここはおばさん冷静に、〇ホな跡取りを持ったヨンチョルに同情してしまったほどです


そしてそのビョンスがここで一計を案じます。ちょうどタナシルリがマハを冷宮に連れ出していたことを利用して、マハが行方不明になった、一大事だ!と騒ぎ立てたのです。当然、クリルタイは中止です。


これでなんとか窮地を逃れたヨンチョルが、タファンを立てて真っ向から自分に逆らったペガンと話をした時がまた見ものでござった


ペガンは、誰よりも勇敢で部下思いだったヨンチョルは心から尊敬していたが、今、権力に溺れて老醜をさらすヨンチョルは、もはや自分の胸を高鳴らせた英雄ではない、単なる小物だと、キッパリ言ってのけたのですmame


その上で、もし自分が後に権力を得てヨンチョルのようになったら、お前の手で殺してくれ、と甥のタルタルに命じました。いや~やっぱりペガンはカッコええわ~


こうして孤立無援となったヨンチョルも、このまま黙ってはいません~早速次なる策に打って出ます。今捕えられている罪人を「刺客」に仕立ててマハの命を狙わせたところを捕まえて、偽の供述をさせようというのです。


ヨンチョルの使った「打草驚蛇」(藪蛇)とは兵法三十六計のうちの1つで、文字通り、草を叩いてその奥に隠れた蛇を驚かすように、ひとりを罰して他の者に警告を発することを指し、後にこれを見抜いたタルタルが使った「カファウイン(嫁禍于人)」とは、こちらもその文字が表すように、他人に禍(わざわい)を転嫁することを意味するそうです


でも、宦官の格好をさせられたその「刺客」どもにはまったく武術の心得が無かったことから、昔武術教官だったプルファが、すぐにこれに気づいたのがまた良かったですね~。んも~このプルファがスンニャンを助けてくれるたびに、亡きキ・ジャオを思い出して泣けてくるおばさんなのです


ヨンチョルはきっと自分を裏切ったペガンに白羽の矢を立ててくるに違いない!


するとスンニャンは、自分が直接ヨンチョルに会って話を付けると言いだしました


「虎」を自称したヨンチョルに面と向かって「猫と言い放ったスンニャンには、いったいどんな考えがあるというのでしょうか?また、ヨンチョルの刃が、ついにタファンをあれほどまでに変えたスンニャンに向けられたと知ったユは、いったいどんな援護射撃をしてくれるでしょう?


一方で、マハの顔をまじまじと見ながら、タファンにもタナシルリにも似ていないと確信していた皇太后が今後どうするつもりなのも気になりまするkao1


ますます盛り上がりを見せる奇皇后は続きもとっても楽しみですねkaeru-coffee


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

こんにちは(^o^)
いつも楽しく拝見しております。
シヌとチョクホのやりとりは面白いですよね\(^o^)/私も毎回楽しみにしてます(^w^)
今BSでジャイアント再放送しているのですが、ジェチュンも奇皇后にチョンバギとして出てきていたり、行省の長官として漢明建設の社長が出てきたりとジャイアントの俳優さんが何人も出てきていて面白いです。
2年前?くらいに放送していたジャイアントから韓国ドラマにハマり、こちらのブログを知ったのもジャイアントです!笑
これからもお邪魔させていただきますね(*^^*)
はじめまして♪
のんちゃんこ。さん、こんにちは♪

いつもブログをご利用いただいているとのこと、
しかもジャイアント時代?からお見知りおきくださったとは~
どうもありがとうございますv-22

私もつい最近知ったのですが、
「ジャイアント」と「奇皇后」は
同じ脚本家(チョン・ギョンスン)さんなのだそうですよ~。

ついでに言うと(笑、
この2つの大元?が「大祚榮(テジョヨン)」なのです。

最初にジャイアントを見た時、
大好きなテジョヨンメンバーばかりで大喜びしたことを思い出します(笑。

ジャイアントは最終回が見られなかったので、私も今再視聴中です。
字幕版ですし、カットも違うようなのでまた新鮮で面白いですね~。

奇皇后もこれからますます盛り上がりそうで楽しみですね(^^)/。こん
No title
こんさん、こんにちは<(_ _)>
時々オジャマしては楽しく拝読させて頂いております。
3/15の放送は、録画が重なり(流星ワゴン、逃走中)奇皇后を諦めました(T_T)
そこでこちらのサイトへストーリーの確認に来ました。そうしないと次週の内容が前週とうまくつながらない・・・(^_^;)
今回はイ・ムンシクさんとソン・ギョンチョルさんの話題が出ていましたね。
イ・ムンシクさんとはイルジメ(一枝梅)、チェオクの剣からの、ソン・ギョンチョルさんとはペク・ドンスからでした。
おっと・・・イ・ムンシクさんは屋根部屋のプリンスにも出ていましたね。
なかなか味のある役どころばかりで、どの作品もおもしろかったです。
チェオクの剣のハ・ジウォンさん、ペク・ドンスのチ・チャンウクさんもそれぞれ好きでした。
これからも楽しいネタばれ集、期待してますネ(^_-)-☆
いつもありがとうございます♪
ほりママさん、こんにちは♪

「流星ワゴン」は今一番イイ時ですから絶対見逃せませんものね~。
お役に立てて良かったです(笑。

ソン・ギョンチョルさんってペク・ドンスに出てましたっけ。
ペク・ドンスではもう「天様」以外はほとんど目に入らなかったので
まったく記憶にございません(爆。

マ・チュクチ@茶母は良かったですよね~。
いまだに思い出すと泣けてきてしまいます(;´・ω・)。

でも、ここのシヌも楽しくて大好きです~続きもとっても楽しみですね(^^)/。こん
続きです。
さてドラマですが、
漸くヨンチョル丞相一派を抹殺し、この世の春が来ようかというスンニャンに再び試練が訪れそうです。まさか皇太后と新たに就任したペガン長官が敵に回ってしまうとは…。

これからも注目して見ていきたいですね。終了後の、お盆以降は一体、何のドラマを放送するんだろう?個人的には、「王の顔」、「秘密の扉」の放送にも少し期待しているんですけどね。
お返事が遅くなりました(;´・ω・)
駿河の海老太郎さん、こんにちは♪

自分がまだ見ていなかったので、
お返事が遅れてしまいました(__)。

とうとうヨンチョル一族が(ほぼ)処刑されてしまいましたね~。
今度の敵は分かりやすい悪人じゃないので、
スンニャンはますます大変ですね。

今からお盆の話では鬼が笑ってしまいますよ(笑。
とりあえず残り10話ほど~最後まで楽しみたいですね^^。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング