2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

黄金の帝国のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 黄金の帝国 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【黄金の帝国】の19話は「勝つのは私」です。ミンジェが会長就任後、水面下で行われてきた駆け引きがついに表面化してきました。そのきっかけを作ったのがソンジェだったわけですけれど、そのソンジェの行動もまた、思わぬ悲劇をもたらしてしまいます。以下早速ネタバレです黄金の帝国のあらすじ行きますよ~(^^)/


なんと今回は、ソンジェの行動でショックを受けたジョンヒが認知症になってしまいました!とはいえ、今はまだ初期の段階ですから、それなりに思考も行動も可能ですが、医師曰く、それもいずれは不可能になる、回復の余地は全くない、という絶望的な状況のようです。いつも思うことなれど、こういう時こそお得意の漢方薬を使えばいいのに~とは余談でござるが


自分の顔を見ながら「ソンジェ、ソンジェ」と語りかける伯母の姿に異変を感じたミンジェが、これをいち早く突き止めました。


残酷な告知を受けたジョンヒは、さすがに覚悟を決めたらしく、早速家族を集めて、ソンジングループの分割(系列分離)を切り出します。


ソンジングループの系列会社は全42社に上るそうで、そのうち、最も多い13社になる造船と重工業プラス百貨店をウォンジェ(とウンジョン夫婦)に、自動車と化学関連プラス流通とジュエリーの12社をドンフィとジュンヨン夫婦に分けた、残りの17社をソユンとテジュのふたりに分け与えるというのです。


ここで、これまで欲の塊だったジョンヒがせっかくここまで改心&譲歩したというのに

老父を身代わりにして牢に入れることにした恥知らずミンジェはサイテー(;´・ω・)=ミンジェ

が、自分に株をくれれば、ドンソンの直系を皆排除してみせるとジョンヒにすがるのが、また何とも浅ましくて醜かったですね~。大体、ソン・ヒョンジュさんは「善人」であってこそ、ですよねまったく~このカバ面が(`・ω・´)


でもジョンヒはまったく取りあいません。どうやらジョンヒは、アホな息子の身代わりになる、しかも、コネを使ってソンジェと同じ房に入って面倒を見ると約束してくれた、ああ見えて根はとても優しいドンジンから、

「息子の手を放してやってくれ=欲望から解き放ってくれ」

と頼まれていたようなのです


これを聞いたソユンは即座に、造船及び重工業は国家の基幹産業だから、頼りないウォンジェでは2年と持たないと反論しますが、そんな自分も、ミンジェに会長の座を奪われたではないかと逆襲されるともはや何も言えません。


ここでジョンヒはさらにソユンとミンジェを孤立させるため、自分の保有するセメント株を、ウォンジェ夫婦とジョンユン夫婦、そしてテジュに分け与えると言いだしました。たとえ認知症を宣告されても、ジョンヒはだてに27年も「母」をしてきたわけではないのです。ウォンジェとジョンユンのふたりを、、誰よりも欲深い人間に育てた張本人こそ、このジョンヒだったに違いありません


この結果、セメント株の割合は以下の通りになりました


ソユン 20% (プラス、テジュとの共同議決権)
テジュ 4%
ウォンジェとウォンジョン 4%x2
ジョンユンとドンフィ 4%x2


つまり、ソユンの持ち株と、他の5人の株の合計がイコールになったのです


ここでついにテジュが勝負に出ました。なんとテジュは、ソユンとの共同議決権を行使しないと宣言してソユンの議決権を潰した上で、ウォンジェ夫婦とドンフィ夫婦と手を組んだのです


テジュはウォンジェを会長に据えると言い放ち、自分は戦略企画本部長になると続けました。どうやらテジュは、

「もっとも扱いやすいウォンジェ

を担ぎ上げることで、自分の思い通りに事を運ぼうとしているようです。ドンフィに化学と自動車を与えることで、古傷をつつかれることも無くなります。その上テジュは、最も邪魔者のソユンを経済研究所に追いやりました。


これで会長室の肖像画は、〇細工なムーミン()、もとい、ミンジェから、元のドンソンに変わったようです。さすがにウォンジェは自分の顔()を飾らせることは憚られたのでしょうか


こうして、単身、ソンジングループの中枢に入りこんだテジュは、ピルトゥとともに、就任たったの2カ月で、役員をほとんど自分の息のかかった人物に交代させたそうです。一方のお飾り会長=ウォンジェは、自分の席次がどこなのか、にしか興味を持っていないようです。言うに事欠いてビル・ゲイツと比べるなんて、生意気な


その後テジュは、オーストラリアのウェリントンへ行って、どこかの投資会社と取引を進めるようです。また「自動車部門」を貰ったのはいいけれど、1700億もの貸付金もまたそっくり付いてきたことに頭を悩ませていたドンフィには、セメント株8%を譲ってくれさえすれば、これを欠損処理にしてみせる(≒もみ消す)と持ち掛けていました。


再びソンジン建設の社長に戻ったらしいミンジェは、自分と同じように追いやられたソユンを訪ね、テジュへの反撃を企てたいようでしたが?


そのソユンは、ようやくソリに目を付けたようです。ソユンの弱点がソンジェだったように、テジュの弱みはソリなのです。ソリはもちろん、ソユンの誘いには耳を貸しませんでしたけど、テジュももう、ソリが愛したテジュではなくなっていそうなのが気の毒ですよね~


あと1回、あと1回と、回転を止められないハムスターは愚かだ。自分が止まれば止められるのに


いっそのこと、テジュをこう評した賢いソリがソユンと組んだらどうなの~と思ってしまうおばさんでやんすが。今のテジュには、ソユンどころか、ソリすらも幸せにできるとはとても思えませんからね


さ~て、楽しんで見てきた「黄金の帝国」もいよいよ残すところ5話となりました。来週の水曜が最終回ですね~。続きもとっても楽しみです黄金の帝国もいよいよ終盤!(^◇^)


黄金の帝国 DVD-SET1黄金の帝国 DVD-SET2黄金の帝国 DVD-SET3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.