このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第61~63話 艱難汝を玉にす

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】も本日放送分の63話まで視聴しました。どーしてもここまで見ておきたかったですよね~。日本人は果たしてどんな風に描かれているか、と。以下簡単なネタバレのあらすじですおバカちゃん注意報のあらすじ行きますよ~(^^)/


デザイン流用に失敗したイ弁は、今度は「父親のコネを使って、新製品を作るための布地を大量に買い占めてしまいました


この間、現在のイ弁を創り上げたのはその父親であることも明らかになっています。厳格なイ弁の父親は、イ弁を殴ってでも「強く賢い人間」に育てたかったのだそうです。おばさんの妄想は見事に外れてしまいました


でも~こんなことを言うと語弊があるかもしれませんが、少なくとも昔の日本の父親って、特に男の子に対しては皆そんなものでしたよね。子どもの教育には体罰が必要だ~が当たり前の時代がありました。その時代の子どもたちの多くは、ちゃんと立派な大人になったはずです。


しかも、世界を股に掛ける大企業の総帥であれば、長男に期待するのは当然でしょう。決して暴力を肯定している訳ではありませんが、韓国では昔から、あのふくらはぎぺんぺんのお仕置きもあったことですし、それであそこまで屈折するのは、やはり、元々精神的にかなりひ弱だったのではないかとしか思えません。だからこそ、

自分が苛められたのと同様、平気で弱い者いじめをする卑怯者

になってしまったのでしょうな。本当に強くて賢い人間なら、

自分がされて嫌だったことは、決して他人にはしないはず

です。


ドヒはこれを「病気」だから治療が必要だと言っていたけど、そう簡単には治りませんね。こんな性格異常者を社会に放置しておく、特に司法に携わらせておくのは決して賛成できません。


これをきっかけに、ナ会長は発作を起こして倒れてしまいましたが、何とか事なきを得たのは幸いでした。もう少しでイ弁は人殺しになるところでしたね


でもこれで、ナ会長とイルピョンは黒幕がイ弁だと悟ったようです。そんなに大量の布を買い占めるには多額の資金が必要ですから。そんなことにも気づかないおつむですから、父親からはそれは苛められたことでしょう~そういう意味では気の毒です。常に能力以上の物を要求されてきたのでしょうから


その上イルピョンは、ようやくジュンスを「BY、ドヒの戦力」として認めてくれたようです。ただ、この人の場合は、ナ会長程信用できん~かなり感情的な人間なので、ジュンスとドヒが恋人だと知ったら、またヒステリックに反対するのが今から目に見えるようでちと憂鬱です


皆は、ナ会長の健康を心配してなのか、なかなか会長にあれこれ報告しようとしないけれど、むしろそれがいかんのじゃないでしょうかね。会長なら、常に本質を見極めて、最も正しい道を示してくれると思うんですけど


一方、この一連の妨害を知ったヒョンソクは、以前の、東大門の店で起きたデザイン盗用事件もまた、イ弁の仕業だったに違いないと確信し、日本人の関係者に話を聞くことになりました


あんなにしみだらけで、あんなに着物の着こなしのへたな日本人を見るのは、いつもながら辛いですが、ヒョンソクから事情を聴いた上に、例の漫画「ウリオッパ」を見せられた彼女はついに、すべて真相を打ち明けてくれます。なんでも、イ弁と共謀したのが弁護士である自分の息子だったため、公にするのをためらっていたそうなのです。


今でも公表するのは憚られるが、あくまでも息子の罪を詫びる意味でなら、と「わび状」を書いてくれた彼女は、なかなか素敵な日本人でしたね~


でもジュンスはこれをすぐに使おうとはしませんでした。そうそう、イ弁の様なコンプレックスの塊は、攻撃されればされるほど逆上しますものね。自分が犯した「恥ずかしい罪を知られたと知ったら、何をするか分かった物ではありません。ああ言う人間は本当に始末に負えません。いっそ、父親の方が話が分かるのではないでしょうか?


また、漫画を見て以来、再び昔を思い出し始めたナリは、ついに

「大事なこと」

を思い出しそうな気配です。ジンジュは無理に思い出すなと言ったけれど、やはりここは是非思い出してもらいたいものです。ヒョンソクには気の毒ですが、真実が明らかになってこそ、彼自身も救われるのではないでしょうか。それに一事不再理の原則通り、同じ事件でヒョンソクが裁かれることはないはずです~ここでも心配なのはイ弁だけです


と、暗い話題が多い今日この頃ですが、ヒョンソクとテイルが男同士飲み交わしたシーンは楽しかったですね。ここでジュヨンがあれこれ気をもんでいるのが、ちょっとばかし、否かなり、鬱陶しくなってきましたけど。大丈夫かな~ジュヨンはインスクにそっくりになっていく気がする。ヒョンソクは今からでもインジュに乗り換えた方がよくないですか? (ジョークです


そのインジュにもシツコクされながらも、ヒョンソクがそれを甘んじて受けているのがまた頼もしい限りです。僕のせいで人生をダメにしてしまった兄さんをここまで導いてくれた大切な恩人だからって。なかなか言えることではありません。


他には、ジョンジャがようやく真面目に働きだしたのも朗報でした。ジョンジャが常にマンドラ(インジュは「マンドル」と呼んでますよね~)を支配人として立て、自分は下働きから始めている姿が実に好ましいですね~。その上、ジンジュが返してくれた借金も、自分の給料から少しずつ返すと約束してくれます


が、逆に今度はチョルスが頑なになっています。というのも、ジンジュがジュンスの過去をチョルスに打ち明けたからです。ジョンジャは嫁の兄が前科者と知ったら絶対に許さないはずだ、やはりふたりは一緒になれない運命だった、とチョルスは確信したようです


いや~それを言うなら、ジョンジャこそ、友人の店の金を使い込んだ犯罪者でしょうよ


でも実際問題として考えると、前科を持つ人間が社会復帰するということは、本来とても大変なことでしょう。以前ドヒも言っていたように、ジュンスに好意を持たない人間(イ弁が代表)であれば、とことん容赦なく苛めてくるのは必須です。残念ですが、これは何も韓ドラに限ったことではありませんよね


ジュンスは無実だから余計に腹立たしいですが、もし本当にジュンスの過失致死だったとしても、世間はなかなか理解してくれないことでしょう。だからこそドヒは、あんな浅知恵を使ってしまったのですものね。でもそれもすべて、ジュンスは覚悟していたはずです。この世で最も愛する家族のために、自分が甘んじてこの罪を引き受けよう、と


イ弁の罪は天が罰してくれると信じて放っておくとしてほぼ狂人だから怒ってみても疲れるだけだ(;´・ω・)、やはり最後はジュンスの努力次第だと思います。これからもおばさんは全力でコン兄弟姉妹を応援していきまするおバカちゃん注意報が楽しみ(^^)/おバカちゃん注意報~ありったけの愛~は続きもとっても楽しみです


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

へんな日本人
こんさん こんにちは~!

おバカちゃん注意報、毎回楽しく視聴しています♪

東大門店のデザイン盗用事件絡みの日本人…へんでしたね(笑)
あのカツラと着物しかなかったのでしょうか⁈インジュに衣装代がかかり過ぎ
たのかな⁈でもカタコトの日本語の日本人じゃなくて、ホッとしました(笑)
へんなところばかり気になって「えっ、あの日本人がイ弁護士のお母さん?」
と間違って解釈しちゃってました^_^;

本来の仕事そっちのけでジュンス潰しに躍起になっているイ弁、イラつく~!
こんさんがおっしゃる通り、まだ姿を現していないイ弁父の方が話が分かる
ような気がします。

昨日は、ジュンスとドヒが交際中であることがドヒ父にバレて(イ弁がチクリ)
ジュンスがドヒ父に殴られたシーンで「つづく」になりました。
社員としては認めても、娘の交際相手となると話は別ですものね~(T_T)
ジュンスとドヒがどんな風に乗り越えて行くのか楽しみです。

古い内容にお付き合いいただきありがとうございます⁽⁽ ʚ(*ˊ꒳​ˋ*)ɞ ⁾⁾
いつでも大歓迎です♪
みるさん、こんにちは~♪

私は気に入ったドラマは何度でも見たい方なので(笑、
頂いたコメントを拝見しながら再び思い出せるのが嬉しいです~。
こちらこそ、お付き合いくださいましてありがとうございます(^^)/。

そうそう、この辺はまたイライラさせられますよね~イ弁め(`・ω・´)。
(他のドラマでこの俳優さんを見てももう「イ弁v-37」にしか見えません・笑)

私は日本人が出てくると

また何やら悪事を働くのではないか(;´Д`)

とハラハラさせられてしまいます(;´・ω・)。

ジュンスとドヒの結婚問題はこのあたりからが正念場ですものね~。
是非がんばって乗り切ってくださいね~( `ー´)ノ。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング