このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ニキータ(NIKITA)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ニキータ3 (NIKITA S3)あらすじと感想 第4話 奪われた記憶

ニキータのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ニキータ あらすじと感想一覧


マギーQ主演の【ニキータ3】の4話は「奪われた記憶」です。英語の方は「Consequences」(当然の成り行き)とまた実に辛辣です。今回は懐かしい?顔が勢ぞろいでした。以下簡単なネタバレのあらすじですニキータ3のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回ニキータが助け出しに向かったのは、懐かしのあのオーウェン・エリオットでした


オーウェンはゴーゴリに捕まった後、ロシアの刑務所に収容されていたらしいのですが、そこにアンというエージェントがやってきて、オーウェンを救い出します。アンの目的は、大昔にディヴィジョンで決行された「スケルトンキー作戦」(Operation Skeleton Key.)に関することだと言いましたが、真の目的は、オーウェンを拉致することだったようです


が、オーウェンはアンの隙を狙って逃げ出し、昔襲った銀行を再び襲撃して自分の存在をアピールし、ニキータに助けを求めてきます。こんな手荒な連絡をした理由は、オーウェンがニキータの居場所を知らなかったからです


ニキータは早速、そんな時のためにふたりが約束していた待ち合わせ場所~「廃校」に赴きましたが、ライアンがマイケルの外にも応援を連れていけと命じたため、オーウェンはひどく警戒して反撃してきてしまいます


仕方なくマイケルがスタンガンを使ってオーウェンを気絶させ、なんとかディヴィジョンまで連れてきました。


ニキータはオーウェンに近すぎるからということで、アレックスが聞きだした「スケルトン・キー作戦」とは、以前、国家安全保障局で暗号化アルゴリズムを開発中だった天才技術者が秘密裏に製造した、その解読装置を指すらしいです。


パーシーは、これを理由にその技術者を捕えましたが、本当の目的は、その天才的な頭脳でもって「ブラックボックス」を開発させることだったようです


そして今アンは、その解読装置、

クリプトグラフ=どんなシステムにも侵入できるマスターキー

を手に入れようと、その在りかを知る生き残り=オーウェンを狙ってきたのだとか


でもこれが実はフェイクだったのです。以下ネタバレですアマンダが不気味~(;´・ω・)


アンの後ろには、あの懐かし?のアマンダがいましたニキータ3でもアマンダ登場!。当然、ゴーゴリのアリ・タザロフも一緒です。


アマンダは、仲間であるはずのアリにも、今回の目的はクリプトグラフだと言って、オーウェン救出に協力させたようなのですけど、実際にはアマンダも、その在りかを知る一人だったようです


アマンダがオーウェンを狙っていた理由は明白にはされませんでしたが、どうやら、オーウェンが初めてディヴィジョンにやってきた際、アマンダが施した「脳外科手術」にそのヒントが隠されているようです。オーウェンは、過去の出来事を何一つ覚えていないそうですが、アマンダが単に記憶を消しただけとは思えません


アマンダは、オーウェンとともにディヴィジョンに捕まった部下たちが捕虜として生かされることを知った上で、そのうちの一人の肺に「サリン」を仕込み、容赦なく、かつての仲間たちの命を奪いました。でもバーコフは、そのタイミングの良さから察するに、アマンダには

「内部協力者

がいるに違いないと気づきます。これにソーニャが協力的なのは嬉しいですけど、そのソーニャがスパイだってこたないですよねバーコフのためにもそれは止めてほしい


アマンダが送りつけてきた脅迫ビデオから、ソーニャがその居場所を突き止めた時、思わず

That's my girl!(さすがは僕の彼女!)

と言いそうになったのを、慌てて言い直したバーコフが実に可笑しかったですね。「Excellent and professional colleague」(素晴らしいプロフェッショナルな同僚)って


結局アマンダは、オーウェンの脱却に失敗し、オーウェンは、ニキータ、そして新生ディヴィジョンにとって、

「逃亡エージェント(rogue agent)として初めての生還者

となりました。まさにニキータの言葉通り、これでようやく最初の一歩が踏み出せたのです


が、やはり気になるのはアマンダです。どうやらアマンダは、ニキータとマイケルが婚約したことを知り、何かを仕掛けてくるようなのです。イモ娘をあそこまでに育ててやったのに、この恩知らず!と怒っていたようですからね


またアレックスは、ショーンからディヴィジョンを去るよう求められていました。ディヴィジョンの上層部にいた母を失ったショーンは、これ以上ディヴィジョンに関わって「愛する人」を失いたくないそうです。アレックスもショーンの事は好きでしょうが、それ以上にニキータを見捨てることはできませんニキータとアレックスの絆は絶対です(^^)/


オーウェンの脳に隠された秘密も気になりますし、ニキータ3はどんどこ盛り上がっていきそうで嬉しい限りでござりまする。今後の展開もう~んと楽しみですねニキータ3が面白い(^◇^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はニキータ(NIKITA)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

これからさらに!
はじめまして。
実は前から、楽しく読ませていただいてました!
私も最近からニキータ見てるんですけど、これからさらに面白くなりそうな展開ですよね^^
スパイが気になるけど、私もソーニャかもって少し不安です・・・
はじめまして^^
Kentoさん、はじめまして^^

以前からご利用いただいているとのこと、
ありがとうございます!

ニキータは面白いですよね~。
今週は留守にしていたので、まだ見ていないんですが(;´∀`)。

やはりソーニャ、怪しいですか?(;O;)
そうあってほしくないですね~。

続きを見るのが楽しみです(^◇^)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング