このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

デビアスなメイドたち(Devious Maids)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

デビアスなメイドたち あらすじと感想 第11話 密告

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)の11話は「密告」です。英語のタイトルの「Cleaning Out the Closet」は、文字通りの意味はそのまんま(笑)クローゼットを掃除して、ですが、ヒップホップMCをしているエミネムのヒット曲に「cleaning out my closet」というのがあるそうで、それには彼の苦しい過去が綴られているのだとか。もしかしたら、その辺も引っ掛けて~の事なのかもしれませんね。以下簡単なネタバレのあらすじですデビアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、今回最も気になっていたオリヴィアの生死から参りますと、どうやら一命はとりとめたようで一安心です。が、オリヴィアの自殺未遂に罪悪感を禁じ得ないマイケルは頻繁にオリヴィアを見舞い、それがテイラーの怒りを買っているようです。んなこと言ってもねえ


が、ここでテイラーが「愚痴」を聞いてもらおうとマリソルを捜すと、夜中だというのにマリソルの姿が見当たりません。


マリソルは、友人に呼ばれていたと言い訳して、オリヴィアの見舞いには一緒についていけばいい、妻として寛大なところを見せればよいだけだとアドヴァイスしますが、テイラーはこれには大いに納得したものの、一旦芽生えたマリソルに対する不信の芽は摘み取ることができなかったようです。


前回マリソルは、レミがフローラのお腹の子の父親ではないか、もしくはフローラを殺したのではないかと疑ったのですけれど、弁護士のアイダが確証を欲しがったため、レミをわざとスタッポード家に呼び出しておき、そこにアイダを訪ねさせたのです


あなたを呼んだのは私です。フローラのお腹の子どもはあなたの子でしょう?だから殺したのでは?!


これぞ「"ethical" and "legal" aren't the same thing」(道義と法律は違う)なマリソルの変化球だったのですけど、案の定、レミはフローラが妊娠してきたことを知って動転してしまいます。いったいどういうことだ!?


その後レミはひとりでアイダを訪ね、例のDVDを見せられて、更に驚いていたようです。アイダには何も言いませんでしたが、その後のやり取りから察するに、レミはどうやら、フローラを乱暴した男を父親のフィリップだと特定していたようです


マイケルもまた、電話で誰かとこっそり話をしていたようなのですが、それこそがフィリップなのかもしれません。でも、マリソルがこの会話を盗み聞きしようとしていたのをテイラーに見つかったのは痛かったですね。テイラーはそれを早速マイケルに報告し、マイケルはすっかりマリソルを警戒してしまいます


And don't let her know that things have changed.
状況が変わったことを決してマリソルには知られるな。


そのフィリップは、おばさんの期待通り?ジャンヴィエーヴと元さやに納まるつもりでいました。が、これはおばさんの早計だったようで、フィリップはどうにもならない女好きで、これまでにも何度もジャンヴィエーヴを泣かせては別れを繰り返してきたのだそうです


ゾイラはそれを心配し、自分の友人の女性=マーゴに頼んでまでフィリップを誘惑させ、何とかしてジャンヴィエーヴの目を覚まさせようとしましたが、ジャンヴィエーヴは、それでもいいと考えていたようです。ひとりで老いていくのは寂しすぎる~浮気には目をつぶるわ


ここでレミがフィリップを殴り飛ばして何かを耳元に囁いていたのが、多分、フローラの事なんじゃないかな~と思ったのですけれど


また、前回、夫婦が元さやに納まるなら、と、こちらは身を引こうとしたロージーはというと、俄然、闘争本能が目覚めてしまいましたペリがひき逃げ事故を起こしたからです。幸い被害者は助かったからよいものの、正義感の強いロージーには、ペリを許すことができません


あなたは悪い人。私はもうあなたに遠慮なんかしない!!


そう宣戦布告をしたロージーですが、ペリにはその意味がまだ分かっていません。その上ペリは、プライベートジェットを借りて、ロージーの子どもをアメリカに連れてくることにしたらしいのです。これできっとメイドも機嫌を直してくれるはず!


さすがのロージーも、ミゲルを連れて来てもらったら、もうペリには逆らえないかもしれませんね


一方、前回思わぬカミングアウトを受けたカルメンは、その後すぐに「別れを手伝わされてしまいます。アレハンドロは、図々しく同棲を迫ってくるスコットにすっかり愛想が尽きたそうで、カルメンからそれとなく伝えてくれないかというのです。


でもカルメンは、オリヴィアが病休の間、仕事を山ほど抱えて困っていたところを、他ならぬそのスコットが家事を手伝ってくれたため、いっそのことふたりに同棲してほしいと思っていたようなのがまた笑えましたね


が、さすがに主人には逆らえず、ついに別れを切り出したカルメンに対し、スコットはブチ切れて大暴れしてしまうのです。アレハンドロの直感は当たっていたかも~別れて正解、の男でしたね


その上スコットは、どこかの編集者にアレハンドロがゲイであることを暴露してしまいます。なんて嫌な男なんだ


とはいえ、誰かと親密な間柄になる限り、世間へのカミングアウトは早い方が良いでしょうね~アレハンドロも


とまあ、今回はこのぐらいだったでしょうか。さ~てあと2回でどこまで片が付くのでしょうね。デビアスなメイドたちは続きもとっても楽しみですねデビアスなメイドたちも残すところあと2回!( `ー´)ノ


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はデビアスなメイドたち(Devious Maids)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング