2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情The Fosters)】~本日は14話、「人生の選択」(Family Day 家族の日)のあらすじをまとめさせていただきまするkaeru3


ついにタニアがホームを出る日がやってきました。でも、思っていたより現実は数段厳しそうな気配です。毎週必ず「依存症の会」(weekly AA meetings)に出ること、高校卒業資格(GPA that is passing)を取ること、生活費のためにアルバイトをすること、そしてカウンセリングも受けること


そしてキャリーもまた、このILPに応募しようとしています。どんなにハードルが高くとも、独り暮らしを初めた上で、ブランドンとの将来を考えているようなのです。


が、その後、ようやく「面会日」がやってきて、かりそめ?の反省を見せたブランドンとともに「家族」がやってきた時のキャリーは実に嬉しそうでした。中でも、ジュードがようやく、キャリーの問題とは別に、養子の手続きを進めてもらえることを聞いた時のキャリーの顔は、見ているこちらまで切なくなってしまうほどでしたよね


あんな顔を見せられると、リタからキャリーが養子ではなく独立を望んでいると聞かされたステフの話ではありませんが、大人っぽい反面、どこかにまだ幼さの残るキャリーが、しかも、家族の愛に飢えているキャリーが、心の底から「自立」を望んでいるのかと問われると、おばさんも自信が無くなってきてしまいます。


今のキャリーに必要なのは、ブランドンとの愛の巣ではなく、温か~い家族なのではないだろうかって


でも少なくとも今のキャリーにはブランドンしか見えていませんでした。メールが来なくなったのはコールの嫌がらせだったと知ったキャリーは、大胆にもブランドンをタニアのアパートに呼んで、愛のひと時を過ごします。


が、その後事態は急変~キャリーが自分の身勝手さを思い知らされる時がやってきます


キャリーは、コールが闇で「ホルモン剤」を手に入れていることを知ったにもかかわらず、自分の携帯を返してもらうことと引き換えに、これを皆に黙っていたのです。コールは

「昔も使っていた安全な薬だ、これを手に入れるためにも電話を使いたかった」

と話したため、とキャリーに悪意は無かったのですけれど、これがとんでもない副作用を引き起こし、コールはそれで脳卒中を起こして倒れてしまったらしいのです


あんたはいつだって自分の事しか、適当に切り抜けてここを出ることしか考えていない!


そう言ったのはキアラ(Cherinda Kincherlow)です


どんなにキャリーが「皆と同じ」だと主張しても、その違いは歴然でした。キャリーには、血のつながった弟もいるし、愛してくれる「家族」がいるのを、皆が目にしていたからです。アンタはここを出ていけばいいけれど、私たちはここが必要だ


皆から責められていたキャリーに、リタがさらに追い打ちをかけます。あんたはいつも大切なものを信用せずに自分からぶち壊している。それではどこへ行こうと決して幸せになどなれやしない


You need to realize if you keep making decisions the way you've been, you're gonna ruin every good thing that comes your way. No matter what it is, no matter how great it is, you're gonna blow it up because you don't trust it.


自分から携帯を差し出して、ここにいると宣言したキャリーは、ちょっとだけ何かを吹っ切ったかもしれません


一方、ずっと子どもが欲しかったというリーナは、どうやら自分の子を産みたがっているようです。それをステフに言いだしたくても言えず悩んでいるリーナの気持ちも分かりますよね。いくらゲイだと言っても、自分の血を引く子どもが欲しいと思う気持ちは、ステフにすら止めることはできないでしょうから。何せステフにはブランドンがいるわけですし。


また、そのステフには辛い別れが待っているようです。結婚式にも出なかったフランクが、なんとかステフに歩み寄ろうと、フォスター家の皆に日本車を購入してくれたというのに、頑固なステフはこれをすげなく断ってしまったのです


リーナからもその頑固さを指摘されたステフがようやくフランクの家にやってきた時には、どうやらフランクは一人であの世に旅立っていたようなのですが?kaeru1


これは何とも辛い展開になりそうです。今回は唯一、ジュードがフォスター家の一員として自己主張を始めたところが救いでしたね。レクシと別れたばかりなのに、レスリングのエマ(Amanda Leighton)とすっかり意気投合して、ジュードを部屋から追い出そうとするヘスースと、対等に喧嘩をするジュードの頼もしいことったら


ここは僕の部屋だっ!!


フォスター家の事情は続きもとっても楽しみですkaeru-coffee


今回はこの歌もよかったな

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.