2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ニキータのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ニキータ あらすじと感想一覧


マギーQ主演の【ニキータ3】の5話は「虚像の世界」(The Sword's Edge~剣の刃)です。これまたビックリの展開が待っていました。以下早速ネタバレですニキータ3のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回の「逃亡エージェント」はなんと、ウズベキスタンの新大統領となったアレクシー・マルコフ(Jonathan Goad)でした。ディヴィジョンではエドワードと名乗っていたそうです。


さすがに一国の大統領に手を出すわけにはいかず、とりあえずは訪米中のマルコフを捕まえて「替え玉」とすり替えようということになりました。が、それには時間が足りないため、ニキータはこれをアメリカ大統領であるスペンサーに相談して、会談の日程を延期してもらったらどうかと提案しますが、ライアンはこれに反対です。


これはライアンの点数稼ぎだと思っていたのもつかの間、ライアンもまた考えるところがあったことが明らかになります。どうやらスペンサーとダンフォース司令官(Richard T. Jones)は、何かと目障りなディヴィジョンを潰したいと考えているようなのです。そんな大統領に、ディヴィジョンの弱みを見せるようなことはできませんよね


そんなことなどまったく知らないニキータたちは、着々と計画を実行に移し始めました。替え玉は「the miracle of science」こと電気活性高分子(an electro-active polymer)でもって作ったマスクをかぶるマイケルです


マルコフに眠り薬を嗅がせたニキータは、その口に爆弾を嵌めて脅し、自らホテルから脱出させた上でディヴィジョンにマルコフを連れてきました


が、マルコフは既にアマンダと連絡を取っており、世界中に向けたメッセージを用意していたから大変です。その内容は、ディヴィジョンの真実を世に公表するものです


これが明らかになればディヴィジョンはアメリカ政府に抹殺されると聞いたニキータは、さすがに慄然としてしまいます私たちは犯罪者~死刑囚だもの!(;O;)。アマンダがそこまで読み切っていたのは、敵ながらあっぱれな洞察力です


仕方なくマルコフを逃がした後、バーコフが例のクリプトグラフでマルコフのサーバーに侵入したところ、マルコフはスペンサーを暗殺しようとしていたことも明らかになります。マルコフは、パーシーに余程心酔していたようです。ウズベキスタンの大統領になったのも、パーシーの仇討が目的だったようですね


当初の計画通り、マイケルがマルコフに扮装し、SPの隙をついて本物のマルコフを拉致した連係プレイはさすがでござった。その後、ウズベキスタンに入国したマイケルは自然死を装い、マルコフをこの世から抹殺した上で、大統領選に不正があったとスキャンダルを用意することも忘れません


一方、前回浮上した「スパイ」はまだ見つかっていません。とりあえず、元クリーナーのオーウェンに恋人を殺されたカールがオーウェンの命を狙ってきましたが、これはスパイとは無関係なのか、はたまた、アマンダの誘導による氷山の一角なのか、この辺はまだまだ分かりません


自分が殺した人間をすべて覚えている、と己の罪を自覚していたオーウェンの体に刻まれた蝶の刺青は、アレックスの背中に彫ってあったそれと何か関わりがあるのでしょうか?


オーウェンも可哀想(;´・ω・)

死んでも尚、まだエージェントたちの人生を翻弄するパーシーが、何とも不気味かつ憎たらしいことこの上ないですニキータ3も面白い( `ー´)ノ。早くディヴィジョンのメンバー全員に希望の光が見えてくるとよいのですけど


ニキータ3は続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.