2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情The Fosters)】~本日は16話の「家族への第一歩」(Us Against The World)をまとめさせていただきます。残り僅かとなってきたため、一気に見たい誘惑と戦うのが大変です(笑。


自分に必要なのは「家庭」だと気づいたキャリーはついにフォスター家の養女となる決意を固め、グループホームを去ることになりました


最初は反目していたガールズたちとのやりとりがまた良かったですよね。リタが皆に、キャリーから何を学んだかと問うと、キアラは人の話を聞くことを学んだと答え、ダフニは「許すこと」を学んだと答えました。その上コールはキャリーを「親友」と認めてくれます


英語の副題(Us Against The World)も示すように、ホーム内での生活と「世間」での生活はまたまったく異なってきます。隔離される一方で、実は「守られた空間」から旅立っていくキャリーを激励したリタに対し、キャリーもまたそんなリタを尊敬すると告げたシーンも素敵でした


You taught me that compassion is given for free but respect has to be earned. I really respect you.
同情は簡単に得られるけれど、尊敬は勝ち取るものだと教えられた。私はあなたを尊敬している


たとえ年は違っても、同じ女性としてここは皆を心から応援したくなりましたフォスター家の事情のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


そのキャリーがたくさんの期待と小さな不安を抱えて戻ってきたフォスター家では、ブランドンが家を出ていってしまっていました。もちろんキャリーの事は皆と一緒に出迎えたものの、家族として一緒には住めないと、マイクの家に住むことにしたのだそうです。


その上、ジュードはまだギクシャクしており、ステフとリーナからもしっかり釘を刺されてしまいますが、ホームで同じ悩みを分かち合った「友」を得たキャリーはくじけないのがまた良かった。これから皆の信頼を取り戻してみせるわ


と、キャリーはようやく落ち着いてきたので一安心ですが、ブランドンはますますドツボにハマっていきます。ブランドンは、マイクがアナのせいで窮地に立たされていると聞き、自らアナを呼び出して、彼女と取引したのです


アナは本当にたちの悪い人間ですよ~なんとアナは、検察から援助と引き換えに嘘の自供を強要されたと言って、ブランドンに金を要求してきたのです。そうすれば証言を撤回するわ


ここでブランドンは、以前マイクから受け取っていたレッスン代をアナに渡してしまいました。そんなことが警察に知られたら、それこそ「買収」と見なされてマイクが罰せられてしまうのがどーしてこの息子には分からんかな


またブランドンは、悪い仲間にも引き入れられてしまいます。アナに渡した金を自分で調達しようとしたブランドンは、レクシの元カレでレスリングチームのメンバーのヴィコ・セラー(Reiley McClendon)に唆されて「偽造ID」造りに加担してしまうようなのですブランドン、しっかりして~!。も~いったいどこまで堕落していくのか、もう心配で見てられません


本来なら、今最もブランドンに配慮すべきステフは、裁判所から召喚状が届いてしまってそれどころではないようです。マイクを助けるために付いた嘘が今や仇となってしまい、これが嘘だったと証言すれば、自分も解雇されてしまうからです。それにリーナの妊娠についても、まだ結論が出ていません。


それに今、マイクはどうやらガールフレンド=ダニー(Marla Sokoloff)と交際しているようなのです。ふたりは断酒会で知り合ったらしく、まだそれほど深い仲ではないとはマイクの答えでしたが、ダニーはそうは思っていないようでしたね。ちょうど不安定な時期のブランドンが、また何か間違いを犯さないとよいのですが


と、心配事が増えていく中、今回とっても楽しかったのは、ジュードの「本当の誕生日」を皆で祝えたことでしょうか。コリーンはジュードを家で産んだため、出生届を出すのが2~3週間遅れてしまったそうなのです。


本当の誕生日のことを知っているのはキャリーだけであり、そのキャリーが、いまだにギクシャクしているジュードにこっそりこれを知らせようと、昔コリーンがよく読んでくれた「ヘンゼルとグレーテル」にちなんだパンくず(breadcrumbs)=ヒントを与えているのを知ってジュードの心も次第に軟化していくのですが、実はキャリーはもうこの「秘密の誕生日」を家族みんなに明かしていて、最後には皆でジュードの誕生日を祝います


We don't have to keep secrets anymore, we have a family.
もうふたりの秘密にしておく必要が無い。私たちには本当の家族がいるんだから


他には~懲りないマリアナが、チェイスを誘惑しようとして、タリヤの入れ知恵~下着を脱いで相手のポケットに入れる~を実行したのには苦笑するしかありません。チェイスが、やらせてくれないなら帰ると言ってくれたのが、せめてもの幸いでございました。んも~ホント、フォスター家の子どもたちからは全く持って目が離せません~心配で


フォスター家の事情は続きもとっても楽しみですフォスター家の事情が面白い(^◇^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.