このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

主君の太陽
 ラブコメ

主君の太陽 あらすじと感想 第2&3話 このラブコメ楽しい~♪

主君の太陽のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 主君の太陽 あらすじと感想一覧 全20話


ソ・ジソプさん&コン・ヒョジンさん主演の【主君の太陽】も毎日楽しく見ています。この時期毎日語るのは難しいんですが、それでも期待通り、コン・ヒョジンさんがものすごぉ~く可愛くてソ・ジソプさんもとっても素敵なので、ついつい暇を見つけてはうるさく語ってしまいそうです。ここまで可愛いと思える(韓ドラの)ラブコメに出会えたのは本当に久しぶりかもしれません。やっぱりラブコメはイイですね~楽しくて大好き


この「主君の太陽」はとりあえず「1話完結」の形を取っていまして、幽霊の見えるゴンシルが、その無念を晴らしていくというのが決まったパターンのようです。この辺は小栗旬さんのBORDERを彷彿とさせますね


以下、簡単なネタバレのあらすじ感想文です主君の太陽のあらすじ行きますよ~(^◇^)



-目次-




【第2話 女子高生】



2話の「女子高生」では、友だちから仲間はずれにされた上に、交通事故で亡くなった女子高生=ウンソル(イ・ヘイン~スジョン@追跡者)が、死んでも尚、その仲間たちが恋しくて「心霊写真」となってその姿を現します。これは実に切なかった


仲間たちは、ウンソルが自分たちを恨んでいるだろうと誤解していましたが、決してそうではなくて、ウンソルはただ皆と一緒にいたかっただけなのです


この気持ちをゴンシルが代弁し、仲間たちがウンソルの本心を知ってくれたのは嬉しかったですよね~


心霊写真を撮った場所が主君(チュグン)ことジュンウォン(「チュ君」もチュグンに聞こえる)の経営するキングダムの噴水前だったのですが、ゴンシルは、

ジュンウォンに触りさえすれば霊が逃げていく

と知って、早速キングダムの清掃員として働いていたのです。この辺は実にちゃっかりしていますね


下手をすればイメージダウンになりかねなかった「幽霊騒ぎ」を納めてくれたゴンシルの能力を、ジュンウォンもようやく認め始めました。というのも、ジュンウォンにも

「忘れられない女性=チャ・ヒジュ(ハン・ボルム)」(?)

がいて、ゴンシルがそれを見事に言い当てたからです。


なんでも、ジュンウォンとヒジュが大学生だった頃、ふたりが誘拐された上に、ヒジュだけが殺されて(?)しまったようです。でもジュンウォンの話しぶりからすると、その誘拐を仕組んだ人間こそ、そのヒジュだったようにも思えるのですけど??


それ以外では、後にジュンウォンとゴンシルの会話にたびたび登場する「キャンディは、ジュンウォンがここで初めて口にしていました。ジュンウォンが、ゴンシルの髪がかなり臭うことを指摘し、あのアニメのキャンディでさえ、男に近づく時は髪をきちんと結んでいる、と非難したのです


その上、そんなに自分と寝たいのなら(意味を誤解していますが)、このビルの持ち主だったら少しは考えてやってもいい、と語っています。これをゴンシルはずっと覚えていたのですね


またジュンウォンはゴンシルのあだ名が「テヤン=太陽」であることに引っ掛けて、ゴンシルを見ると即、「不吉な太陽だと罵りました。朝太陽を見るのも嫌なのに!と。その上、ゴンシルが4Fの社長室に行こうとするのを察していたかのように、4Fには不快な太陽を昇らせるな、とキム室長に命じていたそうです


他には、コーヒーを飲みたがる幽霊(コ・ナッキョン)や、後にキーパーソン(キーゴースト)となる「ゴミ箱のおじさん」もここで初登場していました。特に何も言わず、ただうるさそうにフタをガランガランと回していただけですが。



▲目次に戻る



【第3話 ピンクのハイヒール】


3話の「ピンクのハイヒール」もまたこのキングダムが舞台でした。ゴンシルは、ピンクのハイヒールを片方だけ履いたユニの霊に驚かされます。しかも、ユニはつい先ほど息を引き取ったばかりのようなのです。


またしてもゴンシルに付き合わされたジュンウォンが、なんだかんだ言いながらも一緒に病院へ行かされるのがまた実に楽しいですよね。そこでふたりは、幽霊よりも恐ろしい極悪亭主=チ・サンウ(ペク・スンヒョン)の姿を目にしてしまいます。サンウは、キングダムに入っているテナントの店主です。


勝手に死んでくれて助かったよ


サンウはユニの財産目当てに結婚したらしいのですが、自分の店の店員と恋仲になったためユニが邪魔になり、ユニを殺そうとしていたところ、その前に、サンウの浮気を知ったユニが動転し、運転を誤って事故死してしまったのだそうです


事情を知ったゴンシルが、ユニの無念を晴らすためサンウの店に乗り込みましたが、誰もゴンシルの話などまともに聞いてくれません。これまでもずっとゴンシルはこういう苦労を余儀なくされてきたのでしょうね


自分にしか見えない霊の願いを叶えるためとはいえ、今回は無くした靴の代わりにティッシュボックスを履いてましたが、以前は(たぶん)霊に驚いて、銭湯から真っ裸で通りに飛び出したこともあるそうです。だから今、同じくキングダムのテナントのカフェ、「A TWOSOME PLACE」のマネージャーでゴンシルの姉=ゴンリ(パク・ヒボン)が、ゴンシルにくれぐれも問題を起こすなといつも釘を刺しているのでしょう。


つまみ出されそうになったゴンシルを、ジュンウォンが助けてくれた時には、思わずきゃあきゃあ騒いでいました主君にピッタリ(*^^)v。いや~やはりカッコいいですね~ソ・ジソプさんは。ゴンシルが捕んで離さない訳が分かります


と、3話目にして既にいい雰囲気のこのジュンウォンとゴンシルに割って入ろうとしているのが、謎の青年=カン・ウです。キングダムに入りこんだのはどうやらジュンウォンを見張るため、ヒジュのことを探るためらしいのですが?


そのヒジュは、今回とうとうゴンシルに憑依してしまったようです。どうやらゴンシルが酒を飲むと霊に体を乗っ取られてしまうようなのです


酒を飲むと人格が大いに変わる

どころの話ではありませんねんも~コン・ヒョジンさん、サイコー( `ー´)ノ


昔ヒジュがジュンウォンを呼んだ呼び方~他には誰も知らないはずのその呼び方をしてきたゴンシルの、まさに

「悪魔のほほえみ

に凍りつくジュンウォンには大笑いでした。あの後いったいどうなったのでしょうか?


また第1話で小さい太陽ことテ・イリョンの結婚が破談になったことから、イリョンは「結婚をぶち壊した女」をかなり恨んでいました。これを聞いたソンランはひどく同情し、夫のソクチョルが顔を見たそうだから聞いておく、と答え、ここでついにそれが「テ・ゴンシル」だと知ってしまいます。このふたりの因縁はここから始まったようです


そのイリョンとカン・ウが出会ったのもこの3話だったようです。結婚が破談になってショックを受けた~ことになっているイリョンは、傷心入院を装っていましたが、どうしても酒が飲みたくなって病院を抜け出したところでカン・ウに出会ったようです。これまた運命の出会いでしょうか


いや~このドラマは本当に楽しい主君の太陽が楽しすぎ( *´艸`)。脇役では、ジュンウォンの叔母夫婦にキム・ミギョンさんとイ・ジョンウォンさんの準レギュラーに加え、毎回のゲストもとても多彩で、ニュースキャスター?というチョイ役にキム・サンジュンさん(チャ・ヨンウ@弁護士の資格)まで顔を見せるという豪華さもタップリ楽しめます


こんな見どころてんこ盛りの「主君の太陽」は続きもとぉ~っても楽しみですねやっぱりラブコメはいいな~♪



▲目次に戻る




これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は主君の太陽のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング