2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

主君の太陽のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 主君の太陽 あらすじと感想一覧 全20話


ソ・ジソプさん&コン・ヒョジンさん主演の【主君の太陽】も、す~っかり気に入ってしまいました。本来大のコメディ好きなおばさんなので、毎日本当に幸せです。以下またしても2話分のあらすじ感想文です主君の太陽のあらすじ行きますよ~(^◇^)


-目次-




【第4話 シェルター】


まず4話の「シェルター」では、冒頭から驚きのシーンが登場しました。なんと、前回のラストでヒジュに憑依されたゴンシルは、そのままジュンウォンとベッドインしてしまったようなのです!?そんなに早く!?


ゴンシルはこれを「夢」だと思い、主君(チュグン)と一緒ならこんなにぐっすり眠れるのだと、まさに幸せいっぱいの笑顔を浮かべていたのですけれど、実際は夢などではありません。ゴンシルは、本当にジュンウォンとベッドを共にしてしまったのです


が、それにはどうやら深くて長い事情があったのがまた可笑しかったですね~。いったいどんだけ長い夜だったのでしょうか


ジュンウォンの説明によると、夕べ、ゴンシルには次から次へと霊が憑依してきたのだそうです。ヒジュの後は、ママと生き別れた子供の霊、次はどうやらバレリーナの霊、そして最後には

「ワンワンっ!!

とうるさく吠える犬の霊まで現れたのだとか。(これでゴンシルは、犬を意味する「ケ」をつけて、「テ・ゴンシル」ではなく「ケ・ゴンシル」と呼ばれていました)


ゴンシルが何者かに変身するたびに、自分がゴンシルに触れると霊が退散することを悟ったジュンウォンは、仕方なくゴンシルの手を握って眠ることにしたのだそうです。残念ながら、今回はただそれだけのこと~だそうです。


ジュンウォンのおかげで、事故以来本当に久しぶりに熟睡したゴンシルは、目の下に付き物だったクマもすっかり取れて、いかにも溌剌と輝いていました


そしてジュンウォンもまた、ゴンシルの能力を確信し、その使い道を見つけます。なんでも、ジュンウォンとヒジュが誘拐された際の身代金代わりに要求された100億ウォン相当のジュンウォンの母の形見=ダイヤのネックレス、いまだに見つかっていないのだそうです。


やはりその誘拐を仕組んだのはヒジュだったらしく(まだ確定ではありませんが)、ジュンウォンは、ゴンシルの能力を使ってヒジュに接触し、その100億ウォンの在りかを聞き出そうと目論みます


おまえには100億の価値があるから、お前のシェルターになってやる。お前は100億レーダーだ!


そのレーダーで金の在りかを突き止めたら、シェルターを開放してやると約束したジュンウォンに、

「そうなったら、好きに触っていいのね!ゴンシルが可愛すぎ(^◇^)

と狂喜するゴンシルがまた笑えましたね~。ゴンシルはずっと「側」に張り付けるセクションに移れると喜びますが、どうやら、会社の顔ともなる「秘書」は却下されてしまったそうです。シャンプーをしないからが理由なら、いつもジュンウォンに洗ってもらえばよいものを


一方、この4話の幽霊話には、またしてもテ・イリョンが再登場してきました。この人、1話完結のチョイ役じゃなかったのですね~。今回はまさに「白雪姫」の魔法の鏡さながらの幽霊でした。でも、あの鏡と違う所は、この霊は「嘘つき」だということ。この霊が

君が一番美しい

というと、言われた女性は、美しくなりたい故に整形を繰り返し、どんどん醜くなっていくのだそうです。この辺は整形大国ならではの皮肉で笑えますよね。しかも、その冷気にあたるためか寒気がして、どんどん厚着をしていくのだとか。


ちょっといじればもっと良くなる(^◇^)

昔からゴンシルを敵対視してきたイリョンなんて、どんなに醜くなっても放っておけばよいと思うんですが、人の良いゴンシルは黙っていられず、イリョンに忠告してしまいます。その言葉を信じてはダメ


このイリョンが、昔からゴンシルにコンプレックスを抱いていた理由もうなずけます。イリョンは高校生の頃、分厚いレンズの近眼の眼鏡をかけ、歯には矯正器具をはめていたらしいのです。まるでアグリー・ベティみたいでした。その時の姿がもまたより美しくなりたいという強迫観念をさらに助長させたようです。


また今回は、このゴンシルにジュンウォンが接近していることを知ったト・ソクチョル(イ・ジョンウォン)が、妻のチュ・ソンラン(キム・ミギョン)の意向を無視して、ジュンウォンにゴンシルをくっつけようとしているのが気になりました。いったい何を企んでいるのでしょうか


そんな思惑があるとは知らないゴンシルは、自分に安らぎを与えてくれる社長のために、ヒジュの霊を捜そうとします。身代金を渡したのになぜヒジュが死んだのかとキム室長に聞いたところ、犯人はヒジュだけ連れて逃走を図った後、事故を起こしてその車が炎上してしまったのだとか


事情を知ったゴンシルは、少しでもジュンウォンの気持ちを和らげようと、ヒジュから聞いた、ヒジュはジュンウォンを恨んでいないと作り話をしてしまいますが、何せジュンウォンは、ヒジュこそが自分を騙して金を奪い取ったと思い込んでいるため、そんな話には騙されず、却ってゴンシルは大目玉を食らってしまいますジュンウォンの怒り炸裂!


これでせっかくのシェルターも台無しだ~重い足取りで帰宅の途に就いたゴンシルを、またしても幽霊が襲いました。なんと近くで大事故が起き、死者が多数出たそうなのです


でも、これを聞いたジュンウォンが、また霊に怯えているだろうゴンシルのために、即、後を追いかけてきて抱きしめてくれたのには感激でしたよね~。んも~ジュンウォン、本当はゴンシルのことが気になって仕方ない癖に、

触ったら10万、抱き付いたら100万

を給料から差し引くなんていうのがまた憎たらしいですね~。俺は、簡単に手が出せるエビせんじゃないんだ!なんてまた上手いことを



▲目次に戻る



【第5話 ジウの言葉】


その証拠に、5話の「ジウの言葉」でも、ジュンウォンは、霊に差し出されたゴンシルを助けに来ます


ジュンウォンの肝煎りで「特別顧客管理センター」(貴賓室クィビンシル※)~実際は倉庫~へ異動になったゴンシルは、そのゴンシルを気に入らないソンランから、キングダムのライバル=ジャイアントモールに資金援助の可能性のある華僑のワン会長に付け届けをするよう命じられてしまいます。


~※ドアを閉めた途端に「クィビンシル」の「ビン」の文字が落ちて「クィシル=幽霊室となり、文字通りゴンシルは「幽霊の相談員」となりました。最初の顧客はコーヒー好きな幽霊です本当はA Twosome Placeのコーヒーが好きです


ジュンウォンもまた、ワン会長の動向を探りたかったので、いざとなったらシェルターをタダで解放してやる=抱きしめてやると煽てられたゴンシルは、喜び勇んでワン会長宅に赴きますが、そこでゴンシルを待ち受けていたのは、どうやら、ワン会長の孫で数か月前に亡くなったというジウとの「死婚式」だったらしいのです!?


この仲介を務めるのが「コ女史」という幽霊同士のウェディングプランナーです。コ女史にも霊感があるらしく、一目でゴンシルの能力を見抜きました


ゴンシルが、きれいな服に着替えさせられたと聞いて真相に気づいたジュンウォンが急いでゴンシルを救いにやってきたのがまた素敵でしたよね~。それなのにジュンウォンは、ワン会長から「資金援助」のことで脅されると、簡単にゴンシルを見捨ててしまいます


でも結局、ジウが待っていたのは死人の花嫁ではなく、生前恋をした牛乳配達の女の子だったことが判明します。その子が見たがっていた緑のバラをその子に見せたくて、死んだ後もその花を枯らさずにずっと毎日その子を待っていたのだとか


ゴンシルがジウからその話を聞いて、その子を連れてくると、ジウがその子にキスをしました。と同時に、ずっと枯れずに周囲を怖れさせていた緑のバラが、一瞬にして枯れ、消え去ってしまいます


こうして、ワン会長の信頼と感謝と「援助」を手に入れたジュンウォンはすっかりご満悦です。ゴンシルの株もこれで一気に上がってしまいました


が、ジュンウォンを手の届かない高嶺の花と思い込んでいるゴンシルは、とりあえず、

「あなたのボディーガードになってあげます

と申し出てくれたカン・ウのことで、今は頭がいっぱいです


ゴンシルがカン・ウに幽霊を怖がっていることが言えず、つい「ストーカー」に狙われていると伝えたため、カン・ウが守ってくれると約束してくれたのです。実際にやってきたのは、コ女史が差し向けた男たちだったようですけどね。彼らを一撃のもとに倒したカン・ウも素敵でしたね主君の太陽のカン・ウも素敵♪


コ女史はここでゴンシルに、光は闇に、生は死に呑み込まれるものだから、くれぐれもそうならぬようにと忠告していますが、ゴンシルにはまだその意味が分かりません。


文字通りまったく日の目を見られなかったゴンシルが、今や、ボディーガードとシェルターの両手に花状態なのですから、舞い上がるのも当然ですね。そしてジュンウォンもまた、そんなカン・ウに焼きもちを焼いているらしいのがたまりません


それにカン・ウはどうやらイリョンとくっつきそうでしたよね~キライキライも好きのうちって


そのイリョンが、結婚が破談になったことから、「新妻のコンセプトで撮るはずだったCMで、(怒りに燃える?)火の女と化していたのにも大笑いでした。おもわず、オタクな話で恐縮ですが、昔懐かし「ガラスの仮面」の「火」の課題を思い出してしまいました


イリョンの怒りがますます増したところに、ソンナンが余計な告げ口をしてしまいます高校の同級生に式を台無しにされるなんて可哀想だったわね。そう、あなたの式をぶち壊したのはバンシル()、もとい、テ・ゴンシルよ


これでイリョンは心に固く誓ったのでありまする。キングダム社長は必ず私のものにしてみせる!!


そう言いながら、何かとご縁のあるカン・ウが気になってなりませんこの私に気がないなんて!


まさに隅々まで楽しい「主君の太陽」は来週の放送も今からう~んと楽しみです主君の太陽が楽しすぎ♪



▲目次に戻る


主君の太陽が面白い(*^^)v
OSTはも~大のお気に入り

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.