2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情The Fosters)】~今回は19話の「離さないで」(Don't let go)のあらすじですフォスター家の事情のあらすじ行きますよ~(^◇^)


父ドナルドを訪ねたキャリーは、これまでずっと心に溜めこんでいた不満を爆発させました。出所したのになぜ自分たちに連絡を取ろうとしなかったの?!


するとドナルドは、罪を犯した自分を不甲斐ない父親と思い込み、二人の子供を引き取る資格ができるまでは連絡が取れないと考えていたと明かします。つまりドナルドは今でもキャリーとジュードを諦めていないということなのです。


キャリーは、せっかくフォスター家との養子縁組が決まったのだから、これ以上ジュードの心をかき乱さないでほしいと訴えますが、それはまたキャリーも同様だったに違いありません。どんなに憎もうとしたところで、ドナルドはこの世でたった一人の父親なのです


その後キャリーは、ダフニの勤務先にやってきました。ダフニを疑ったことを謝りたかったこともありましょうが、それ以上に、今の自分の気持ちを分かってくれるのは、人生において大きな「挫折」を味わった仲間しかいないと確信していたからです


You and I don't have exactly the same background. But it's not like I belong at Anchor Beach either, with girls who ugly cry when their Facebook photos don't get enough "likes".
あなたとは育った境遇が違うけど、アンカービーチスクールの子たちはもっと違う。彼女たちの悩みは、SNSで「likes」が少ないことなんだよ


キャリーはそう前置きして、父親に会ったことを打ち明けました。出所後1年では、まだまだ生活も不安定だろうと、ダフニは自分を省みてそう冷静に判断した上で、キャリーの心の内を鋭く見抜きます


Sounds to me like Jude's not the one who's confused.
迷っているのはジュードじゃなくてあんただろう?


キャリーがダフニたちと離れられない、ずっと友情を育てていきたい理由が分かりますよね。ひどく傷ついたことのある人間は、その傷を克服した分だけ強く、そして優しいからです


その後キャリーは再びドナルドを訪ねていきます。ダフニのおかげで、少しだけドナルドの気持ちも理解したキャリーはそこで、ドナルドもまた、子どもたちから見捨てられたと考えていたことを知りました自分だけじゃなかった


ようやく娘と少しだけ心を通わすことができたドナルドも、キャリーがこれまでどうしていたのかを尋ねてきます。里親を6軒も転々とした。更生施設にも2度も入った。


娘がどんなに苦労してきたかを垣間見たドナルドが、キャリーの昔から変わらぬ癖を見てその思い出を語ったシーンも良かったですね。おまえのその鼻をこする癖、まだ直ってなかったんだな親指もしゃぶってた


ここは、キャリーが自分への父の変わらぬ愛情を感じ取って、その表情を和らげていくのがとても印象的でしたキャリー、愛されていて良かったね~


心配しなくていい。二人の幸せを壊すようなことは決してしないと約束するドナルドに、キャリーは、ジュードにもどうか本当のことを話してほしいとだけ頼んでいきます。が、キャリーの心はますます揺れて複雑になっていきます


そしてついにドナルドがフォスター家にやってきました。「親権放棄」の書類にもサインをしてきたそうです。


I love you guys I love you more than you'll ever know.
お前たちの父親で良かった。お前たちは俺の宝物だ


ジュードがドナルドにハグしたシーンは、思わずもらい泣きしてしまいました。ジュードがずっと大切に持っていた、祖父トーマス・ジェイコブの形見のナイフは、これからも変わらずジュードを守ってくれることでしょう。


そしてドナルドは、自分を追いかけてきたキャリーにだけは、本当の気持ちを打ち明けます。何としても二人を取り戻そうとも考えた。でも二人のことを考えたら、この家にいるのが一番いい。


If I'm being honest with myself, it's that's what I just did. I'll always be your dad.
自分に正直になろうとしてそれが分かった。俺はいつまでもお前たちの父親だ


一方、こちらも良き父親であろうとしているマイクは、ブランドンが道を誤ったのはキャリーのせいだと息巻きます。ブランドンから聞いた一部始終をステフに話し、このままブランドンを引き取る勢いで詰め寄りましたが、ステフはあくまでも

「親権は私にある

と譲りません。ここでマイクが強気に出ているのが、ダニーの後押しあってのことというのもちと引っかかりますよね。ダニーは、ブランドンの母親になりたい=マイクと結婚したいと仄めかしたのをマイクにあっさり断られたため、何とかしてマイクの心を得ようと躍起になっているのです。あ~やっぱりおばさんはこの人が好きになれません~なんか胡散臭い


そしてリーナの妊活は、ついにティモシーの協力を得ることになりました。でも、ティモシーを我が家に招待して、そのバスルームで精子を採取させるっていうのは、いかにもリアルでしたね~。しかも、妊娠するまでは内緒にするはずだったのに、ヘスースにそのカップを見られてしまうのですから


とはいえ、ティモシーとの契約が済んでいないのがちと気がかりでござりまする。大丈夫なのかな~そんなに先走ったことをして


また、どうやらザックの母親は精神に障害を抱えているようです。アルコール依存症なのか、それとも躁うつ病なのか~いずれにしても、この母のことがあるために、ザックはマリアナとの交際をためらっているようでした。


さ~てすぐに続き=20話を見ますよ~。今日中には最後まで見終われるかなフォスター家の事情が楽しみ(*^^)v


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.