2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情The Fosters)】もようやく最終回「養子縁組の日」(Adoption Day)まで見終わりましたフォスター家の事情の最終回あらすじです(^◇^)。シーズン2に続くそうなので覚悟はしていましたけれど、

あの終わり方は無いよね~

なエンディングでございましたね。これはもう、Dlifeさんに声を大にして続きも放送していただくようお願いするしかありませぬ


以下、最終回の簡単なネタバレのあらすじですいや~驚きの結末でした(^^)/


まず、最も気になっていたマイクですが、ブランドンとステフから真相を聞いたマイクはアナを罵り

殺してやる!

と怒りを露わにしていました。そしてその後マイクは、止めていたはずの酒を飲み、手を血だらけにしてアパートに戻ってきます。ブランドンに900ドルを貸したことでマイクから絶縁されたダニーが、これを介抱しますが?


それにこのダニー!やっぱりやらかしてくれましたよ。なんとダニーは、ブランドンとベッドを共にしてしまいます。父親と付き合ってたのにその息子ともなんて、いくらショックを受けたからと言って、本当に二人を愛していたらあり得んでしょ。ステフがダニーを気に入らなかった理由も分かります~これはもはや女の直感でござる


そしてステフは、アナに1万ドルを渡すと言って呼び出し、そのやり取りを録音して、アナを脅迫罪で逮捕しようとしていましたが、アナは案の定、約束の場所に現れません。その時が、マイクが怪我をして戻ってきた時なのです。マイクの心情はよ~く分かりますが、何とかアナが生きて&恐れをなしてどこかにとんずらしたことを願うばかりでござりまする


また、自分のせいでブランドンをひどく傷つけたことを後悔したキャリーは、ブランドンが嫌なら養子縁組を取り消すとまで言いだしました。が、それはでもブランドンの望むことではありませんよね。過ちを犯したとはいえ、ブランドンもまた、キャリーの幸せを誰よりも願っているのですもの


ああそれなのに


なんとキャリーはフォスター家と養子縁組をすることができませんでした。何でも、キャリーの父親はドナルドではなく、ロバート・クインという男性であることが判明したのです。ちなみに「クイン」はキャリーのミドルネームなのだとか。


ドナルドは何も言わなかったのにね~出生証明書に載っているほどですから、当然知ってはいるのでしょうけど。


キャリーと一緒に養子になれないと知ったジュードが、一緒でなくちゃいやだといったシーンが、何とも可哀想でした。それでも、ステフとリーナの決意は固く、今回は無理でも、必ず養子にすると約束してくれましたし、キャリーのために駆けつけてきてくれたリタもまた、必ず幸せになる日が来ると励ましてくれます


Sometimes you've got to stick around long enough for your luck to find you.
幸運が見つけてくれるまで、辛抱強く待たなきゃいけない時もある


必ずそんな日が来るとおばさんも信じてキャリーを応援していきたいです


一方、退学は間違いないと思われたブランドンは、ヴィコの親が学校の権力者だったため、何とかこれを免れました。が、ヴィコはそのせいでレスリングの奨学生への道を断たれたことを根に持って、ブランドンを襲ってきます


ヴィコもそれなりには苦労したんだろうけど、そもそも偽造IDで儲けようなんて性根が間違ってる。更生施設送りにしなくちゃあかんのは、ヴィコのほうじゃありませんかね


また、心配していたザックの母親は若年性の認知症なのだそうです。が、それを通報してしまったら、彼女は施設にいれられて、ザックは父親に引き取られることになるため、それが嫌でずっと黙っていたのだそうです。マリアナもせっかく素敵なBFに出会えたけれど、ザックのためには、別れるしかなさそうです。


そして、今回GFができそうだったジュードは、自分の性癖について今から悩んでいるようです。コナーとマディー(Yara Shahidi)の狭間で自分はゲイなのか~と悩むジュードを見守るリーナの目がまた優しかった~。友達同士の間でも嫉妬することはよくあることよ


が、そのリーナもまた苦境に立たされてしまいます。最初は、提供するのは精子だけで、その後は一切子供と関わらないと最初は約束したはずのティモシーが、やはりそんなことはできないと、契約書へのサインを断ってきたのです。既にリーナは妊娠してしまったようなのですが?


最初から反対していたステフはさすがに憤りを隠せませんが、これもまた愛するリーナの望みなのだと、この試練を一緒に乗り越える決意をしたようです。そのうちフォスター家も「グループホーム」になりそうですね


と、あれこれ問題は山積みですが、とりあえず、キャリーには「心のよりどころ=家庭」が、そしてジュードには正式な「家族」が増えたことを喜んで、最終回レビューを終わらせていただきたいと思います。繰り返しになりますが、ぜひシーズン2もDlife様で放送していただけますよう、心からお願いする所存であります


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
aoi  
No title

こんにちは!
the fosters 本当におもしろいですね。
Dlifeで前からやっていたのは知らず今回の一気見でみました!
ブランドン絶対指狙われるやろなとは思ってましたが、ひどすぎる(;_;)(;_;)(;_;)
しかも父親と同じ女性はないよー。。

早く続きがみたいですが、放送されなさそうなので、
ネットでアメリカの放送さがそうかなと思います(>_<)(>_<)

2015/07/10 (Fri) 13:22 | EDIT | REPLY |   
aoiさんへ  
是非放送してほしいですね♪

aoiさん、はじめまして^^

The Fosters~今一気にS1放送しているということは、
シーズン2の放送を見据えてのことなのではないでしょうか。
と、自分は勝手に想像&期待していたんですけど(^_-)。

面白いドラマなので是非Dlifeで放送してほしいですね♪ こん

2015/07/10 (Fri) 15:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.