2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)、シーズン1の最終回は「明かされた正体」です。英語の方はまた辛辣で可笑しいですね~Totally Clean(すっかりキレイに)だそうです。内容もこの副題に違わず、実に痛快で楽しかったです。最後のアレは、シーズン2への布石だから仕方ありませんね。以下早速ネタバレのあらすじですデビアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~(^◇^)


まず、このシーズン1における最大の注目ポイントだった「フローラ殺しの真犯人」は、間違いなくフィリップ・デラトゥアでした。フィリップの代理人であるマイケルは、テイラーが撃たれ、お腹の子を失ったにもかかわらず、最後までフィリップを庇おうとしますが、こちらは九死に一生を得たテイラーが黙ってはおりません


Tell her. That man killed our baby.
全て話して。アイツは私たちのベイビーを殺したのよ


こうしてマリソルはフィリップから全てを聞き出しました。エイドリアンからフローラを紹介されたフィリップは、早速フローラに関係を迫りましたが、当時レミと付き合っていたフローラは、その父親との交際に激しく抵抗したそうです。が、フィリップは決して諦めず、フローラをレイプしたのだとか


その数週間後、フローラは、レミの子どもを身ごもったとフィリップを脅迫してきました。それでフィリップは、フローラが殺されたあの日、こっそりパーティーにやってきて、フローラをナイフで刺したのだそうです


が、それでは死ななかったフローラが逃げ出したその時、運の悪いエディがやってきたため、フィリップはエディを殴って気絶させ、その手にナイフを握らせたそうです。必死で逃げ出したフローラも、プールに落ちてそのまま亡くなってしまったのは1話で見た通りです。


真実を知ったマリソルは、ついに「仲間」に真相を打ち明けました。既に事情を知っていたロージーのみならず、ゾイラとカルメンをもテイラーの入院している病院に呼び出します。テイラーが撃たれた、話したいことがあるから集まって!


事実を聞いて最初は驚き、少し憤慨したゾイラとカルメンも、フローラを殺した犯人がフィリップだと聞いては黙っていられません。特にゾイラは、大切なジャンヴィエーヴの相手が殺人犯と知ったのですから尚更です


でもここで下手にジャンヴィエーヴに知られたら、フィリップに逃げる隙を与えることになるからと、マリソルは皆を口止めした上で、パウエル家で開かれる予定のジャンヴィエーヴとフィリップの婚約パーティーで、フィリップを追いつめようと画策しました


一方のフィリップもまた、マリソルを殺させたはずが、撃たれたのがテイラーだと知って慌てています。フィリップは早速、ジャンヴィエーヴとの婚約式を終えたら、犯人引き渡し条約(an extradition treaty)の無いブルネイに逃亡すべく計画しました。もちろんジャンヴィエーヴには、愛の逃避行だなどと偽っています


が、これがとんだ藪蛇になってしまいます。フィリップはその後、この逃亡に必要なプライベートジェットをエイドリアンに借りに行くのですけれど、エイドリアンはこれをキッパリ断ります。誰にも貸さないことに決めている


フィリップは、金ならいくらでも払うとなかなか諦めなかった為、それならレンタルすればいいじゃないかとエイドリアンが答えると、絶対に「プライベートジェット」じゃなくちゃダメなのだと言い張ります。これにピンと来ないエイドリアンではありませんよね。何かあるに違いない


その上フィリップは、パーティー用に用意された「ダリア」を見て「また」用意してくれたのか、と口にしました。エヴリンがダリアを用意したのは、フローラが殺されたあの日だけだったのに、そしてその時エヴリンは

「ジャンヴィエーヴと険悪だったため敢えて招待しなかったフィリップ

がやってきてとても困ったことをハッキリ覚えていたというのに、フィリップは、あの日は来ていなかったとをついたのです


テイラーの「子どもが死んだ」と聞いて、共通のトラウマに「夫婦の絆」を取り戻しつつあったパウエル夫妻は、改めてここで「憎しみの絆」を結び直し、フローラ、そしてテイラーの子どもの仇を討とうと誓いあいます


Love can't seem to unite us. Why not try hatred?


こうして、思いもよらぬ隠れた味方を得たマリソルは、当初の予定通り、フィリップを一室に呼び出して、その自白を迫ろうとしました。もちろん隣の部屋ではロージーがビデオ撮影をしています


でもここで、追いつめられたフィリップがマリソルを殺そうとしたその時、パーティーでマリソルを見かけて追い出すべく彼女を捜していたエヴリンが、警備員を連れて乗り込んできてしまいます。ここにいたわ!早く連れ出して!


決定的な証拠がつかめぬまま引きずり出されたマリソルが悔しがっていたその矢先次なる刺客のエイドリアンが、フィリップに止めを刺しに来ました。エイドリアンは、フィリップに贈り物があると別室に呼び出して、

Something undetectable in a glass to relax the muscles
決して検出されない筋弛緩剤をいれたグラス

に入った酒を飲ませたのです

You killed my maid, you son of a bitch. Don't you know how hard it is to find good help?
おまえは私のメイドを殺した!良いメイドを見つけるのがどれだけ大変か分かるか!?


このセリフがまた実に可笑しかったですね~。ちゃうちゃう、メイドじゃなくて「愛人」でしょうが


そう言ってエイドリアンはフィリップを窓から突き落とし、大勢の目の前でプールの底に沈めました。その上でエイドリアンはエヴリンと結託し、フィリップは自分で飛び降りた、その前にはフローラを殺したと自供していた、と供述しますパウエル夫妻には参った~(^◇^)


ここで刑事が、フィリップはプールに入って間もなく死亡したのは妙だと二人の証言を怪しみますが、そこですかさずロージーたちが、エイドリアンの証言を後押しします


We heard it, too. We were in the hall outside that room, picking up napkins and and glasses. I was looking for a bathroom. And we all heard a man yell, "I killed Flora Hernandez."
私たちも聞きました。ナプキンやグラスを集めるのに部屋の外にいた、私はバスルームを捜していた、とにかく、私たち全員が男の叫び声を聞いたのは間違いない!私がフローラ・ヘルナンデスを殺した!って!!


この証言が嘘だと誰よりもよく知っているエイドリアンとエヴリンの表情がまた実に面白かったですね。そして、ゾイラとロージー、カルメンの表情も


こうしてフィリップはフローラを殺した罪悪感から自殺をしたことにされ、めでたくエディは無事釈放されました。でもここで万々歳と終わるデビアスなメイドたちではありません。次はなんと、ロージーの息子のミゲルのことで、ロージーが移民局に連行されてしまいます!ロージーが大変っ!


通報したのはどうやらペリのようでしたね。ペリはついにスペンスとロージーの関係を知ってしまったのです。ペリは、ロージーにかけてきた電話をミゲルが受けたため、スペイン語でミゲルに携帯をそのままママの所へ持っていけ、と命じました


ちょうどその時スペンスは、ロージーと結婚してミゲルを養子にすると切り出しており、でもロージーはペリを裏切れないと断ったところだったにもかかわらず、その肝心なところはミゲルの移動中につき割愛されてしまい、ミゲルが到着してふたりに携帯を向けた時には、

「愛している」「私もよ

の会話の真っ最中だったのです。これはでも本当は「別れのやりとりでしたのに


またカルメンは~案の定~アレハンドロから、ゲイを隠すための偽装結婚を申し込まれてしまいました。それが2年契約で、その見返りに、アルバム制作やコンサートツアーにトークショーまで、歌手への後押しを約束されたとなっては、カルメンの心が動くのも致し方なさそうです


とはいえ、歌手になることよりも愛が大事だと言われたばかりだったサムが失望してしまうのも当然ですよね。その上、ようやくキーモを終えて戻ってきたオデッサ、アレハンドロを慕っていたのに振り向いてもらえなかったのはゲイだったからか、と心中複雑だったオデッサが、猛反対するのも至極当然この上ありませぬ


さ~てカルメンは果たしてこの「契約結婚」を受けることにするのでしょうか?


また、レミにヴァレンティナの同行を諦めさせたゾイラでしたが、ヴァレンティナの悲しむ様には黙っていられず、ついに、自分がレミをひとりで行かせたと告白してしまいます。これに怒ったヴァレンティナは、ひとりでレミを追っていく決意をしたようですが?


死んでしまったとはいえ、フローラがレミの子を妊娠していたことをゾイラはマリソルから聞いたのかしらね。その辺はあっさりスルーされてしまったようですが


回を重ねるごとに、登場人物たちへの愛着が湧いてきて、毎週とっても楽しみにしていたデビアスなメイドたちが終わってしまったのは残念ですが、またきっとシーズン2も放送してくださることを信じて、その日を心待ちにしたいと思います。その節はまたどうぞ足をお運びくださいますようにデビアスなメイドたちが面白かった( *´艸`)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.