このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

私たち、恋してる あらすじと感想(#1~3) 爽やかな大人のラブコメが心地イイ

先週からBS11でスタートした韓国ドラマ、【私たち、恋してる】も楽しく順調に見進めています。韓ドラにしては珍しく、ほとんど(まったく?)ドロドロしていないこのあっさりテイストは、一昔前の日本の恋愛ドラマみたいですよね私たち、恋してる、のあらすじ行きますよ~(^◇^)。登場人物も皆、

こんなはずじゃなかったのに=アラフォー世代 (

というのもいかにも親近感が湧いてきます。演じている役者も皆演技達者な方ばかりなので、安心して見ていられるのも何よりです


ストーリー自体は取り立てて変わった物ではありません。一言で言ってしまえば、40を目前にした3人の幼馴染たちが、昔は思いもよらなかったキビシイ現実に悪戦苦闘しながらも、それでも何とか夢を諦めずに頑張っている、といったところでしょうか。


そんな彼女たちを取り巻く男性陣は、年相応に成功した大人の男性ふたりに加え、できる女性に憧れるまだ若い男性を取り揃えてあるのもよくあるパターンですが、それがまた心地よさを与えてくれます


以下もう少し具体的に簡単なあらすじをまとめておきます


脚本家志望のユン・ジョンワン(ユジン)は、バツイチ子持ちのアラフォーです。


現在は、目の中に入れてもいたくない愛息子のテグク(チョン・ジュニョク~ソクチョル@花たちの戦い)と、自分の母のヤン・スノク(キム・ヘオク)と暮らしていますが、自分の離婚に加え、昔は美容師だったスノクが腰を痛めて以来働けなくなったことも手伝って、その家計はすっかり火の車状態だった上に、ようやく脚本の仕事が入った矢先に、スノクが詐欺に遭って家まで失いかけています


そこでジョンワンは、仕事でまずまず成功している幼馴染のキム・ソンミ(キム・ユミ)を頼って、皆でその家に転がり込みました。でもソンミもまた、仕事を通じて知り合った「恋人にイイように利用された挙句、その男が担当していた番組から降板されてしまいます


が、ソンミには、ソンミをひたすら慕ってくれる部下のチェ・ユンソク(パク・ミヌ~ボン・ソンドン@ザ・ウイルス)がいるのですよね~。確かに今は年下で頼りないかもしれんけど、ある程度仕事のできる女性には、ああいう尽くすタイプの年下がお似合いだと思うんですけど。冷蔵庫が空だろうと、食料を買い込んで来てくれるなんて嬉しすぎでしょ


でも、ソンミはまだまだ、

「頼れる男性

を諦めきれないようで、ジョンワンに脚本の仕事をくれたオ・ギョンス(オム・テウン)に心惹かれてしまったようです。でもギョンスはどうやらジョンワンが好きなのですよね~きっと


ジョンワンとギョンスが知り合ったきっかけを作ったのが、ギョンスの従兄だというアン・ドヨン(キム・ソンス)なんですが、このドヨンの妹は今、ジョンワンの元夫=ハン・ジュンモ(キム・ヒョンタク)のフィアンセなのだとか。相変わらず実に狭い世界でござるね


ジュンモ自身は、昔は甲斐性は無かったものの、性格は悪くなくて、いまだに別れたジョンワンら家族を心配してくれていますが、ドヨンの妹はそれが気に入らず、何かと食って掛かってきます


何とか家計の足しにとスーパーでも働いているジョンワンを苛めていた従妹を見たギョンスが、いかにもいたたまれない風情でジョンワンに同情していた姿が、また何とも優しそうで良かったですよね。口ではキツイこと言うけど、あの笑顔がいかにも優しいんですものオム・テウンさんの笑顔がいいな~( *´艸`)


また、ジュンワンのもう一人の親友であるクォン・ジヒョン(チェ・ジョンユン~スヨン@烏鵲橋の兄弟たち)は、昔、ドヨンと付き合っていたのだそうです。なぜ別れたのかわからない~とふたりが口をそろえて言うくらい、ほんの些細なすれ違いがふたりを別れさせてしまったようです。


このジヒョンの今の夫はイ・ギュシクという企業家なんですけど、それがナム・ソンジンさんだと知った時には大喜びしてしまいました。いや~イムン@大祚榮、年取ったなあ~~イムンかっ!(^◇^)。(って自分はどーなの


またそのギュシクとジヒョンの娘のセラを演じているのがチン・ジヒちゃんだったのにも楽しいですね。「明日に向かってハイキック」でチョン・ヘリを演じた時と、まったく顔が変わっていません。役柄は、母に反抗的な娘という所のようですが、あれは継子なのでしょうか?


仕事や恋で挫折したり、ちょっとしたことに元気を得てまた頑張ったり~と、気張らずにうんうん頷きながら見られる、しかも「韓ドラ」は貴重ですよね。今後は皆の恋愛模様も楽しみながら、のんびり見ていく予定です。また何か語りたくなったら語らせていただきまする。「私たち、恋してる」は続きもとっても楽しみです私たち、恋してるが面白い(*^^)v


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私たち、恋してるのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング