このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

アイムホーム
 家族モノ・ホームドラマ

アイムホーム あらすじと感想 第1話 人生と家族再生の物語

木村拓哉さん主演の【アイムホーム】を見てみました。先日ちょうど「林修の今でしょ」を見たこともあって、いったいどんな内容なのか興味津々で見始めたのですが、これがなかなか面白かったです


一見、ミステリー仕立てにはしてあったけど、究極はホームドラマなのかな~とは思いまするが、ミステリーの方も充実させて驚かせてもらえたらより一層楽しめそうです。以下、簡単なネタバレのあらすじですアイムホームのあらすじ行きますよ~(^◇^)


木村さん演じる家路 久は、葵インペリアル証券に勤めるエリート証券マンだったのですが、半年前に取引先(?)で爆発事故に遭遇し、3か月の昏睡状態を経てようやく目覚めたその時には、一部最近の記憶が曖昧になってしまいました


リハビリのおかげでなんとか社会復帰は果たしたものの、昔のようにバリバリ働くことができません。今や、会社で最も「窓際」とされている第十三営業部に異動され、事務の女の子に毎回間違いを指摘されている有様です


でも僕には愛する家族がいる!


久がそう言って帰宅し、甲斐甲斐しく家事をこなしていたところに帰ってきたのはなんと、元妻の野沢 香(水野美紀)と娘のすばる(山口まゆ)でした。久は覚えていませんでしたが、すばるは香の連れ子だったそうです。


記憶が混乱してしまったのか


なぜか「10本の鍵束」を持っているそのうちの1本を香に返した久は、こんどこそ本当の我が家に戻っていくのですが、そこに暮らしている妻=(上戸彩)と息子の良雄(高橋來)の顔が、久には認識できません。久にはふたりが

「仮面

をかぶっているようにしか見えないのです。これは相貌失認かな~とも思いましたが、相手が限定されているというのが、何とも意味深ですね。最も愛しているはずの妻と子供の顔が分からないなんて、いったい久はそれまでどんな家庭生活を送ってきたというのでしょうか


事故に遭った当日、久は一刻も早く

「ただいま=I'm home(アイムホーム)」

と帰りたくて家路を急いでいたと回想していました。これが事実なのか、それとも、そう思いたいだけなのか、その辺はまだまだ謎でございます


もちろん、久が自分たちの顔が分からないことなど、恵と良雄は知るはずもありません。久が困った顔を見せるたびに、それは事故のせいだととりなす恵も、敏感に父の逡巡を感じ取って不安定な良雄も、何とも気の毒でしたよね


やはりこれまでの結婚生活に問題があったとしか思えませんな。現に、久がいまだに元妻の香たちとの写真を大切に持っている事を知った恵は、久が良雄を自分の息子だと思っていないのではないか、と問い詰めていました


それにですね~話を聞いてみるにつけ、以前の久は、仕事人間だった上に家族に対しても厳しく、その仕事のやり方もかなり非情で冷徹だったようなのです。証券マンとしては優秀でも、バツイチで、結婚相手としてはあまりお勧めできない性格だったようなのに、恵はそんな久のどこに惹かれて結婚をしたのでしょうか?予告では

「今の久の方が好きだ

と語っていたようでしたし。


特定の相手の顔が分からない、気持ちが分からないというのは、

分かりたくない

という深層心理の表れだと考えるのが自然だと思うのですけれどね。そもそも、久はなぜ香と別れて恵と再婚したのでしょうか? 久は香とすばるをとても大切に思っていたようですのに


また会社ではすっかり閑職に追いやられた久ですが、特にその事自体を歯がゆくは思っていないようです。それよりも、同僚でやはり同じ「窓際」の四月信次(鈴木浩介)が、

本来ならバリバリ仕事がしたいのに、妻の病気のために一線を退かざるを得なかった

とこぼしたのを聞いて、昔の上得意だった顧客(香川照之)の大口の仕事をあっさり四月に譲ってしまいます。今の久には、家族との絆を取り戻すことの方が先決のようです。この辺は、もう、他人を蹴落としてでも、ガツガツ仕事をするのには飽きた、ということでしょうか


あやふやな記憶の中で、懸命に(本来の)自分を取り戻そうとしている久ですが、予告では

「思い出さないほうがいいこともある

などと言われてしまっていたようでした。いや~逆でしょ。人間は何度も同じ過ちを繰り返す動物ですから、たとえ記憶を失ったとしても、それを取り戻して真正面から向き合ってこそ、前に進めるってもんざんす。それがどんなに、苦しく辛い過去だったとしても


脇キャラでは、そんな久を支える脳外科医=筑波良明(及川光博)や、これ女性ですが元で出世レースから脱落して長~い、第十三営業部の部長=小机幸男(西田敏行)が、なかなかイイ味を出していましたし

会社では退いたように見えても人生では一皮むけた=一歩抜け出した感のある久

のライバルで、いまだにエリート然としている黒木 仁(新井浩文)と久とのやり取りなども、なかなか面白くなりそうです


アイムホーム」は、続きもとっても楽しみですアイムホームも面白そう♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアイムホームのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

おはよーございますー
1話見ましたが、面白くなりそうですねー。毎回ゲストも出てくるみたいでその辺も楽しみですね(*´∀`)
は派遣と言っていた事務員さんも実は観客だったみたいでその辺もきになりますー。鍵が10個1話で一個ってことでしょうか笑((φ( ̄ー ̄ )何しろこれからの展開が楽しみですー。

こんさんの他のレビューも見させていただき、書店ガールとマザーゲーム今後チェックしていきたいと思いますー(^-^)
お、鋭い(^^)/
ヒデさん、こんにちは~♪

なかなか豪華な顔ぶれで面白くなりそうでしたよね~。

おお、10個で10話とはさすがに鋭いですね~v-218
プラス1話で完結編?だと尚いいですね( *´艸`)。

書店ガールも面白かったですよ~。
マザーゲームも、思ったほどはドロドロせずに済みそうかな(;´∀`)。

また今期もどうぞよろしくお付き合いくださいね~(^^)/。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング