2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

櫻井武晴さん脚本、堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】がいよいよ始まりました。昨日はヤメゴク~ナビまで見て、準備万端整えていたおばさんです。ナビも本編も期待通りで実に楽しかった~ヤメゴクのあらすじ感想行きますよ~(^^)/。以下早速、あらすじネタバレ感想文~小ネタ付~です時を忘れて楽しみました(*^^)v


まずは基本から参りますると、タイトルのヤメゴクとは、マル暴(=警視庁組織犯罪対策部)に設置された「足抜けコール」(暴力団離脱者電話相談室)で働く主人公の永光麦秋(ながみつ・ばくしゅう~大島優子)を指しています


警視庁の17階(最上階の1階下、しかも「くの字」の曲がり角の廊下で、(モチロン本人ではないでしょうが)妻=仲間由紀恵のジャージ姿に驚いて振り向かずにはいられなかった上司の石山博文(ひろぶみではなく「はくぶん」~田中哲司)によると、麦秋は

「ヤクザを辞めさせる道を極めた女

なのだそうです。ここは「ごくせん」と引っ掛けたのですね~きっと


足抜け=ヤクザを辞めるためには、所属するヤクザの親分から「離脱承諾書」をもらいうけ、そこに足抜けしたいヤクザ本人と、親分さんの署名が必要になるそうですが、本人の署名はともかく、親分のサインをもらうのは並大抵のことではありません。そもそも、そのヤクザ、否、暴力団事務所に置いてあるという「離脱承諾書」を貰うことすら難航を極める仕事なのだそうです


最初に登場した、指定暴力団「関東貴船組」の二次団体、倉持一家の親分・倉持省吾(でんでん)の子分=鈴木武雄(赤星昇一郎)も、承諾書はもらえていたものの、倉持からの署名を貰うのに一苦労でした。麦秋は、

「これからは死んだつもりで生きていく

と約束した鈴木を連れて、ふたりきりで倉持宅に乗り込み、それはもうシツコク食い下がった挙句、途中でヤクザの一人が「手」を出したことを理由に、全員をコテンパンにやっつけてしまいます大島さんのアクションも見どころです(^◇^)。いや~あのおじさん、マジで急所を蹴られて辛そうでした(と、ナビで説明されていました)。


そこに、所轄のマル暴刑事、水原公樹(岡田浩暉)が駆けつけてきます。これも全て麦秋の書いた筋書きです。何せ麦秋は本来「コールセンター窓口であり、ヤクザを逮捕するのは越権行為なため、こうしていつも、水原を利用していたようなのです。水原も、麦秋のやり方は気に入らないけど、手柄を立てるのはやぶさかではないようでしたね


たとえ逮捕されようと、サインなどするものか、と凄む倉持に対し、麦秋はその耳に何やら囁き、その意を翻させてしまいます。なんと麦秋は、倉持が友人の名前を騙って堅気の会社を経営しているように見せかけていた事実を突き止めており、承諾書にサインをしなければ摘発すると脅したのだそうです


倉持はこの言葉を信じたのに、麦秋はこれを水原に明かしたため、手柄に目がくらんだ水原が、早速倉持を公安委員会に密告(チ〇コロしたらしいのです。どうぞ摘発してください。そうやって倉持を追い込んで足抜けさせるのが、麦秋の狙いでもあったのです


これですっかり仕事を失い、トップの関東貴船組に上納金が払えなくなった倉持は、仕方なく「足抜け」することにしました。が、これまでの忠義の証として、右小指を自ら詰めてきたことから、一般企業に就職することができません


本来は、このような元ヤクザを支援するため、率先して元ヤクザを雇ってくれる「協力企業」があるのだそうですけれど、麦秋はわざとこれを除いて、普通の企業に就活に行かせるので尚更大変なのです。何十回、何百回採用を断られても、それでもくじけずに就活する気持ちが無ければ、更生など到底できるはずがないというのが、麦秋の思惑らしいです


案の定、麦秋は最初倉持に、整形手術で指を元通りにするよう勧めたのに、倉持はこれを頑として断り続けたため、

「小指が無いのはね~~~

と、どこからも雇ってはもらえません。確かに、

「小指入りコロッケ

など誰も食べたくありませんものね


倉持が仕方なく手術を承諾すると~これは協力企業ですが~すぐに就職が決まりました。が、安心したのもつかの間、その直後に、

「激励

と称したヤクザたちが、職場のホテルに嫌がらせに詰めかけてきます弱みにつけ込むのがヤクザ(>_<)


またこの手術をしてくれた女医=有留章子(ありどめしょうこ~山口紗弥加)も訳ありのようです。足の指を手の指にくっつけたその技術は素晴らしかったですが、この有留、実は昔は

「切る側=ヤクザの指を落とす仕事」

をしていたのだそうです。麦秋はそれを知った上で、妹の(本田翼)を看護師として働かせているようです。


一度ヤクザに関わったからには、一生苦しんでいただきます


そう語った麦秋も、昔は明るい性格で、婦人警官になったことを誰よりも喜んでくれた父が大好きだったのだそうです。話の流れからして、その父親が亡くなった原因が「ヤクザ」なのでしょうね。父の会社で作る麩菓子のうち、

「大麩豪」(だいふごう)

が一番好きだと頬張っていた満面の笑顔の面影は、同じく今も、宿直時の食糧にしているらしいそれを食す際には、まったくどこにも見られません。いったい麦秋、そして父親に何があったのでしょうか。麦秋の母=由美子(名取裕子)はもちろん事情を知っているのでしょうが、麦秋は実家にはまったく寄り付かないようです。


こんな麦秋のいる足抜けコールセンターに、上層部とは

肉体関係、もとい、コネ(

があるらしい麦秋の要請で、マル暴から一人の刑事が異動してきました


本人曰く、今時珍しいリーゼントの中には「クロワッサン」が入っているという三ヶ島翔(北村一輝)は、見た目はとっても強面ですが、その心は、幼馴染?のヤクザを見逃してしまうほどのお人よしです。倉持の指がつながった時も、心底嬉しそうにしていました。ちなみに、妻と子供には逃げられてしまったようです


まるで「チッチとサリーのような凸凹コンビと堤監督は語っていましたが、ま、それには無理があるとしても、心に闇を抱えた麦秋と、一見能天気なようだけど熱血漢でなかなか頼り甲斐のある三ヶ島のコンビは、今後ますます楽しくなっていきそうです。麦秋のおかげで大手柄を立てた水原も、警視庁に異動になったそうです


また、敵役とは言え、関東貴船組組長の橘勲(遠藤憲一)がイイですね~。これまたナビ情報ですが、遠藤さんご自身は本来かなり軽めのキャラだそうで、こうした

「隙の無い強面

を演じるのは、かなりの重圧なのだそうですよ。最近の3枚目役を見ればそれも納得ですね~あっちが「地」でしょう


全体的には決して「コメディ」ではないのでしょうが、どうしてもコメディ臭を嗅ぎ取らずにはいられず、居酒屋のシーンでは、メニューが映るたびに目を皿のようにしてチェックしていたおばさんでしたが、そこにな~んにも「小ネタ」が無くてガッカリしていたところ、いきなり、エレベーターの中に

「いかのおすし

とあったのには大喜びしてしまいました小ネタ、待ってました~!。それで迷うことなく「コメディ」に分類させていただいた次第です


~おばさんはさすがに興味ないけど大島さんのサービスショット=パン〇ラもありましたね


必要以上に敬語を連発する佐野直道(勝地涼)も可笑しいですね~


また真面目なところでは、ヤクザだけではなく、実は麦秋も何かから「足抜け」しようとしているそうなので、その謎が明らかになる日も楽しみです


いや~「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」はサイコーですね。続きがとぉ~~~っても楽しみでござりまするヤメゴクがとっても楽しみ~(^0_0^)


過去にこんなシリーズも見てました警部補・矢部謙三&TRICK関連


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.