このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
 家族モノ・ホームドラマ

おバカちゃん注意報 あらすじと感想 第77~80話 明かされた真実

おバカちゃん注意報-ありったけの愛のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: おバカちゃん注意報-ありったけの愛 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【おバカちゃん注意報~ありったけの愛~】も、ついにこの日がやってきましたついに真相が明らかになりました!!も~昨日どんなにしゃべりたかったことかヒョンソクよくやった~!!以下早速簡単なネタバレのあらすじです


まずはナリがすべてを思い出しました。ちょうど映画の撮影で、材木置き場で子どもたちが喧嘩をするシーンがあり、そこでドンウが、角材に刺さっていた釘で怪我をしたことから、あの日のすべてが蘇ったのです


クノオッパは殺してなかった!あの人はもう死んでいた!!


ナリがジュンスに電話をして、呆然と赤信号の交差点を歩き出したシーンが忘れられません。ちょうど向かい側でこれを見ていたジュンスが、身の危険も顧みずナリを助けに駆けつけてきます。ナリっ!そこを動くなっ!!危ないっ!!


幸いにもナリに外傷はなかったものの、問題なのは心の傷です。ジュンスのためには思い出したかった「ジュンスの無実」が、代わりに「ヒョンソクの罪」を明らかにすることになろうとは!?ナリが可哀想すぎて泣けました


困り果てたナリは口が利けなくなりました。そんなナリをただ見つめるしかないジュンスに、ちょっとだけ~腹立たしさを感じてしまったおばさんですが、ナリはそんなジュンスの気持ちも十二分に理解して、まるで包み込むようにジュンスを見つめます


思えば、この兄弟の中で最も苦労したのはナリだったかもしれませんよね。肉体的な苦労はジュンスが一番だったけど、精神的なそれは、

「自分の父が母と家族を辛い目に合わせた

と思い込み、その贖罪を心に秘めながらも、ずっと明るく前向きに生きてきたのですから


それに、ジュンスは~これはちとうがった見方かもしれんけど~ああすることが、自分にとっては一番楽だったのかもしれませんよね。ヒョンソクを庇ったのがジュンスの優しさから出た行為であることは疑いようのない事実だけれど、それと同時に

ヒョンソクに罪を追わせて自分だけ外でジンジュたちと生きる

よりは、自分がヒョンソクに代わって罪を償った方が楽に思えたのではないでしょうか。あの頃ヒョンソクもジンジュも、ジュンスを嫌っていましたから、もしヒョンソクが捕まっていたら、逆切れされたかもしれませんし


「あんな店でお祝いなんかしたからだ!あんたのせいでヒョンソクは殺人犯になってしまった!!


ま、これはあくまでもおばさんの妄想であって、ジュンスがその時そこまで計算したのではありませんけど~心のどこかで、二人を苦しめるよりは自分が苦しんだ方が気が楽だ、と思ったことは間違いないような気がします。


一方、ヒョンソクもまた、自分で真相に近づいていきました。あのアホ弁のイ弁がついに語るに落ちたため、ドヒが、ジュヨンの結婚の理由に疑問を持ち始め、それを聞かされたことがきっかけです。ジュヨンはヒョンソクさんを守るためにあいつとの結婚を決めたに違いない!


ヒョンソクも、ようやくチャ捜査官から当時の資料を引き出して、ギョンテが3度刺されたことを知り、ずっと抱き続けた罪悪感の原因に辿り着きます。兄はギョンテを3度も刺す暇は無かった!


その上ジュンスは、何度も供述を翻していたそうなのです。犯した罪の痕跡を残さぬよう、手あたり次第壊していたと言いながら、その一方で「凶器」には指紋をベッタリ残していたそうです。そう、ジュンスは、ギョンテの命を奪った角材から釘を(2本)抜き取っていたのです


まるで、自分が犯人である裏付けをするかのように、その証言を次々と変えていった


そしてついに「パンドラの箱」が開けられました。ナリの様子がおかしいことに気づいたヒョンソクは、医師に頼んでナリに催眠療法をかけてもらったのです。そこでナリはすべての真実を語ってしまいます。


また、どうしてもジュンスを皆に認めてもらいたい必死なドヒが、誰にも内緒でジュンスの再審請求ができないか、その手段を探ったところ、調査を依頼した弁護士から、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学で既に同じ依頼を受けていたことが判明します。(調べるところはまともだったな


ヒョンソクの「共犯」を理由にジュヨンが脅されたことを知ったドヒは、早速ヒョンソクにこれを知らせに行きました。再審請求ができることになったわ。ジュヨンはあなたを庇おうとしてイ弁との結婚を決めたの!!気づくの遅すぎやん(;´・ω・)


その頃既にギョンテを殺したのは自分だと悟っていたヒョンソクは、ジュヨンの判断は正しかったとうそぶきます。僕なんかよりあの男の方がマシだ


酔っぱらったジュヨンが、いつもの「習性」でついつい検察庁へ来てしまった時、ジュヨンの姿を見たヒョンソクが必死に駆けつけてきて、世にも卑怯なあの男だけはダメだ、他に金と権力を持った男を見つけてどうか幸せになってほしいと語っていたシーンがいまだに忘れられませんジュヨンとヒョンソクが可哀想すぎ


そのヒョンソクからすべてを明かされたジンジュもまた実に辛そうでしたね。あれほどひどい目に合わせたジュンスが、まさかこともあろうに弟を庇って自分の10年を捨てるなどとは、夢にも思わなかったようです。


どうしてそんなに馬鹿なの!!アタシ達なんかのために!!自分の人生を犠牲にするなんて!


ジュンスもまたようやく自分が犯した過ちに気づきました。当時の僕は、

「家族の手を放してはいけない

というオンマの言葉を正しく理解できなかった。僕はあの時、自分さえ手を放せば皆が幸せになれると思った。でも本当は、どんなに辛くてもヒョンソクの手を取って、一緒に耐えていこうと言うべきだった!そうそう、その通り!


ついに自首するヒョンソク。


ここは実に辛い所だけれど、この試練は予想の範囲内だったので致し方ありません。これでようやく皆、再スタートが切れるのですこれからが本番です('ω')ノ


と思いたいところなのに、今度はドヒが頂けません。ヒョンソクから真相を打ち明けられたドヒは、なんとジュンスを責めたてたのです


私にだけは本当のことを言ってほしかった!殺人者などではないって!!


ジュンスが「殺人者」であるゆえに、皆から結婚を反対されて孤軍奮闘していたドヒからすれば当然の主張なのでしょうが、でもやっぱりここは、もう少しジュンスの気持ちを理解してあげてほしいですよね


多分ドヒは、以前ジョンヨンが言っていたのと同様、

ジュンスにとって最も大切なのは家族、恋人は二の次、彼は私の信頼を裏切った!

と感じてしまったのでしょうが、おばさんはそうではないと思います。もしかしたらジュンスにとって、いつしか家族よりも大切になってしまったドヒに、ジュンスはどんなに真実を告げたかったかしれやしません。でももしそこで一言でも

「自分は罪を犯していない。ヒョンソクを庇っただけだ」

と発してしまったら、まさになだれうつように、

過去を清算して皆から認められたい

と願ってしまうに違いない、と、そんな自分の心が怖くて必死で自制していたのではないでしょうか


ドヒは、自分を説得してほしかった、と言ったけれど、そう簡単に説得できるような子じゃありませんものね。だって、あの漫画の時も、そして今回の再審請求の時も、一切ジュンスに相談せずにひとりでことを進めてしまったのはドヒ自身ではありませぬか


まあそれもこれも「恋する女」のなせる業でしょうが、何せおばさんは

ドヒよりもジュンス&コン弟妹が大切

なので、ジュンスを庇わずにはいられませんドヒ、ひどすぎ~勝手過ぎ(`・ω・´)。それに、

「病める時も健やかなる時も信じ合い支え合う

という結婚の誓いは、こうして相手を信じられなくなった時にこそその真価が問われるのではありませんか?


こうしてみるとドヒも会長にそっくりですね~そういう「自分の価値観が絶対」と心から信じて疑わないところ


でもこれで「おバカちゃん注意報」も残すところあと11話~2週間ちょっとですね。個人的に、最近はジュンスとドヒの恋愛事情にはもはやほとんど興味が無くて、コン家の絆および、

ジュヨンとヒョンソク

に焦点を絞って見てきたので、今後もそちらの方が気になります。これでジュヨンがイ弁と別れられたらひとまずは万々歳でござる。あ、マンドルとジョンジャのその後も大いに気になっていますよ~。来週の放送も楽しみですおバカちゃん注意報もいよいよ終盤!


おバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX Iおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IIIおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX IVおバカちゃん注意報 ~ ありったけの愛 ~ DVD BOX V

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおバカちゃん注意報~ありったけの愛~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

待ってました(^o^)
語り尽くせない展開の今週。感想待ってました~‼
私も同じくコン兄弟&ヒョンソク・ジュヨン派なのでドヒへの感想も辛口になってしまいます。
あの時のジュンスの選択は間違ってますが力のない兄弟が権力のある被害者お父さんに負けそうだった。という理由が仕方なく思えます。だからドヒには「辛かったね」と優しく労ってあげて欲しかった。ジュンスの前科を知ったジュヨンはジュンスにお礼をいう優しさを持っています。ジュヨンなら有り得ますがドヒは真実を知って黙っている人には見えません。
今週はコン兄弟&ジュヨンが辛すぎますがヒョンソクの罪を知ったジュヨンが気になりますね。
またもっともな感想待ってます。
お待たせいたしました(笑
yuchiさん、こんにちは♪

これが最後の試練か、とは思いつつも、
やはりちと腹立たしく思えてしまいますよね。

やはり~60話ぐらいでまとめればよかったのではないでしょうか(;´・ω・)。

でもあともう少しですので、
楽しいとこどりでガンバローと思います。

今のところヒョンソクは難しいでしょうが、
ジュヨンには少しでも元気になってほしいですね~v-22。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング