2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

主君の太陽のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 主君の太陽 あらすじと感想一覧 全20話


ソ・ジソプさん&コン・ヒョジンさん主演の【主君の太陽】の11話は「チャ・ヒジュの秘密」です。これまたなんだかとてつもない秘密が隠されていそうで、実にワクワクしますね~。以下簡単なネタバレのあらすじです主君の太陽のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずキングダムでは、ゴンシルはすっかり

「社長に言い寄って振られた女

のレッテルが張られてしまいました。ゴンシルも敢えてこれを否定せず、

「Loser(負け犬)」

のTシャツまで着ちゃってます


その後、ゴンシルは久しぶりに同窓会に出席しました。そこで皆がジュンウォンとの恋について聞きたがったため、ゴンシルは、これまでの一部始終をかいつまんで話しだします


雨の日に車に乗せてもらったこと、キングダムの社長と知って会いたくて訪ねていったこと、逃がすまいとしてバイトも始めて追いかけたこと


寂しいといったら私を気にかけはじめ、辛い時は側にいて力になってくれた。ホテルのプールを借りて貸切にしたこともあるわ懐かしい映像が蘇る♪


この話ぶりから、ゴンシルが昔は「大きな太陽(ク・テヤン)と呼ばれて人気者だったということが偲ばれますね。その一方で、

「結末はどうなったの?結末が大事でしょ??

と、先にふたりは別れたと確認済みのテリョンが「小さな太陽(たぶん~チャグ・テヤン~違ってたらごめんなさい)と呼ばれていた訳も大いに納得してしまいますよね。まったく、このビッチめっ!!


でもゴンシルはちっとも悪びれず、社長は財閥の娘と結婚する、でも私も離れられないからしがみついている、と茶化します。これでおばさんはますますゴンシルが好きになってしまいました。友だちになるなら、絶対テリョンじゃなくてゴンシルですよね~


「恥知らずと思われてもイイ。私にとって彼は、たった一人しかいない特別な存在だから大切な人だから


そう言ってほほ笑んだ後、うつむいて泣き出したゴンシルを可哀想なゴンシル、キム室長の策略で()同じレストランで食事をしていたジュンウォンが放っておけるはずもありません


ジュンウォンはゴンシルの後ろにすくっと立ってその髪を撫で、その手を肩に置いたまま、それは僕の話だと切り出しました


テ・ゴンシル、お前のために破談にしてきた。責任を取れ


実はジュンウォン、この少し前に、例の白磁の壺を割っていました。それもこれも「高貴な儒学者様」の幽霊に取りつかれたソンナンが、すっかりソクチョルを軽蔑してしまったため、ゴンシルの忠告を思い出したソクチョルが、ジュンウォンに相談してきたからです


「これを割れば、責任を取らせる良い口実ができる!


~実際は「期限付きビジネス婚約」だったので1週間で「破断」にするのは決定事項だったのですが


ベッドに寝ている自分の上に夜な夜な座り込んでいた怪物の姿に驚いたソンナンはその後すっかり元に戻り、ソクチョルの唇がセクシーだったことも思い出したようです。そっか~長年連れ添った亭主がうっとうしく思えるのは、案外「幽霊」のせいなのかもしれませんね


と、それはさておき、こうして準備万端整えていたジュンウォンはついにゴンシルに愛を告白いたしました。


お前に特別な感情は無いのか?それなら安心して告白しよう~俺はお前を愛しているようだ


ついに言った!(≧▽≦)

この理屈がいかにもこのドラマらしいですね~。ジュンウォンは、自分はゴンシルを好きになったけれど、ゴンシルが自分を好きになるのは「怖い」。今後も自分は、ゴンシルにとってはあくまで

「必要が無くなったらいつでも離れるシェルター」

でなければならないというのです


つまりは「俺はお前が好きだけど、お前は好きになるなということかとゴンシルがその意図を理解しようとしていた最中に、後ろからどうやら幽霊が寄ってきていたようなのには大笑いです。ゴンシルも、今とっても大切な話の最中だからうるさい、後にしてくれと、怖がるどころじゃないのが楽しいですね~


全てを心得たジュンウォンがここでゴンシルを抱きしめて、その気持ちを告白しましたお前が好きだ~♪


離れている間会いたかった。電話を待つ自分が惨めで電源を切っていた。


そうそう、そういえば分かりやすいですよね。でも、ゴンシルは

「好きになるな」

と言われたために、大いに戸惑ってしまうのです。私はいったいどうすればいいの?


「こういうことにひたすら耐えろ!」

とは何ともひどい話でござる。ゴンシル、そんな無理は聞かなくていいぞ~、さっさと押し倒しちゃえ~っ!!テヤン、負けるな~(^^)/


が、よくよく考えてみれば、単なるシェルター、しかも「範囲限定」だったものが、今度は、たとえ一方通行であれ「恋人同士になれるのは、決して悪い話ではありません。ジュンウォンは、どこにでも好きな場所に連れていくと約束し、ゴンシルは、これまで決して望めなかった「夜のデート」もできると大喜びです


でも結局連れていかれたのは、ジャイアントモールの会長=イ・ヨンジェ(イ・ジェヨン)の葬儀でした。まったく~何が「高級感のある黒い洋服」を買おうですか


そこでゴンシルは、ヨンジェの幽霊をいち早く見つけてその願いを聞かされますが、ジュンウォンはどうやら関わりたくない様子です。ヨンジェの願いは、別荘にある、生涯愛した女性=愛人の物を息子に見つからないうちに片付けてほしいということでしたが、その息子というのがイ・ジョンヒョクさんだったので、それだけでは終わりそうにありません


その息子=イ社長にゴンシルが興味を持ったのが面白くないジュンウォンが、会長の別荘より自分の別荘に行って楽しもうと誘うのがまた楽しかった~主君の太陽が楽しすぎ♪。ゴンシル、チャンスだ、ジュンウォンを襲えっ!!


仕方なく諦めたゴンシルが、葬儀場だから早く離れないと霊がついてくるかもしれないと言うと、ジュンウォンが人差し指でそっとゴンシルの肩(胸寄りに触れて「魔除け」をしてくれたのも嬉しかったですね


ここでまた例の「オオカミとやぎ」の話がでてきたので気になって調べてみたら、日本人(木村裕一氏)が描いた絵本=「あらしのよるに」を指しているそうです。内容はネタバレになるといけないので黙っていますね~。興味のある方はご自分で読んでみてくださいませ



一方、副題にもあったヒジュですが、ジュンウォンの父親曰く、ヒジュはどうやら生きているのではないかという話のようでした。彼はイギリスで撮影されたというヒジュにそっくりな女性の写真を見つけ、一緒に映っていたマリアから、話を聞いてきたようなのです。それによると、その女性は昔ジュンウォンが訪れた国に、同じ年数だけ滞在していたことが分かったそうです。


その女はずっとジュンウォンの後を追っていた。ヒジュは生きているに違いない!


そして今その女性は、やはりジュンウォンの後を追って韓国に来ているそうです。それが今、ソンナン夫婦と同じマンションに住む謎の女性(ファン・ソニ)なのかな~でも顔が全く違うんですが


でもその女性の側にいる「幽霊」は間違いなくヒジュのようでしたね。いったいこの辺はどうなっているのか~韓ドラミステリーを真剣に考えるのは時間の無駄であることがほとんどなので(よく言えば奇想天外、悪く言うとセオリーゼロ)、成り行きを静観したいと思います


主君の太陽」は続きもとっても楽しみですね主君の太陽が楽しみ~('ω')ノ


主君の太陽が面白い(*^^)v
OSTはも~大のお気に入り

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.