このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

戦う!書店ガール
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

戦う!書店ガール あらすじと感想 第2話 濱田マリさんがイイ味だしてますね~♪

稲森いずみさん&渡辺麻友さんダブル主演の【戦う!書店ガール】は2話目もまずまず面白かったですね~。個人的には、あそこまで亜紀=アラフォー女性を痛々しく描かなくても良い気はしましたけれど、その亜紀を見守る周囲の目がなかなか優しいのは気に入りました。特に濱田マリさん演じる志保がまた実にいいな~。以下早速ネタバレですkaeru


まず、前回理子が振られた柴田の相手は、やはり、亜紀ではありませんでした。悶々と悩んだ挙句、最後には亜紀を問い詰めた理子に対し、亜紀はにべもなく、キッパリこう言い放ちます


まったくタイプじゃありませんっ!!


でも、そこにいたるまでの理子の勘違いがまた実に痛々しくて見てられませんでした


亜紀と二股をかけられていたと思い込んで理子は、職場でも亜紀に対してぎこちなくなりますが、それでも何とか理性で怒りを抑えています。志保に愚痴を聞いてもらっただけでは足りず、他の友人たちにも久しぶりに連絡して食事に誘うものの、何せ年齢が年齢だけに、皆嫁に行ってしまい、子どもと亭主の世話で忙しく、相手になってもらえません。三田が理子を心配して相手を申し出ても、さすがにこれは断ります~あなたのお相手には若い子がなるべきよ


仕方なく(初めての?)「独りカラオケ」を決行した理子でしたが、そこで昔柴田と歌ったらしい「ロンリーチャップリン」の曲名が目に入ったため、ひとりで、しかも泣きながら、これを熱唱してしまいます。その上この姿を、若い同僚たちに見られてしまうのです


「どうしたんだろう、理子さん。泣いてたよ


気を使った彼らがこっそり他の部屋でカラオケを楽しんだ後、焼き肉屋に行ったら、そこでもまた理子が「独り焼肉」をしていたため、店に入れなくなってしまった彼らの心遣いが泣けましたね~。決して意地悪を言うんじゃなくて、いつも明るく振る舞っている先輩も、色々ストレスが溜まってるんだろうな~的なやさしさが感じられました


が、そんな理子にも新しい出会いが待っていました。前回理子が、行きつけの沖縄料理店「わらゆん」で食事を横取りしてしまった男性は、理子同様書房に勤める田代敏之(田辺誠一)と言い、理子がプロポーズされなかったと察した田代は、早速理子にデートを申し込んできたのです


「間口は広く、分母は大きく行こう!kaeru4


アラフォー女性に迷っている暇などないと檄を飛ばす志保が何とも楽しくて頼もしいですね


「わらゆん」の店主(マキタスポーツ)も勧めてくれて、理子もまんざらでもなさそうだったのに、ここで思わぬ悲劇が理子に襲い掛かります。次の恋に踏み出すにしても、柴田本人からハッキリ「相手」の名前を聞きたいと覚悟を決めた理子は、電話もメールも拒否している柴田の家の前で待ち伏せをしたのです。


あなたが付き合っている女性は誰なの?


でもその頃柴田は、アラフォー女性を振ったが故に殺された男の話を聞かされたばかりだったため、理子が自分を殺そうとしていると勘ちがいし、大慌てで逃げ出した上に、追いかけてきた理子を突き飛ばしてしまいますboxer8


これで右手を汚してしまった理子が、ひとりトボトボと家に帰り、どうやら二人暮らしらしい年老いた父親の達人(井上順)にはもちろん何も言うことができず、ひとりで部屋に入って、ひとりでその怪我の手当てをしながら、泣き声が聞こえないよう声を殺して泣いていた姿が、何とも気の毒でなりませんでした。これで理子の心身はまさに限界に達してしまったようです。


そんな状態で出かけた亜紀の歓迎会ですから、荒れぬ訳がありません。先に志保と一緒に一杯(数杯?)ひっかけてから出かけたわらゆんで、理子はついに亜紀の悪口を言ってしまいました。これを亜紀が聞かないはずがありませんよね~


副店長が私をそんな風に見ていたなんて!!


で、ここで冒頭に戻る訳です。私は柴田さんと付き合ってなどいません!!って。


ショックを受けた理子はへなへなと倒れ込んでしまいます。その時には既にかなりの高熱があったようです。


その後、理子の熱に自分のオデコで触れて気づいた三田が理子を家に送っていくのですけれど、その光景を見た亜紀が今度は理子に嫉妬していく~という運びになっていくようです。


また翌日理子は休みだったらしいのですけど、ずっと寝ていたばっかりに、田代との約束の時間を1時間も寝過ごしてしまいます。大変っ!!


急いで駆けつけた約束の場所~到着した時には田代はまだ待っていてくれたのですが、理子が信号待ちをしている間に、諦めて立ち去ってしまいます。理子はそんな田代を一生懸命追いかけたため、再び熱がぶり返してしまったようで。。。


これまた何とも気の毒この上ない展開でしたね~。でもまあ、約束とは言っても、理子は行くと確約はしていませんでしたし、お節介で優しい志保もいることですから、同業者ですし、今後もまたチャンスは巡ってくることでしょう


一方の三田も案の定、交際を申し込んできた亜紀を断っていたようですね。俺には好きな人がいる。


この三田が昔亜紀に語って聞かせたらしい話もなかなかでした。出来上がったばかりの本は単なる紙の塊でただの印刷物だけど、人から関心を持たれたり、読まれたりして初めて「本」になるんじゃないか、って


戦う!書店ガール」は続きもとっても楽しみですねkaeru3


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は戦う!書店ガールのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
こんさん♪
お久しぶりです。

『戦う!書店ガール』は1話でやめてしまった私ですが、気になるところだけをチェックしに参りました(^_^;)

こんさんが興奮して書いている様子が浮かびます・・・!(^^)!
なぜわかるのかって!?
フフフ・・・理子と亜紀がなにやら混在しているようですよ(^_^;)

ダウントンは次回がお休みでガックリのほりママでした<(_ _)>
実はもう1つ理由が(;´・ω・)
ほりママさん、こんにちは♪

別に興奮していた訳じゃなくて、
根っからそそっかしいだけです(爆。

でもですね~これにはもう1つ理由があるんですよ。
火曜に見ているもう1本のドラマの主人公が「希子」なんです。

「亜紀(あき)、理子(りこ)、希子(きこ)」

では絶対やらかすと思ってました~自分でも「やっぱり」です( *´艸`)。

ご指摘いただき、ありがとうございました(^^)/。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング