2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

マザー・ゲーム~彼女たちの階級~】は2話目もなかなか面白かったですね。今回最も注目したのは最初のシーンだったでしょうか


どうやら毎回?登場するらしい墨川区役所の職員(田中直樹)に希子がこう言っていた場面です


今年は、あのバックトゥーザフューチャーがタイムスリップした2015年なんですよ!!


おぉ~ついにSFで描かれた「未来」に自分も生きているのか、と思うとなかなか感慨深かったのですが、さらに考えさせられたのは、その後の希子のこのセリフでした


(未来は進化して然るべきなのに)どうして保育園がこんなに少ないのっ!?


いやいやまさにおっしゃる通りでございます。漠然と、未来は良くなるものと考えているのは大間違いですね~。未来を良くしていくのは今、現在生きている我々の責任です。つまり、あの映画を見ていた世代が、今のこの世の中を作ったのですからね


これは何とも耳の痛い話でございました。でもだからこそ、間違いなくその一人だったはずの奈良岡園長もまた、現状を改善しようとして呼んだのが、希子と陽斗親子なのです


今回もまた1話同様、相変わらず低レベルな苛めが横行していました。鞠絵から「あなたの負けよとダメだしされた聡子はますます希子に怒りを燃やし、あろうことか「退園嘆願書」まで提出してきますが、誰よりも陽斗本人が幼稚園を気に入っているため、希子は泣く泣く、自分が努力する、と約束してしまいます


影でこそこそいじめをする人間の、いったいどこに「品格」があるというのでしょうか


一方で、このしずく幼稚園にはもう一組、苛めのターゲットになっている親子がいました。みどりはつい最近まで一線でバリバリ働いていたらしく、当然、娘の梨花は保育園に預けられていたのだそうです。


何かにつけて「保育園出身者はがさつだ」と非難されているみどり親子に親近感を覚える希子。町でたまたまみどりの夫の修平からパーティーに誘われて、そこでみどりがどんなに苦労しているかを目の当たりにしたから尚更です


それでも頑なな態度を崩さないみどりに対し、前回、

「あなたの作ったバターご飯、美味しかったわ

と、希子を皆の前で評価してくれた鞠絵は、それからもずっと希子に好意を示してくれます。由紀は信用しないほうがいいと忠告し、おばさんもまだ少し不安ではありますが、これが本心だと嬉しいですよね~これほど心強いことはありませんから


現に鞠絵は、遠足に行く「足」のない希子に、自分が送ると申し出てくれました。出かけた先でも、希子の作った

「見た目は真っ白で、中身の分からないビックリおにぎり」

をおいしそうに食べてくれます。希子はこうしたおにぎりで、陽斗の好き嫌いを無くそうとしているようです


が、母の作戦~陽斗はピーマン嫌い~を陽斗が鋭く見抜いてこれを避けたのを見た鞠絵は、こともあろうに、賢い陽斗にはお受験させるべきだとまで言いだしました。これがまた皆の嫉妬を買ってしまうのは、果たして鞠絵の意図するところだったのでしょうか


でもその後、何かと沈みがちな母に笑ってもらいたいと考えた梨花が「泥団子」を作ってきた時の鞠絵は、嘘をついているようには見えませんでしたよね。集合時間に遅れた上に、泥だらけになって現れた梨花を、理由も聞かずに叱り飛ばしたみどりに対し、鞠絵は優しく、泥だらけの梨花を抱きしめたのです


お母さんは苦しんでいる。でもそれもあなたを大切に思っているからよ


梨花は保育園時代、みどりが泥団子を見て喜んでくれたことを思いだしただけなのだそうです。夫からまで責められて逆上したみどりが、子どもなんて産まずにあのまま働いていれば良かった!と叫んだのを、梨花は聞いていたのですね


「子どもを泣かせる暗黙のルールなんてくそくらえっ!!マザーゲームのあらすじです


希子の啖呵も相変わらず痛快でございました。本当に、あれでは「幼稚園」が何のために存在しているのか分かりませんね。親がつまらん見栄を張るための社交場でございましょうか


そこで自分も精一杯見栄を張るために、どうやらパチンコで資金稼ぎをしているらしい由紀も気の毒すぎです。ママ友同士で食事をした際は、自分がカードで払うと申し出て、皆から現金を手に入れるという姑息な手段をとっているのには驚きました。それもすべて「親子セットで3万円のミュージカル」の代金に消えてしまうようでしたが。確かにお得な値段ですけどね


唯一の救いは、あいかわらずの「事なかれ主義を見せながらも、信之助が希子親子を心配していたらしいことでしょうか。おばさんにはまったくそうは見えなかったけど、陽斗がそういうんだからそうなのでしょうな


また前回のラストに登場した「お空のパパ」は、とっくに希子から離婚されていたようです。どうやらこちらもコックらしい秀徳は、希子の貯金を盗んで海外に修行に行ってしまったようなのです。そんなんじゃあ、離婚されても当然ですわね


希子が例の謎の男の勧めを考慮して「ワンコイン弁当」の開発に四苦八苦しているのも楽しみですね~。でも鞠絵の病気がどうやら深刻そうなのは心配でござるが


マザー・ゲーム」は続きもとっても楽しみですねマザー・ゲームもなかなかです(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.