2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

主君の太陽のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 主君の太陽 あらすじと感想一覧 全20話


ソ・ジソプさん&コン・ヒョジンさん主演の【主君の太陽】の13話は「ヒジュとハンナ」です。どうやらあの女が「ハンナ」のようですね~。以下簡単なネタバレのあらすじです主君の太陽のあらすじ行きますよ~(^^)/


昨日に引き続くサービスショットのその後はジュンウォンの可愛らしさが際立ちました。ずっと正気でいたためいかにも気まずそうなゴンシルに、ジュンウォンは初デートはお前の家だと告げて中に入りこんだ後、幽霊たちと同じように、自分もまた招待してほしいと頼み込みますジュンウォン、可愛いな~( *´艸`)


ベッドにどっかり座り込む前に、めざとくゴンシルの下着を見つけた時の反応もまた笑えましたね~。緑のパンティをつまんで捨てたあの仕草などは、女性慣れしているようにも思えましたが


ゴンシルが、自分も「身の危険を感じるから帰ってくれと言い渡すと、ジュンウォンはそんなつもりはないと答えます。あれは「幽霊退治」をしただけだ


そこでのゴンシルのツッコミがまた厳しくも楽しかった~


だったら、あんなこと()をしなくても、指で触るだけで良かったはずだ。何なら殴ってくれてもよかったのに


それを断るプライドさえ自分にはない(幽霊が怖いから)とうつむいたゴンシルに、ジュンウォンもまた本音がポロリとこぼれます。俺も同じだ。気持ちを抑えることができず、プライドが傷つく。俺も怖い。でもそれでも来たんだ。追い出すな


まさに、キム室長の指摘通り、

「心をわしづかみにされた

のは、パンデシ間違いなさそうです


その後根負けしたゴンシルが「苦いコーヒー」を振る舞い、手持無沙汰なジュンウォンは、室内、しかも冷蔵庫を物色し始めました。そこにビールが入っていたのを見て、

「ダメじゃないか!

と注意すると、ゴンシルが、それはカン・ウの物だと答えます。屋上に来た時に飲むように、そこにキープしているのだそうです。ちなみにそんな時ゴンシルは、側でサイダーを飲むのだとか


こ~れに怒ったジュンウォンは、とりあえず、ビールの缶を思いっきり振って中に入れておきました。でもそれでも気持ちは収まらず、後日、自分のビールをごっそり持ち込んで、カン・ウの場所を横取りします


というのも、この後ウからゴンシルに、雨が降るらしいから布団を取りこんでおいてほしいとのメールが来たからなのです。文字が読めぬばかりに内容が分からなかったジュンウォンは、以前にも登場した、アパートに住む幼い兄弟を呼び出して、自分の名刺を与え、好きな物を買っていいから、と、代わりにメールを読んでもらいました


その時、いつもの「ゴミ捨て」を一緒にやりましょう~のくだりを「愛してます(サランヘヨ)と読み違えてしまった時のジュンウォンの顔がまた実に笑えましたね~主君、激怒(^^)/。本当は「手伝います(チョランヘヨ)だったそうですよん。


布団を取りこんで戻ってきたら、ジュンウォンから早速嫌みを言われたゴンシルは、ジュンウォンがメールを読んだことに驚きます。読めたんですか?


またここでゴンシルは、どうしたらジュンウォンが安心できるかを考えた、と切り出しました。オオカミは決してヤギを食べない、必ず守る、と約束した、私も必ず社長を守る、と約束します。だから安心してください襲ったりしませんから


そう言いながらも、雨が降ったら水場の幽霊が出るのにといつも以上に怯えていたゴンシルを、ジュンウォンがシッカリ心得ていて、帰らずに手を握ってくれていたのも嬉しかったですね~チュグン、優しい~♪。ワニの枕に頭を乗せて寝ていたゴンシルの、安らかで幸せそうな顔ったら朝までぐっすり眠りました


怖くて字も読めないのに、私まで怖がらせちゃ(=好きになっちゃ)ダメよね耐えなくちゃ


思いは千々に乱れながらも、ゴンシルはまた自分の使命を果たしていきます。今度はひき逃げされた上にその遺体を隠されてしまった子供=ウジンの幽霊を見つけたようです。我が子が死んだとも知らず、その行方を必死で捜している母親が、何とも気の毒でございました


が、ゴンリやジュンウォンは、母親に真相は話すなと言います。真相を知ったら「希望」が無くなるからというのです。


でも、ひき逃げ犯がのうのうと、しかも親切ごかしに母親に接近し、何か疑ってはいないかと探りを入れているのは許せませんよね。ウジンがまた、この犯人にすっかり怯えて、ゴンシルにも真相が分からないのがもどかしい限りです


そのウジンを何とか慰めようとして、おじさん3人(ジュンウォン、キム室長、カン・ウ)が、3匹のクマの歌を歌ったシーンもまた実に楽しかった。いつも「おバカちゃん注意報」でアレンジ版を聞いていましたが、あれがオリジナルなのですね~。ジュンウォンが「メロディ」を付けていなかったのは~やはり~オンチだからでしょうか?


また今回はついにジュンウォンが、あの写真を確認しました。これまで迂闊にも気づかなかったのですが、あの写真もまた大分前の物なのですね。で、あそこに映っていた「ヒジュが成長して、ジュンウォンの顔が変わったのと同様、今の顔=ハンナになったということなのでしょう。だからきっと、

ヒジュとハンナは双子

ということで多分間違いないのでしょうね。ヒジュは共犯で姉妹のハンナを庇い、ハンナは、ヒジュを死に追いやったジュンウォンをずっと追い続けてきた、と


またジュンウォンは、その写真のハガキの差出人が「ウォーグレイヴ」とあったことから、「本が読めなくなったトラウマ」となった原因~犯人から無理矢理読まされた小説の最後の1冊が、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」だったことを思い出しました


~ジュンウォンが言っていたようにウォーグレイヴは確かにこのミステリーの犯人なんですが、ここで敢えて「ウォーグレイヴ」を使ってきたのは意味があるんかな~と思わせぶりですみません。もしそうだったら、最後にちゃんとネタ明かしをしますね


と、いつもメインで手いっぱいで、イリョンのエピソードはついついおざなりになってしまいますが、心の中ではいつも、ウとカップルになれるよう応援しています。ジュンウォンとの交際宣言をしたのも、ウを守るためだったなんて、可愛いとこありますね~クロヒゲクジラ


でも「黒ヒゲクジラ」なんて、ついぞ聞いたことが無いんですがヒゲクジラ科のシロナガスクジラならわかりますけど、それも「白」ですよ~黒は「ミンククジラ」です


と、ついつい話が野暮になってきたところで、今日はこれぐらいにしておきまする


あ、でももう1つ、ゴンシルが事故に遭った際、3年間もこん睡状態だったという話をいつも書き忘れてしまうのですけど、これにも何か意味があるのでしょうかね~気になります


主君の太陽」は続きもとっても楽しみですね主君の太陽が面白い(^^)/


主君の太陽が面白い(*^^)v
OSTはも~大のお気に入り

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 4

There are no comments yet.
いっこ  
No title

はじめまして。
 最近韓国ドラマをよく見るようになりました。録画をしてまで見ることはなかったので、見逃した回はこちらであらすじを確認させていただいてました。感謝しています。
 そんな中「主君の太陽」にはまってしまい、録画してまで観ています。ジュンウォンとゴンシルのやりとりをにやにやしながら毎日楽しみに観ています。身近に共有してもらえる人がいないので、韓ドラおばさん(こう呼んでもいいのかしら)の感想を読みながら「そうそう」とうなずいているわたしです。
 これからもブログ楽しみにしています。

2015/04/23 (Thu) 23:56 | EDIT | REPLY |   
いっこさんへ  
「こん」とお呼び下さいませ^^

いっこさん、はじめまして^^。

管理人の「こん」と申します。
この度はご丁寧なコメントをお寄せくださいましてありがとうございました。

主君の太陽は本当に楽しくて素敵なドラマですよね~。
私も大好きです(^^)/。

続きもとっても楽しみですね~( *´艸`)。こん

2015/04/24 (Fri) 09:29 | EDIT | REPLY |   
いっこ  
ごめんなさい

こんさん
あらぁ。大変失礼いました。
ちゃんとお名前書かれていたのに。
勝手に呼んでしまっていました。
今後ともよろしくおねがいします。

2015/04/24 (Fri) 17:50 | EDIT | REPLY |   
いっこさんへ  
いえいえ~問題ないですよ

いっこさん、ご丁寧にありがとうございます。

「韓ドラおばさん」で宣伝?しているのは自分なので
一向にかまいませんですよ~。

でも、面と向かって(笑)呼ばれるときは、
一応「こん」でお願いしておりまする(^_-)。

こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。こん

2015/04/25 (Sat) 09:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.