2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

山下智久さん主演、野島伸司さん脚本の【アルジャーノンに花束を】は3話もまた感動的なエピソードでございました「アルジャーノンに花束を」のあらすじ行きますよ~(^^)/。特に印象的だったのは、梨央が咲人の美点を鋭く言い当てていたシーンです


咲人さんは、周りの空気が不穏だと感じるとすぐにその場を和ませようとする


これを康介は、子どもが両親の不仲を敏感に感じ取るのと同じだ~と解釈していました。つまりこれは本来、人間ならだれもが持っていた美徳なのです


その一方で、誰もが成長とともに失ってしまいがちなこの「温かい心を失うことなく維持していることが、実はどんなに素晴らしいことなのか、そんな咲人の素晴らしさを梨央に分かってもらえたのが、なんだか自分の事のように嬉しかったおばさんでした咲人が可愛くて仕方ない( *´艸`)。以下、簡単なネタバレのあらすじです「アルジャーノンに花束を」のネタバレです♪


被験者候補として蜂須賀の目に留まった咲人でしたが、そこですんなり臨床試験の許可が下りたわけではありませんでした。遥香は、咲人のみならず(大金を渡して)窓花からの合意書も取り付けたようなのですが、蜂須賀はまだ何かが気に入らないようです


ロールシャッハテストで明らかになった「想像性の欠如」だけでなく、咲人に「人間らしい感情=情動」があるかどうかが知りたいようです。それと「欲望」も。


ずっと咲人を見てきた側からすれば、咲人には十分「人間らしい感情」があることは分かっていましたから、ここは遥香同様ヤキモキさせられてしまいました。が、遥香が力説したのは

「何事も諦めない粘り強さ」

だったため、今一つ説得力がありません。咲人は「感情」がないんじゃなくて、感情を表す術を知らないだけですのに。


また「欲望」についても、仲間たちとの会話を通じて明らかにされていきます。よくある男性同士の会話には、咲人も時々混ざてもらっているようでした。具体的な行為は分からなくても、女性や母の象徴である「おっぱい」には興味を示していたようです


今回咲人は研究所で、アルジャーノンが「お嫁さん」をもらうという話を聞かされました。「お嫁さん」が理解できなかった咲人に小久保が

「世界で一番好きな女の子だ」

と説明すると、咲人もようやく納得します


そして咲人にもそんな女の子ができました。その相手がなんと遥香だったのです


咲人はある日、蜂須賀に誘われて、遥香と3人で食事をすることになりました。そこで咲人は蜂須賀に

「お嫁さん」はいるか?

と尋ねます。妻とは別居(離婚?)していた蜂須賀は言葉を濁しておりましたが、シツコク食い下がる咲人の様子に、蜂須賀はそれが咲人の

「嫉妬」

だと見抜いたようです。その証に咲人は遥香に、

「先生にはお嫁さんがいるから(好きになっちゃ)ダメ」

と言っていました。蜂須賀には、咲人が遥香を好きなことが分かったのですね。


これで蜂須賀は咲人に手術を施すよう決定を下しました。嫉妬こそ最も人間らしい感情だと確信していたからのようです。


一方、咲人が「おりこうになる手術」を受けると聞いて驚いたのは康介と隆一です。特に康介は、

「おまえは今のままでいい!

と何とか咲人を思いとどまらせようとしましたが、咲人は

「おりこうになってみんなと対等になりたいそのために手術を受けるんだ

との一点張りです。これを聞いた隆一は自分が余計なことを言ったからだと反省しますが、社長はそれも咲人の願いなのだからととりなしました。咲人にも自分の人生を選ぶ権利がある


また今回咲人たち3人は、梨央に誘われてその親友・小出舞(大政絢)とともに梨央の葉山の別荘を訪れました。そこでなら、咲人が迷子になる心配もないからです。


咲人さんのように、今を楽しく生きているのはスゴイこと


なんと梨央は脳が委縮するという重い疾患を抱えており、このまま放置していたら植物状態になってしまうそうなのです。父親で興帝メディカル産業社長の河口玲二(中原丈雄)は、梨央を救うための

「人体実験」

をさせたくて、蜂須賀にプレッシャーをかけていたのですね


蜂須賀が研究に没頭するのは、自分に語ってくれた高邁な理想のためではなく、スポンサーの金が欲しかったからなのか~すっかり絶望した遥香は、手術の際には側にいるという咲人との約束を破って、研究所を後にしました。


すると咲人も「遥香がいなければ手術はしない!」と言い張って、手術室から裸足で逃げ出してしまいます


私は、あの子の母親同様、あの子を裏切って捨てた。だからもうあの子は私の下へは来ない


そう言った遥香の予想に反して、咲人は再び遥香のアパートにやってきました。確かに約束を破ったのは腹立たしいことだけれど、咲人にとって大事なのは、あくまでも

「世界で一番好きな女の子の遥香

であって、その遥香が約束を破るには、それ相応の「大人の色々」があったにちがいないと、咲人は咲人なりに遥香を思いやっていたようなのがまた実に素晴らしかったですよね。蜂須賀に裏切られて悲しそうだった遥香を、

「だっこ」

して慰める咲人が誇らしかったなあ自分の感情より他人を思いやる心が優先している


最も人間らしい感情は「嫉妬」ではなくて、人間が他の動物より秀でている感情=(他者への)「愛情」や「思いやり」ではないでしょうかね。咲人は手術をしなくても、遥香を愛することで、少しずつ進歩しているように思えるのはおばさんだけではないことでしょうに。現に咲人は、最初はただの「インクの染み」にしか見えなかったあのテストで、

「これは遥香。遥香は世界で一番好きな女の子」

「想像」するまでに成長したのですから


とはいうものの、やはり手術は行われてしまいました。来週はその「成果」が明かされていくようです。


今後咲人がどう変わっていくのか、ますます目が離せなくなりそうです。「アルジャーノンに花束を」は続きもとっても楽しみですねアルジャーノンに花束をが面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.