2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ジャイアントのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ジャイアント~あらすじ&レビュー一覧


おばさんがこの韓国ドラマ、【ジャイアント】を見ていたのはもう3年前の事です。毎日うるさく語りに語ってジャイアント最終回のあらすじ行きますよ~( *´艸`)、ようやく今日が最終回だというその日に、強風のため辺り一帯が停電となってしまい、まさに臍を噛む思いでその半日を過ごしたことは今でも忘れられません


それが今回ようやく念願かなって~他局&字幕版ではありましたが、再放送を見ることができました。連休を挟んで遅くなってしまいましたけれど、本当に遅まきながら~ではありまするが、ついに念願の「最終回」のあらすじをあっさり語らせていただこうと思います。当時もご親切な皆々様から詳しく内容を教えていただきましたけれど、やはり自分の目で見るとその感慨もひとしおでございましたようやく見られた( `ー´)ノ


まずは、2度目の視聴で最も気になっていたソンモのその後から参りまする。


頭に銃弾が残っていたにもかかわらず、その位置が悪すぎて手術ができなかったソンモは、まるで幼子のようになっておりました誰よりも賢く頼もしかったソンモのそんな姿は、見るだに涙を誘いましたが、最も感動的だったのは、そんなソンモが、

世界で最も愛しい弟のガンモ、そして妹のミジュ

の姿はきちんと認識できていたらしいことです。あの細っこい目に一瞬「正気が宿ったシーンには、大いに泣かされてしまいましたソンモだけが残念でした


防弾チョッキの中に隠し持っていた秘密帳簿と、ピリョンの悪事の告白テープのおかげで、ようやく念願の敵討ちができた時にも拍手大喝采でございました。車椅子に乗ったソンモの姿に驚いていたピリョンが実にイイ気味でしたね


こうなったら、何としてでも助かってほしかったソンモですが、そんなおばさんの願い虚しく、満を辞して行われた手術は、どうやら不成功に終わったようです。ドラマではタイムラグがあったようにも見えましたので、もしかしたら、その後少しは延命できたのかもしれませんが。


それでもきっとソンモは、ピリョンが社会から抹殺された上に、唯一の味方だったジェチュンも自害して果て、自らも投身自殺をしたことで、溜飲を下げていたに違いありません。長男として、家族を守れなかったというその一念だけが、ソンモを突き動かしていたのでしょうから。


心残りがあるとすれば、ミヌが最後まで父親に逆らいきれず、結局は手抜き工事という最後の良心まで失ってしまったことでしょうか


ソンモはソンモなりにミヌを(弟のように)愛していたように思われたので、ピリョンのもとを離れて改心しさえすれば、ミジュとのことも心から祝福できただろうにと思うと、おばさん自身もなんとも無念でございました。とはいえ、ミヌがあそこで自殺などせず、過去の罪も含めてきちんと償えたのは何よりでした。これでようやくウジュの父になる資格ができたというものです。


このミヌですが、吹替え版では、ピリョンに次ぐ、否、ピリョンを上回る極悪人に思えて仕方がなかったのですけれど生声を聞くとその印象が大分和らいだのには、我ながら苦笑しきりでございました。やはり、声の印象は大きいですね~。元々チュ・サンウクさんは大好きな俳優さんなので、それがあんな声()で~と思ったのが、この怒りを増長させたのかもしれませぬ


また、ガンモとジョンヨンが、想像していた通りの新居でもって幸せに暮らしていたようなのも嬉しかったなあ。その上、弟のジュンモまで無事な姿を見せてくれたのですからね


その時、画面はちょうど「回想シーン」の最中で、ガンモとソンモが江南の土地をミジュに見せたあの日、3人がいかにも幸せそうにしていたところで、ジョンヨンからの電話がかかってくるという演出もとっても素敵でしたね


弟のジュンモさんがあなたを訪ねて来たわ!


こうしてあらためて振り返っても、ジャイアントは本当に面白いドラマでした。短気で飽きっぽいおばさんが、同じドラマを二度見るのはまずめずらしいことなのですけど、これは最初から最後まで、内容もほとんど忘れていなかったにもかかわらず(あれだけうるさく語ったので当然ですが)、内容を知っていても尚一層楽しむことができました


それに今回はカットが違っていたようで、実際の政権や大統領の名前が登場していたのも実に興味深かったですね。前回それがあったら、もっとうるさく(余計なことをベラベラと)語ったに違いありません


このジャイアントを見た後、同じ制作者の方のドラマを何本か、それもなかなか楽しく拝見いたしましたが、やはりジャイアントには負けますね~。ここで再び太鼓判です


ジャイアントは現代韓国ドラマの傑作中の傑作だ!


ジャイアントは韓国ドラマの傑作だ!( `ー´)ノ

ジャイアント<ノーカット完全版>DVD-BOX1
ジャイアント<ノーカット完全版>DVD-BOX2
ジャイアント<ノーカット完全版>DVD-BOX3
ジャイアント<ノーカット完全版>DVD-BOX4

OSTもまた良かったジャイアント 韓国ドラマOST (SBS) (2CD) (韓国盤)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 4

There are no comments yet.
のんちゃんこ。  
こんにちは☆

やっぱりジャイアントは最高ですよね~!

3年前にテレビで見てからDVDも借りて何回も見てるのにこの間の放送も見てしまいました(^w^)そんなに見ても最終回まで見終わると最高だなと思ってしまうんですよね(^o^)ソンモが分からなくなって蹴られても帳簿を抱えて守っているシーンがやっぱりいつ見てもうるうるします(>_<)

3年前ブログ読みながら「最終回見てないなんて(>_<)」と思っていたのですが、やっと見れたようでよかったです\(^o^)/

2015/05/10 (Sun) 21:02 | EDIT | REPLY |   
のんちゃんこ。さんへ  
ありがとうございます!

のんちゃんこ。さん、こんにちは~♪

おかげさまでようやく見ることができました(≧▽≦)。
何度みても良いものは良いですね~ジャイアントはその代表です( `ー´)ノ。

私も、のんちゃんこ。さん同様、
また機会があれば何度でも見たいです(笑。こん

2015/05/11 (Mon) 10:56 | EDIT | REPLY |   
レオンママ  
最終回、私も見ました(T_T)

最終回、昨夜私も見ました(T_T)
ジャイアントは、初回冒頭に結末を予想させる手法で視聴者をグッと引き込み、さらに戦後の傷跡が残る痛々しくも懐かしい時代へ連れて行かれた感じでした。
昭和の高度成長期は、東京の街並みも裏通りを歩けば軍歌が聞こえていました。

イガンモとピリョンの壮絶な戦いは、結末はわかっていても手に汗握る、息もつかせぬ展開でしたね。
「蜂は一度刺して死ぬ」
と言ったのはロッキード事件の秘書官の妻でした。
その言葉通りに政治家は実刑を受け、秘書官の妻は離婚して世に晒されました。

復讐を誓った兄イ.ソンモの命の炎はピリョンを追い詰め、焼きつくすまで消えませんでした。
復讐を遂げて、弟に全てを託して亡くなったのですね(T_T)
最後は、皆が幸せになって欲しかったけれど…
ジャイアントは、これまで視聴したドラマで一番素晴らしかったです。
あらすじと感想もとても良かったです。
感動が蘇りました。
ありがとうございましたm(__)m


2015/08/02 (Sun) 07:46 | EDIT | REPLY |   
レオンママさんへ  
こちらこそありがとうございました(^^)/

レオンママさん、はじめまして^^。
せっかくご丁寧なコメントを頂いたのにお返事遅れてすみませんです(__)。

本当にジャイアントは素晴らしいドラマでしたよね。
私も、現代韓国ドラマではこれがぴか一だと思います(^^)/。

またこのような傑作に出会えるとよいですね~。
よろしかったらまたお遊びにいらしてくださいね~。こん

2015/08/16 (Sun) 11:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.