2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第3話は「再生」(multiple)、第4話が「古傷」(Old Scars)です。今回はお休みを頂いていたので、2話分合わせてのあらすじです。以下すぐにネタバレしておりますのでどうぞご注意くださいますようによみがえり~レザレクション2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ついに「よみがえり」の謎が少しずつ明らかになってきました。どうやらよみがえりが始まったのは1930年だったようです。その発端は、当時、町中の住人が皆ラングストン・ファニチャーで働いていた頃に(おそらくは外から)やってきた「二人の男」のようです。その頃まだ少女だったマーガレットは、彼らを「悪魔=demonsと呼んでいたそう。


マーガレットが、あたかも「お伽噺」であるかのようにジェイコブに語って聞かせたところによれば、村にわざわいをもたらした彼らは、その罪で吊るされても殴られても焼かれても~何度殺されてもそのたびによみがえってきたのだとか


が、マーガレットや村の人々はついに、彼らを「抹殺」する方法を見つけて完全に葬ったそうです。そしてその「方法」を知る者はもうマーガレットしか残っていないそうです


2話でマーガレットが掘り出していた遺体は、この彼らの遺体のようでした。マーガレットはこれらを橋の上から川に投げ込んだようですが、実際にあった遺体は6体(もしくはプラスα)だったそうです。


旧態然とした教会を辞めて再出発したトムが、その川で「よみがえり」の人々に新たに洗礼を授けていた時、これらの遺体が発見されます。それをマギーが調べたところ、遺体は確かに6体(以上)あるものの、実際には2人の遺体~黒人と白人~だったことが判明しました。つまり、このふたりは「よみがえり」だったということです。そのうちのひとりは足が悪かったという情報から、マーティンは当時のラングストン・ファニチャーの写真からひとりの白人男性従業員を特定していたようです。


レイチェル、そしてマーティンがそうだったように、よみがえりの人々の遺体は蘇るたびに増えていくようです。むしろ「遺体」があるからこそ「よみがえり」が可能だと言えるのかもしれません。


第3話では同様に、警官のひとり=カール(Christopher Berry)の兄のミキー(Glenn Fleshler)が何度も蘇っていることが判明しています。ミキーに手を焼いたカールは、何度もミキーを殺しているのに、そのたびに蘇ってきているようなのです


よみがえりを遮断してしまう方法とは、いったいどんな方法なのでしょうか。ケイレブもそれで消えたんでしょうかね?


おそらくマギーは、その方法を使って当時の事情を知っているアーサー・ホームズを前回抹殺したのですよね、きっと。よみがえりには「骨」が必要だということですから、全体ではなくどこか決まった部位を抹消すれば、よみがえりが止められるのでしょうか


またその後もよみがえりが増えていたようですが、彼らは皆、アーサー同様「不健康」のようでした。ジェイコブやマーガレット、そしてバーバラたちと彼らとでは、いったい何が異なるというのでしょう。


バーバラと言えば、マーガレットはバーバラとフレッドの結婚には反対だったことも明らかになりました。マーガレットは、バーバラの様なあ〇ずれが誰よりも繊細な次男を誘惑したと考えているようです。


その上マーガレットは、やはり折り合いの悪かった嫁のルシールをも焚きつけて、ジェイコブを殺したのはバーバラだとその怒りを引き出していたようです。ジェイコブはむしろ、叔母を救えなかったことを深く後悔していたようでしたのに


一方、自分を含めたよみがえりの謎を解くために、謎の女に協力していくことを決めたマーティンは、ついに自分の遺体に対面し、トムの協力の下、その遺体を自ら葬りました


また、順調にお腹の子が育っていると思われたレイチェルは、その成長が普通の2倍だと聞かされてショックを受けていたようです。これはでも、他のよみがえりの新陳代謝などからしても想像しうる状況でしたね


と、今回はこれぐらいだったでしょうか。溜まっているドラマを一気に消化しているので、ちと語り忘れなどあるかもしれませんが、おいおい補充していきますね


よみがえり~レザレクション2は続きもとっても楽しみですねよみがえり~レザレクションが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.