このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 あらすじと感想 第37~39話 終わりなき争い ほか

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


お休みを頂いている間に【奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】も39話まで進んでしまいました。以下簡単なネタバレのあらすじです奇皇后のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ペガンとワン・ユ、そしてスンニャンの策略は見事に奏功し、タファンはついに宿敵ヨンチョルを処刑することができました。が、ヨンチョルは最後に、自分を破滅させたのはスンニャン(キ・ヤン)であると豪語し、

高麗の女

に大切な祖国を牛耳らせてよいのか、と火種を残して散っていきます。これまでの悪行を考えれば、公開処刑でもおかしくはなかったのに、かつての国の英雄に敬意を払ったペガンは、その手でヨンチョルを締め殺しました。


その上ペガンは、このヨンチョルの遺言とも言える最期の言葉を胸に刻み、これまで同志だったスンニャンを裏切ってしまいますペガン~そりゃないよ(>_<)


高麗の女を、我が国の皇后にすることはできぬっ!!


これはまた皇太后も同じです。あれほどまでに忌み嫌っていたタナシルリの生存を理由に、スンニャンの皇后就任に反対するなど、これまでの皇太后からは想像だにできなかったというのに


でもこれが「血」の結束なのですよね。普段はどんなに仲が悪かろうと「同胞」という意識は、いざとなったら想像もできないほどの固い絆で人々を結びつけるのでしょうから


とはいうものの、皇太后が、処刑前のタナシルリの最後の願いを聞き入れて、マハの面倒を見ることを約束したのにはビックリです。以前はマハの素性をあれほど疑っていたというのに、今ではマハを、スンニャンへの盾に使うという変わり様にはただただ呆れるばかりです


ただ面倒を見てくれるだけなら~なにせ本来マハはワン・ユとスンニャンの息子ですから~それはそれでよいのですが、皇太后がマハに「スンニャンへの恨み」を叩きこもうとしていたのが頂けませんよね


それこそがタナシルリの願いでもあったのでしょうけれど、今はあんなに可愛くて無邪気なマハが、実母であるスンニャンを恨んで生きていくという展開は~韓ドラには付き物とは言え~やはり好きではありませぬ


それでも、たとえ極悪人とは言え、タナシルリが最後まで父や兄を心配していたことや、ソ尚宮やヨン尚宮が、最後までタナシルリへの忠誠を忘れなかった点は、なかなか好感が持てました


また、一人生き残ったタンギセは、何とかヨム・ビョンスと合流し、父の遺した秘密資金を捜しだそうとしています。隠し場所と見られる鉱山にはあらかじめチョクホが潜入していますが、これがなかなか見つかりません。


一方、ヨンチョルを倒した途端に「孤立無援」となってしまったスンニャンは、ついにワン・ユと手を組むことになりました。ここは、自分とアユの立場もさることながら、元が再び高麗からの「貢女」を要求してきたことも大きかったようです


私を皇后にしてください。これからは元にいる高麗の者のために戦います!それと自分のために!


ワン・ユとスンニャンが手を組んで高麗のために活躍するのは、まさに望むところでござる待ってました!( `ー´)ノ。そのためにもまずは協力して秘密資金を捜していくという展開も実に楽しみですよね~


でも、ペガンの姪で新たに皇后となったバヤンフトが、実はタナシルリを上回る「悪女」だったというのはかなりのゲンナリ要素かも。タナシルリはおつむが足りないだけで、あれはあれなりになかなか面白いキャラクターだったのですが、いかにも善人ぶっているくせに、

アユの重湯に毒を入れる

など、裏でこそこそ悪事を働くこのバヤンフトは、おばさんが最も苦手とするキャラなのです


あの「竹を割ったような分かりやすいペガン」に、どうしてこんな姪がいるんでしょうね~ガッカリです。ペガンは今では「敵」となってしまったけれど、その「志」は十二分に理解できるのでそんなに腹が立ちませんの


その上どうやらタファンも、このバヤンフトに同情しているらしいのが気に入りません。というのも、信じていたペガンや皇太后から裏切られたスンニャンは、タファンを皆から孤立させること無く、自分一人の力(およびワン・ユの協力)で己の地位を確立させようとしているのを、相変わらず単細胞なタファン

「冷たい」

と感じてしまったようなのです。


せめて、バヤンフトの本性を知るタルタルが、スンニャンの力になってくれたら良いのですが


宮中のドロドロ三昧は本来苦手なおばさんですから、今後はやはり「秘密資金」の行方に焦点を当てて注目していきたいと思います。それにはなんと言ってもタンギセに先んじてメバク商団の頭に会わねばなりませぬ。貴妃となってもらい受けた興徳殿の隠し部屋に、目が潰れんばかりの金塊を運び入れる日が今から待ち遠しいですね


楽しんで見てきた奇皇后も残すところあと10話余りですが、あまりドロドロせずに、スカッと進んでくれるとよいですね~奇皇后もいよいよラストスパート!


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第2巻 (講談社 MOOK)奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第3巻 (講談社 MOOK)
いつの間にか第3巻まで出ていました

『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
こんにちは~。
ヨンチョルが居なくなり国としての基盤づくりに励むのかと思えば
新たなるドロドロの始まりでさすがにウンザリしております。

スンニャン付きの女官(名前失念v-356
立場逆転でソ尚宮たちをいびる様にげんなりv-292
そしてぺガンはともかく皇太后さまは目指すものがイマイチ不明で
ただのトラブルメーカーとなっていますね。

タナシルリの最後を見落としてしまいました(T_T)
彼女の根底は「タフォン LOVE」で
可愛さ余って憎さ百倍なのを見越して、接すればイイのに。
性悪にしてしまった元凶はタファンですよね~。

バヤンフトも嫌な女ですね。
いっそのこと”岩をも割るぐらいの美女”称していたペガン娘を出せばいいのにね。

今のご贔屓はヨンビスです。
タカラジェンヌのように格好よく、芯が通った振る舞いは惚れちゃいます。
ワンユは強い女性が好きなんでしょうね。

スンニャンもちょっとずれ出したし(笑)
ワンユ一家や秘密資金に焦点を当て
ゴールを目指して完走したいと思います。


またしても長々の感想文 お許しあれ<(_ _)>
ゲンナリしますよね~(;´・ω・)
ドン吉さん、こんにちは~♪

本当に、ようやくこれからが本番か~と思いきや、
途端にこれですからね~。
アタイはすっかり語る気を失ってしまいましたよ(;´∀`)。

タナシルリは、公衆の面前で吊るされました。
その人ごみの中にタンギセを見つけてその名を呼ぼうとした途端~~
というのが、何とも哀れでしたよ(;O;)。

あ、やはりそう思われます?
タナシルリのキャラはちとデフォルメはしてあったけど、
同性としては、同情の余地、大ありですよね~( `ー´)ノ。

ヨンビスが
「親分」への橋渡しをしてくれるのは楽しみですよね。
何だかものすごいご面相(爆)でしたが( *´艸`)。

これから終盤に向けて、
何とかうまくまとめていってほしいですね~。こん
No title
こんさま♪こんにちは
今回ちょっとヤンが嫌いになった私です。

タファンの心もワンユの心も両方欲しがっているようで、ムッとしちゃいました(-_-;)

それにしてもバヤンフト・・・ですよね。
この番組が始まる前に、奇皇后は実在の人物だというのでウィキを調べたらバヤンの事も少し出ていて、倹約家で申し分のない皇后だと書いてあったのですが、さすがは韓国歴史ドラマ!!脚色がすごい!!腹黒人間にしちゃいましたね~~~(^_^;)

まあでも観ている皆さんもきっと同じ事を思っていると思うのですが、皇太后さんが『アユを皇太子にするわけにはいかない(-_-;)マハを皇太子に』って言ってるけど、どっちをとっても高麗の血です(^^)v
しかもマハは純粋なる高麗の血そのものではないですか!!

こうなってくると皇太后さんが気の毒ですわねぇ~・・・
後半の展開を楽しみにしましょう。

オジャマしました<(_ _)>
私はスンニャンの気持ちわかりますよ~(^_-)
ほりママさん、こんにちは♪

お~そうでしたか~。
自分は何せワン・ユびいきなので、むしろタファンが邪魔くさく感じます(笑。
スンニャンに冷たくされても当然です( `ー´)ノ。あれぞ「女心」でしょうv-398

ほぉ~バヤンフトのキャラクターは「韓ドラ仕様」なのですね(爆。
それまたひどい話ですね~。
またそちらの視点で描いたドラマなども見てみたいものですが、
韓ドラでは望めんでしょうね。

上の理由もあって、自分としてはマハを皇太子にしたいですけど、
でも何せ韓ドラですからね~そう上手く事が運ぶかどうか(;´・ω・)。
おっしゃる通り、皇太后の鼻を明かしてやれたらいいんですけど(-_-;)。

韓ドラ宮廷ドロドロ劇のワンパターンには
か~なりうんざりしているこんでしたv-14

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング