2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

マザー・ゲーム~彼女たちの階級~】も5話まで見終わっています。途中、ちょっとしたドロドロ展開はありましたが、それが長引かない上に、そこで得た教訓が皆を成長させ、が生まれつつあるらしいのが何とも心地よかったです。以下簡単なネタバレあらすじ感想文ですマザー・ゲームのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


毬絵からすっかり気に入られた希子と陽斗は、幼稚園の園長・フミの双子の妹=フネ(室井滋二役)が経営する塾の体験学習に誘われました。小学校受験などまったく頭にない希子は、陽斗を塾に行かせるつもりなどありませんが、明るくて賢い陽斗自身がフネにすっかり気に入られてしまいます


特待生制度もあるから是非考えてみて!


皆必死になってこの塾に子供を通わせようとしているのに、その気の全くない能天気な希子と陽斗が誘われるなんて~と、希子はますますお母さん方の嫉妬を買ってしまいます


その中でも特に顕著だったのが聡子と由紀のふたりでした。特に聡子は、姑からさんざん嫌みを言われてしまいます。あんな子に負けるなんて、母親のあなたが悪いのよっ!!


その後、幼稚園で恒例の「親子フェスタ」が開かれることになりました。どうやら裁縫が得意らしい聡子は、ここぞとばかりにデパートの外商を自宅に呼びつけ、ブランド物の生地で通園グッズ作りに打ち込みます。同じ担当になった希子は、その力の入れように驚くばかり。え?刺繍ですか??


聡子と違って裁縫が苦手な希子は、結局自分ひとりで仕上げることができず、再び聡子の家に押しかけ、分からない箇所を教えてもらうことになったのですが、そこで希子は、聡子に対する鬼姑のいじめを目の当たりにしてしまいます。その時、母親たちの前では「良き夫」を演じていた聡子の夫は知らんぷりです


せっかく聡子が縫い上げたグッズをズタズタに切り裂くなんて、あの姑、嫁いびりの域を超えてますよね~


他人の窮地を黙って見過ごせない希子は、聡子と一緒に必死になって生地探しに奔走しますが、結局調達することは叶わず、聡子は自分のワンピースをほどいてグッズを仕上げてきたようです。敵?ながら、その根性は見上げたものですよね~


が、肝心のフェスタ当日、相変わらず「良き夫良き父」を演じていた聡子の夫が、子どもたちの面倒をみるという「仕事」をさぼっていたために、聡子の息子が怪我をしてしまいます。姑は、まるで鬼の首でも取ったかのように、皆の目の前で聡子を怒鳴りつけますが、その時も、夫はいつもの「耳栓」を取り出して知らん顔


こ~れには希子が黙っているはずがありません叱るなら息子の方を叱れ!


「あなたそれでも夫ですか!?妻だって女ですよっ!


詳しいやりとりは割愛しますが、希子がこてんぱんにやっつけたシーンは、拍手喝采でございましたそーだそーだ、もっともっと言ってやれっ!!


聡子は健気にもこの夫を庇うんですけど、聡子なりに、希子の「友情」はありがたく思ってくれたようなのがまた嬉しかったですよね。聡子は残った布で陽斗の通園バッグを作ってきてくれたのです。


こんなに器用な人なのに不器用な人だね


希子を手伝うくんちゃん(渋川清彦)がまたイイ味だしてますよね~


それからというもの、聡子の希子への対応は少しずつ、でも確実に変わってきました。その後毬絵が希子親子を別荘に誘った際、聡子らほかの母親たちも呼ばれることになったのですけど、それはどうやら初めての事らしく、これを不審に思った聡子は、それまでならきっと陰で画策しただろうに、今回は直接希子に、こう尋ねてくれたのです


「また何かしでかした?あなたが原因なんじゃない?


もちろん希子自身に身に覚えはありませんでした。毬絵が皆を誘ったのは、由紀が、希子と、実は毬絵の夫だった小田寺隆吾(豊原功補)との、いかにも仲睦まじげなツーショットの写真を送りつけてきたからなのです


既知の間柄なのにそれを黙っていた夫と、その隆吾に、心ならずも調子を合わせて知らないふりをしていた希子を疑った毬絵はずっと暗い顔をしたままでした。が、そんな母を心配した毬絵の息子=信は、母のために花を摘もうとして川に落ちてしまいます


息子の気持ちを知ってようやく我に返った毬絵が~韓ドラと違って~即座に反省してくれたのが実に気持ちよかったですね~。その上、毬絵たちをそこまで追い込んだ由紀もまた、自分の犯した罪を心から後悔したのもグー


その由紀ですが、資金難からついにキャバクラ勤めを始めたようです。そんな由紀を希子はどう救っていくのでしょうか?


一方、希子もまた、ずっと「お空のお父さんと嘘をつき続けてきた秀徳のことを、ついに陽斗の父と認めました。秀徳が陽斗の前に姿を現した際は「伯父」だとごまかしましたが、このウソに陽斗がとっくにに気づいていたというのがまた泣かされましたよね


「これからはみんな一緒だね


その陽斗の願いは果たして叶えられるのでしょうか。どうやら、最近好感度が上がってきてる信之助先生も、希子を気にしているようなのですが


また、ずっと病気なのかと思われていた毬絵には信の上にもうひとり息子がいるようです。どうやら引きこもりの様なので、毬絵が病院に行っていたのはこの息子のためなのか、それとも、その心労が祟ってのことなのか


もうひとり、みどりのこともありますけれど、ここの話は好かんので、バッサリ省かせていただきます。旦那が浮気したから自分もしていいとはならんし、実力があるんだから、さっさと離婚して独立すればいいのではありませんか?


でも、聡子の夫も、希子にガツンとやられてからは、姑=母の嫁いびりをさりげなく邪魔してくれたり、聡子の留守中、母が出かけている際には、娘たちとカップ麺を文句も言わず、むしろ「なかなかうまい」などと言ってすすっていたほどに成長したので、みどりの夫の修平も、今後は変わる余地があるのでしょうか?


と、大急ぎ&大雑把にまとめさせていただきました


がんばり屋の希子と陽斗、そして徹治じいちゃんの笑顔が本当に素晴らしくて、ついつい彼らを応援せずにはいられません。マザー・ゲームは、来週の放送もとっても楽しみでございまするねマザー・ゲームが面白い(≧▽≦)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.