このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

戦う!書店ガール
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

戦う!書店ガール あらすじと感想 第3~5話 理子負けるな!

稲森いずみさん&渡辺麻友さんダブル主演の【戦う!書店ガール】も昨日放送分の5話まで見終わりました。このドラマは、ストーリー云々より、もう雰囲気が大好きなんですよね~。特に稲森さんが演じる理子を見ていると、無条件で応援したくなっちまいます。以下3話分、あっさり簡単なネタバレのあらすじです戦う!書店ガールのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず懸案だった理子と亜紀、そして三田をめぐる三角関係は、亜紀が身を引いてくれました。万引きの常習犯が店で理子を襲おうとした際、三田が体を張って理子を庇って怪我をしたのを見た亜紀が三田の「本気」を思い知ったのです。


でも肝心の理子はまったく気づきません。何せ理子は志保同様、

三田君のような息子がいたらいいね

とジョークを飛ばすほどなのです。ま、志保は気づいたようですけどね。


そんな理子が心惹かれているのは田代なんですけれど、この田代の目的はなんと理子のヘッドハンティングだったことが明らかになりました。これに気づいた三田が田代を問いただすと、田代は開き直って反論します。才能のある人材を引き抜いてどこが悪い?


おばさんも田代を気に入っていたので、田代の引き抜きが、単に理子の才能を認めただけの物であれば、それも悪くは無いような気がします。というのも、理子が働いているペガサス書房では、理子のいる吉祥寺店をもうじき閉店させるつもりだそうなのです


そんなことをおくびにも出さず、理子を「店長」に抜擢してきた、社長(山中崇)や野島(木下ほうか)が実に嫌らしかったですよね~。室井め(@ごちそうさん)~ずいぶんエラクなったもんだな社長、許さんっ!!( `ー´)ノ


理子に先を越され、嫉妬に駆られて理子を陥れようとした畠田(森岡豊)は、管理者としての自分の至らなさを潔く認めた理子に心打たれて、即反省したのはなかなかでしたが


また、これまではずっと理子を慕ってきた店員たちが、理子の「ねつ造されたインタビュー記事」を見て激怒し、理子に食って掛かったのも頂けませんでした。だいたい、あんなにペガサス書房に愛着のある理子が、たかが「店長」になったくらいで、ネット販売に力を入れる、なんて発言をするはずがないではありませんか


ちなみに、このインタビュー記事のねつ造は社長の仕業なのですよね~きっと。ユニコーン堂の田代は他社の人間だから、記事を細工することは難しいでしょうからね


今や、三田や志保と並んで、一番の理子の理解者となってくれた亜紀が、なんとか力になってくれるとよいのですが


この亜紀が付き合い始めた一ツ星出版の小幡(大東駿介)もなかなかの好青年です。亜紀の詰めが甘くて、ペガサス書房の仕事を他社に取られてしまった時も、自分が付いていながら、と心からすまながって、せめて「宣伝」だけでもと、ペガサス書房のエプロンや旗を作ってきてくれたのは嬉しかったなあ


おばさんは自他ともに認める本格骨太ミステリー大好き人間ですが、こうして、善意溢れるほのぼのドラマも良いですよね。それには早くあの「ゆとり世代が真実に気づいてくれないと困りますし、田代も極悪人であってはならんのですが


この分だとあと1~2回はヤキモキさせられそうですね~。また笑って語れるようになるまでしばらくは我慢我慢理子ガンバレ~!~でござりまするね


書店ガール (PHP文芸文庫)
これは小説も面白そうかも♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は戦う!書店ガールのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング