2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ダメージDAMAGES)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ダメージ(DAMAGES) あらすじ&感想一覧


グレン・クローズ主演のリーガルサスペンスドラマ・【ダメージ4 Damages S4】の第2話は「忍び寄る影」です。英題の「I've Done Way Too Much for This Girl」は劇中のパティの(エレンに対する)台詞ですね。あの子にはかなりたくさんのことをしてやったのに(=彼女はもっと欲しがっている)」。以下簡単なネタバレのあらすじですダメージ4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず今回最も注目した点は、第1話においてアフガニスタンで殺された捕虜らしき人物は、やはりサンチェスだったらしいことです。サンチェスから

「任務」

の内容を明かされるのを怖れたハワード・エリクソンはボアマンと共謀し、サンチェスを脅した上に、彼を再びアフガニスタンに行くよう仕向けたのです。経緯はこうです


前回ボアマンはエリクソンの意に反して、サンチェスを診断したラウル・バレーラを殺害しました。が、ボアマンはまったく無関係のmullah(=イスラム教の学者)、サリーム・ファーゼルにこの罪を着せてきます


サリームは、ヌール・タラキーという、タリバンとも関係のあるアフガンの指導者から命じられて君を殺しにやってきた。ヌールは、弟が最後の任務で君に殺されたと恨んでいるらしい


後のカーターの話によれば、ヌール・タラキーなどと言う人物もでっちあげのようです


これを聞いたサンチェスは、その代わりに自分の部下も殺されたと激怒し、自らアフガニスタンに戻ってヌールを殺すと息巻きます。なんとしてもサンチェスを国外へ追放したかったエリクソンにとっては万々歳です。待ち望んでいた政府との契約も、無事更新されそうな気配でした。


一方、サンチェスのためにも、エリクソンへの訴訟を実現させたかったエレンですが、事務所の大御所だったホリス・ナイが引退した今の事務所に、闇の大物エリクソンに歯向かおうとする者などおりません


そんなにエリクソンと戦いたかったら、パティと組んだらどうだ?


エヴェレットが勧めても、エレンは首を縦に振りません。パティに借りを作るなどまっぴらごめんだからです。


でもここからが「たくましく成長したエレンの本領発揮でございました。なんとエレンは、自分一人でエリクソンを訴えることにしたとパティに報告する際、友人たちに頼んでわざと自分に嫌がらせをさせたのです


「エリクソンと戦うのはこういうことなのね?


わざと怯えて尻込みする様子を見せたエレンを、パティが放っておくはずがありませんへそ曲がりだから(;´・ω・)


Let me help you.
私にあなたの手助けをさせて


パティが頭を下げてくれば話は別だ~の言葉通り、エレンはこうしてパティの協力を得ることになります。とはいえ、あのパティなら、これがエレンの茶番だということぐらい百も承知で引き受けたような気もしますけど。何せパティも、本当はこの事件に興味深々だったのですから


でもせっかく二人がタッグを組んだ矢先に、肝心のクライアントがアフガニスタンへ行ってしまったのでは話になりませんよね。ひとり(一匹)残されたグワーリは、エレンがちゃんと面倒を見てくれるでしょうか


また今回は、パティが、ドアマン=ペリーの鼻の骨を折ってしまったことから、計10回のカウンセリングを受けなければならなくなったらしいのも、なかなか面白い演出でした。きっとここでパティの「本音」を聞き出すことができるのでしょう


今のところ、これまでのシリーズに比べてかなり地味で分かりやすいように感じますが~それでも十分面白いですけどね、これから変わっていくかもしれませんよね~大いに期待していますダメージ4は続きもとっても楽しみですダメージ4も楽しみ(^◇^)



ダメージ (シーズン1-5) ソフトシェルDVD BOX 全巻セット

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.