このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

花たちの戦い~宮廷残酷史~
 時代劇・歴史モノ

花たちの戦い~宮廷残酷史~あらすじと感想 第1話 三田渡の屈辱

花たちの戦い~宮廷残酷史~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 花たちの戦い~宮廷残酷史~あらすじ一覧


昨日、【花たちの戦い -宮廷残酷史-】と名前からして恐ろしい韓国時代劇がスタートしました


主人公は、仁祖の側室のヤムジョン~貴人チョ氏で、仁祖の寵愛を良いことに、その長男である昭顕世子の妻、つまりは嬪宮のカン氏をさしおいて後宮を意のままに操ったとして知られる「悪女~これを演技派で知られるキム・ヒョンジュさんが演じられるとあっては、たとえどんなに怖かろうと見逃すわけには参りません


それに、脚本・演出(チョン・ハヨン、ノ・ジョンチャン)ともに、あの「インス大妃」の制作者と同じというのも安心です。たとえ内容が凄惨であろうとも、それなりに念入りな調査に基づいた作品だろうとある程度信用できるからです


また今回はイ・ドクファさんが演じる仁祖も実に興味深い人物です。これまでも数多くのドラマに登場しては、その暴君ぶりを発揮してきた仁祖ですが、この「花たちの戦い」では、仁祖の恥部とも呼ばれ、その後の彼の人格形成にも大いに寄与したと言われている「三田渡(サムジョンド)の屈辱」がかなり詳細に描かれていたのにも注目しました花たちの戦い~宮廷残酷史~のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


時は1637年、南漢山城でキム・ジャジョム都元帥(チョン・ソンモ)の援軍を待っていた仁祖は、ついに清軍に包囲され、極寒の中、厚手の外套を脱がされて、王の象徴である龍袍姿で雪道をひとり行軍させられた挙句、清のホンタイジに跪き、

「三跪九叩頭(さんききゅうこうとう)の礼」

を取らされるというこの上ない屈辱を味わいます。これは、いわゆる土下座をした上に、額を地面に打ち付けて「臣下」の礼を取る行動を指すようです。


その上仁祖は、長男で世子の昭顕世子(チョン・ソンウン)とボンニム大君~後の孝宗(=馬医に登場した顕宗の父~キム・ジュヨン)を人質に取られてしまいます。実際この時清国に連行された捕虜はなんと50万人にも上るそうです。


この時、世子の妻であるカン氏(ソン・ソンミ)もともに清国へ渡ったようです。まだ乳飲み子だった我が子に、これが最後かもしれないと乳を与えているカン氏の姿が何とも哀れでございました。


16代~240年余り続いた朝鮮が、新興国(朝鮮曰く蛮賊)の清に属国扱いされ、王自らそれを認めたのですから、臣下の嘆きたるやいかばかりだったでしょうか。


中でも、強硬派で礼判のキム・サンホン(ハン・インス)がイ・スンシンを例に取り、諦めずに戦えば必ず道は開けると訴えたのは、何とも耳が痛かったですね。イ・スンシンは日本の豊臣(秀吉)軍を撃退した英雄としてつとに有名な人物です。


それでも降伏することが民のためだと、文字通り血の涙を流してこの屈辱に耐えた仁祖も、自分を助けに来なかったキム・ジャジョムに対しては、怒りを隠すことができません。領議政のキム・リュ(キム・ジョンギョル)は、ジャジョムにどこかに潜伏しろと忠告したようなのですが、ジャジョムは

「指示があるまで待機しろ

という王の命に従っただけだという自負があるため、逆に王を翻意させようと宮殿に乗り込んできます


ついに怒りを爆発させた仁祖は、自らジャジョムを殺そうとしたのを皆に止められたため、直ちに処刑を命じましたが、これまたキム・リュの進言により思いとどまり、ジャジョムを「流刑」にしてしまいます。自分を仁祖反正における「一等功臣」だと豪語していたジャジョムが、このまま大人しくしているはずがありません


ここちょっと歴史的ネタバレです。知りたくない方はこの1行を飛ばしてください
~このキム・ジャジョム、「馬医」ではチョ氏に命じられて昭顕世子の毒殺に関わったひとりとされていました~


清に忠誠を誓った後も、清兵による略奪は続いたようです。その被害をこうむった人々の中に、このドラマの主人公=ヤムジョンもいました。とはいえ、あやうく母のハン・オク(チョン・ソンギョン)を清兵に殺されそうになったヤムジョンは、逆にその兵士を惨殺してしまったのですが喉を一突き!(;O;)。血しぶきを浴びたヤムジョンの顔は、いかにも今後の彼女の人生を象徴しているようで実に凄まじかったですね~さすがキム・ヒョンジュさん♪


元々サスペンスは大好きなので、多少の「残酷物語」はそう苦手ではありませぬが、あまりにもドロドロしてきたら途中で逃げ出すかもしれませぬ。何とか最後まで、歴史的興味が続けばよいのですけれど


花たちの戦い~宮廷残酷史~」は続きもなかなか楽しみですね花たちの戦い~宮廷残酷史~が面白そう♪



これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は花たちの戦い~宮廷残酷史~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング