このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

アイムホーム
 家族モノ・ホームドラマ

アイムホーム あらすじと感想 第3~5話 久の温かさが心地いい

木村拓哉さん主演の【アイムホーム】も昨日放送の5話まで見終わりましたアイムホームのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。回を重ねるごとに、久の優しさや温かさが画面を通してじんわり胸に沁みこんでいくのが何とも心地よいドラマですね~。木村さん、初のお父さん役だそうですが、すっかり板についてますね。それに、毎回のゲストの充実ぶりは他に類を見ません(ヤメゴク除)。


これまでの「家路=極悪人のイメージもすっかり払拭されて、

「ろくでなしはお前の方だ!四月黙れ!( `ー´)ノ

と、恵を自分によこせとのたまった四月に(心の中で)ケリを入れてしまったほどです。以下、3話まとめた簡単なネタバレのあらすじ感想文です


まず3話では、久と香の過去~結婚生活が明らかになりました。香は、久が勤務している葵インペリアル証券の専務=野沢(寺田農)の娘であり、久は逆玉を狙って香と結婚したのだそうです。が、野沢が出世レースから外れたのを機に、久は香と離婚、その後すぐに野沢も他界してしまったのだとか


これだけ聞くと、久はまさしく極悪人のように思えましたが、実際にはそうではなくて、久は野沢を本当の父のように慕っており、野沢もまた、久の能力と人柄を大いに買っていてくれたようでした。久は、決められたレールの上を生きるのを嫌って家を飛び出し、ライターとしての人生を選んだ香への、特に彼女の仕事への理解には欠けていたようだけど、舅と連れ子のすばるへの愛情は本物だったようです


それもすべては久の過去に原因があったのかもしれません。これは5話で明らかになったのですが、久の父親は、新事業に手を出しては失敗を繰り返した挙句に死んでしまったのだそうです。そのために幼い頃から苦労を余儀なくされた久ですから(だから料理も上手)、

「大企業の重役」

というポストも、そこへの野心というよりは立派に成功して家族を養っている父親への憧れが大きかったのかもしれません。だから久自身、香と離婚するのは心外だったようです。久は久なりに「家族」を大切に思っていたつもりだったのです。


いきなり昔を思い出して、野沢の法事にやってきた久を、親戚一同冷たい目で見ていた中~お手伝いのおばちゃんたちには大人気、ただひとり、香の妹の祥子(蓮佛美沙子)だけが、いかにも優しい義妹らしく、それなりに理解を示してくれたのも良かったです。


また4話では、良雄のお受験問題が取り上げられました。久は誰よりも良雄の教育に熱心だったそうで、良雄がサッカーに打ち込むことも諦めさせようとしていたそうです


でもそれも~やはり5話で明らかになったのですが、家庭の事情から思う存分勉強できなかった自分を振りかえり、せめて良雄には十分な教育を受けさせてやろうという「親心」からだったようですよね。それに久は、たとえ今は

「仮面にしか見えない良雄

の顔でさえ、ちっとも幸せそうじゃないことに気づいたのでしょう


お受験の模擬面接を飛び出して、良雄をサッカーの試合に連れていってくれた久なら、早晩、あの嬉しそうな良雄の笑顔も見ることができるようになるのではないでしょうか


それは5話でも同様でした。幼稚園でピーターパンを演じることになった良雄ですが、元来人見知りで恥ずかしがり屋なことから、舞台に立つのを大いに怖れていたのですけど、それは自分も同じだ、練習をすれば大丈夫、と、久が毎晩のように芝居の相手を務めてくれます。ウェンディ役、上手でしたね~


その時久は「どんぐり」がウェンディを守ってくれたように、良雄の心の中にもどんぐりをしまっておけば、いざという時に良雄を助けてくれる、と教えました


本番では、緊張のあまり固まってしまった良雄に、久が客席から声を掛けて自分の胸を指さし、どんぐりが守ってくれるから大丈夫、と励まします。その昔久がやはり舞台に立った時、客席から声を掛けた母親を恥ずかしく思ったそうなのですが、自分が親になって見て初めて、その母の気持ちが理解できたようでしたね


その母=(風吹ジュン)と弟の(永井大)もまた、身勝手な久に振り回された被害者のようでした。久の実家は酒屋だったそうなのに、久はコンビニの方が儲かると言って、酒屋を辞めさせたのだそうです。


最初資金は出したらしいものの、その後はまったく知らん顔~気の短い浩は客とトラブルを起こして、今では廃業寸前になっていたところに、昔の事はすべて忘れた久がやってきたから大変です


「どうして酒屋を辞めたりしたんだ?


事情を聞かされた久はもちろん、家族のために奔走します。その客に頭を下げても解決しないと見るや、早速その客の弱みを握って脅しを辞めさせ、取引先にも頭を下げて、浩を全面的にバックアップしてくれました


長年の無理がたたって病を患ったらしい母に対しても、一緒に旅行に行こうと誘います。が、梓にとって、久はいつまでも「世話をしたい子ども」であり、昔は送り返してきたという梓の手作り野菜を、久が自ら大切に料理して食べてくれた方が、どんなにか嬉しかったに違いない~とおばさんは思いますよ


節くれだった梓の指についていたのとまったく同じ「泥」が、翌日には入院したという母が送ってくれた野菜にもベッタリとついていたのがとても印象的でした5話はとりわけ良いエピソードだったなあ~(≧▽≦)


最初はどうかと思えた、恵のパン教室通い~香がいることを百も承知で通い始めた~も、何とかして夫の心を理解しようという恵の健気さが際立ってきたのは何よりです。香も、恵のあのちょっと困ったような恥ずかしそうな笑顔を見せられては、この「今妻」を避けるわけにもいかないようです


誰よりも久にこそ、あの笑顔を見せてあげたいのですけどね~早くそんな日が来るとよいですね


さて来週は「急展開」が見られるようですアイムホームは続きもとっても楽しみですねアイムホームが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアイムホームのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング