2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

櫻井武晴さん脚本、堤幸彦監督演出の【ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~】も順調に5話まで見終わりました


このドラマ、細部は間違いなくコメディなんですが、全体的には実にしっかりした社会派ドラマなのですね~。おばさんは実態を存じ上げはしませんが、いかにも

「足抜けとはそれほどまでに大変なことなのだろう」

ととことん納得させてくれるこの「こだわり」があってこその笑い、というコメディこそ「極コメ」(=極上のコメディ)と呼べるのではないでしょうか


とはいえ、小ネタ好きとしてはもう少し盛り込んでほしいですけどね~あっさり「カツラ」の看板以外にも。でもその分、ゲストが豪華(おばさん好み)なので楽しいですが


以下、3話分からあれこれピックアップした簡単ネタバレあらすじですヤメゴクのあらすじ行きますよ~( *´艸`)


まずは訂正から~最初に「ヤメゴクナビ」を見た時、足抜けコールがあるのは「最上階より1階下」との案内があったように記憶していたので、てっきり「17階」だと思い込んでいたのですが、実際には15階だそうです。最上階は16階だったのかな


またこの「階」つながりで言うと、これまでは(たぶん)足抜けコールと同じ階にあった「喫煙室」は、5話から

地下21.5階

へと移動になったようです。そこが「元未詳(SPEC)」の階だったことは、堤ファンなら言わずもがな~ですよね


さて、肝心の内容のほうへ参りますが、3話では主に「ヤクザへの利益供与」について焦点が当てられていました。たとえ意図していなくても、ヤクザの利益になるような行動をしたら罰せられるというものです。たとえば、ヤクザに勝手に敷地内に違法駐車されたのを黙っていても、ヤクザと知らず物を購入しても、すべて処罰の対象になるのだとか


まあこれはドラマですし、なにせ「ヤメゴク」(ヤクザを辞めさせる極道)の話ですから、かなりデフォルメされているのでしょうが、基本的な概念は間違っていないのでしょうね。麦秋はこれを

「警察が24時間堅気を守れないなら、堅気の人間もまた、それなりの自覚を持たなければならない

と力説していました。となると(やはり)麦秋の母親が無自覚のまま(おそらくは)橘勲に力を貸し、それが元で麦秋の父が死ぬことになったため、麦秋は「ヤメゴク」にならざるを得なかったのではないでしょうか。たぶん。。。 そのカギを握っているのが、あの

「親分のシノギ

(を受け持っている指輪の男)なのでしょうか


その橘率いる関東貴船組は「しゃぶ御法度」ということですが、それもこの麦秋父の死亡に関わっているのでしょうか。


4話の「違法産廃」についてのエピソードもかなり詳しかったですよね。この辺はほとんど興味が無くてついついスルーしてしまったのですが、まさに冒頭に触れたように、さもありなん~な感じでした


が、さすがにちととっつきにくい話題が2話も続いたもので、5話は少々腰が引けてしまったのに、そこはさすがに心得ていらっしゃるらしく、上で触れた未詳の階ほか、いつもより回数の多い「キラリーンとか、まさかのガードル干し、には楽しまれた方も多かったことと思います


それと、あの麦秋が寝泊まりする一画で、博文や佐野たちがなにやらごそごそやっているのは何なのでしょうかね~気になるわ~


個人的には今、

三ヶ島・サリー・エルヴィス・翔北村一輝ええわ~( *´艸`)

というキャラルックスx声x話し方がす~っかり気に入ってしまっているため、その三ヶ島が、親友の藤田のために麦秋を出し抜き、見事藤田の足抜けに成功したのが最も楽しかったですけどね


それに、昔麦秋が少年課勤務だった際、補導した子ども(落合モトキ)の父親(手塚とおる)に職を世話したにもかかわらず、その後(父親の死亡により)一変した麦秋が、

その一家を地獄に突き落としたエピソード

もなかなか見ごたえがありました


これで警察不信になった息子の「スカルとヘビ」(骸骨とヘビ、もしくはスカルとスネークじゃないところがいかにも三ヶ島エルヴィスです)のタトゥーを、今ではボランティアとして足抜けに協力を惜しまない有留が無料で消してやると申し出てくれたのもなかなかでした


お前には、お前を思ってくれる人間がこないにおるやないかっ!!おまえはひとりやないっ!!


あのいかにも影の薄そうなおじいちゃん(田村泰二郎)が、息子、つまりは孫の父親(手塚とおる)と一緒に、わざと

「じいちゃん助けて詐欺」

に騙されたふりをしたというくだりも、いかにも分かりにくくて楽しかったです


毎週楽しんできたヤメゴクも来週は第6話とそろそろ折り返しですね~。来週はいったいどんな展開になっていくのか、続きもとっても楽しみです


ミー君(水原)、サー君(佐野=勝地涼)以外にも小ネタを挟むのを忘れんといてね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.