2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第5話は「生きる意欲」(Will)です。いや~マーガレットはとんでもないモラハラマザーでした。以下早速ネタバレですよみがえり~レザレクションのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、例の遺骨の正体は「よそ者」ではなく、昔からの地元民~ラングストン・ファニチャーの従業員だったようです。ラングストン・ファニチャーは1935年に火災で12名が亡くなったのを隠し、トラック事故と偽っていたのだそうですが、そのうちの2名が蘇ってきたのだとか


これを「悪魔の仕業と怖れた人々は、彼らを何度も殺そうとしたのに奏功せず、ようやく「方法」を見つけてふたりを葬ったのですね。


その「方法」も今回明らかにされたようです。副題にある「生きる意欲(will)」がそれで、よみがえりをストップさせるには

「Just let go」(自分を解き放つ)


すればよいのだそうです。ここはちょいと肩透かしを食らっちまった気がしましたが


今回マーガレットは、息子のフレッドを籠絡し、孫のジェイコブを死に追いやったバーバラを呼び出して、その「モラルの無さ」をシツコクシツコク責めたてた上で、過去は変えられないが未来は変えられる、自分を葬れとばかりに、バーバラの罪悪感を刺激しました


バーバラは、よみがえりは神が与えてくれた「セカンドチャンスだと実に前向きだったのに、マーガレットは「罪を償うため」だとやり返したのです


I can't do this anymore. (もうこうしてはいられない)


こうして「生きる意欲」を失ったバーバラは、忽然と姿を消してしまいました。ケイレブやアーサー同様、その血液サンプルも消えてしまったようです。このふたりが話している様子は、バーバラを心配してなにくれとなく気遣っていたエレインが目撃していました。その父=ケイレブもまた、失踪前に自分の罪を悔いていたのでしょうか。


ようやくバーバラの存在を認め、昔に戻るのではなく、今のまま、新しい関係を築こうと、いかにも楽しそうだったフレッドが、これを知ったらどんなに嘆くことでしょう


一方、カールとマイキー(フレッドは「ミキー」と呼んでましたの)兄弟間でも、似たような計画が実施されていました


よみがえりの人々にのみ現れた「病」は何らかのウィルスによるもので、インフルエンザのような症状を呈していたのですが、マイキーもまたこれに罹患したのに、カールはこれでようやく兄を葬り去れると考え、マイキーがどんなに苦痛を訴えても、素知らぬふりをし続けたのです


苦痛に耐えきれなくなったマイキーはついにこうつぶやいて消えてしまいます


I don't think I can do this anymore, Carl. I don't think I want to be here.
もうこうしてはいられない。もうここにはいたくない


また、妊婦のレイチェルもまたこの病に襲われました。事態を重く見たマギーは、自分に黙って政府と連絡を取ったマーティンを許し、彼らの力が必要だと訴えます。マーティンもまた、自分がよみがえりであることをマギーに話せないばかりに苦しんでいたのですが、マギー同様この事態を放っておけず、再びあの「女性」に連絡を取ります。


が、彼女の答えは実に意外な物でした。これはどうしようもないこと、なるべくしてなったのだと答えたのです


It's very possible that this is the natural course of things. They return, they get sick, they vanish.
これは彼らにとってはごく自然な成り行きなの。よみがえり、病気になり、そして消える


(そして何度もよみがえる~生きる意欲さえ失わなければ


これはよみがえりの人々にとってのみならず、ある意味、人間(生物)に共通した自明の理ですよね。最初の「よみがえり」を信じるかどうかは別として、人間はいつかは病気になって死ぬものです。「よみがえり」の人々は新陳代謝が激しく成長が早いことから、その工程が顕著に見えるだけなのではないでしょうか。つまりこれは「よみがえり」を信じる人々による、実に皮肉で的確な「比喩」なのではありませんか?


そして、その「よみがえり」のひとりであるマーティンもまた、同じ病に罹ってしまったようです。これ以上マギーに負担をかけたくないマーティンは、自分でなんとか解決しようと、どこかへ旅立ったようなのですが?


となると、残るジェイコブとマーガレットが気になるところですね。このふたりだけが例外ってことは無いのでしょうから


と、ここまで書いてきてふと思い立ち確認したところ、どうやらこの「レザレクション」はシーズン2で終了するらしいことが判明しました。しかも、今年の1月に本国での放送が終了した後、続編キャンセルを決定したのは今月だったようなので、御他聞に漏れず、中途半端に終わってしまう可能性が高いというのがなんとも残念でなりません


とはいうものの、一応は最後まで見届けますよ~。それなりには納得のいく形で収めてくれるとよいですねよみがえり~レザレクションはシーズン2で終了


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.