2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガル4】(Drop Dead Diva S4)の11話は「狙われたフィアンセ」(Family Matters~家族の事情)です。オーウェンがずっと受難続きで、ジェーン同様ヤキモキさせられてしまいます。以下簡単なネタバレのあらすじです私はラブ・リーガル4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回は、そのオーウェンの友人=ベス・エヴァンス(Susan May Pratt)がクライアントでした。レイブ(Rave~大規模な音楽イベントもしくはパーティ)に行った娘のジェニーがその会場で発作を起こし、重体に陥ってしまったようです。


ジェーンは、ジェニーがその会場でドラッグを手に入れたと確信し、レイブの主催者側の管理責任を追及する構えでした。3万人もの若者が集まるイベントなら、想定すべき事態だ!


が、実際にジェニーがドラッグを手に入れたのは、会場に行く前、友人のカーラ・ミドレン(Danielle Campbell)からだったことが判明します。他にも、ジェーンは何者かから脅迫文まで送りつけられてしまうのです


フィアンセが死んでもいいのか?


とりあえずはオーウェンに警護を付けてもらったものの、これ以上裁判を進めるべきかどうか悩んでいた矢先、入院中のジェニーが死亡してしまいます。ジェーンは、これ以上カーラを追及するのは忍びないと、代理人を降りようとするのですが、カーラ自身が続行を希望しました


ジェニーの仇を取ってほしい!


ジェニーが倒れた原因は確かにドラッグだったものの、直接の死因は「脱水症状」だったそうなので、救急車が通常通り来てくれてさえいれば、問題なく救命できたらしいのです。主催者側が緊急時の通路を確保さえしておけばよかった、ジェニーが死んだのは、主催者側の管理責任に問題がある、とジェーンは再び立ち上がります


そしてジェーンは、ジェニーのみならず、他に病院に搬送された23名もまた皆、同じ症状を呈していたことを突き止めます。会場には給水器が設置してあったはずなのに、なぜこれほど「脱水症状」が起きたのか?


なんとですね~当日は給水器がメンテナンス中で使えず、ただ一社だけが独占的に、しかも1本10ドルで水を販売していたのだそうです。当時の売り上げは1日で50万ドルもあったのだとか!


主催者側とこのメーカーはグルになっているはず!


調べたところ、いかにもジェニーに同情的な発言をしていたフィリップス議員(Jon Briddell)が、このメーカーのオーナーだったことが判明しました。やっぱりね~あの顔を見た瞬間、怪しいと思いましたよいかにも怪しげでした(;´・ω・)。だいたい、判事を脅すなんて、それなりに大物じゃなきゃできませんし


こうして今回もまた見事に勝利したジェーンは、近々結婚式を挙げるようです。英語の副題ともなった「family matters」が原因で父親と疎遠になっていたオーウェンも、やっとその父に連絡を取って、式に招待することになったのは何よりでした。何でもオーウェンの父親は3度も結婚しているそうで、その3度目の際オーウェンが反対したことから、ふたりはずっと音信不通だったのだそうです。


招待状送付係のステイシーが、この理由を突き止めようとオーウェンに探りを入れてきた時、オーウェンがその理由に、A field of dreamsのストーリーをそっくり聞かせたのに、ステイシーがまったく気付かなかったのには大爆笑でした


こうして「秘密」を打ち明けたオーウェンに、ジェーンもまた自分の「秘密を打ち明けようとしますが、またしてもこれをルークに止められてしまいます。


You have a soul of a 24-year-old model. I mean, you sound completely sane, not crazy a bit.
24歳のモデルの魂を持っているなんて、正気にしか聞こえない、ちっともいかれてない


もちろんこれは皮肉で、逆に「いかれてるとしか思ってもらえない」というニュアンスなのです


結局ジェーンは、今回もまた真相を告げられないままでした。


To no more secrets.
もう秘密はなし


たとえ命を狙われようと、脅迫などという卑怯な振る舞いは決して許さないと怒っていた正義感の強いオーウェンですから、できれば隠し事はしないほうがイイんでしょうけどね~


また、キムとグレイソンは、友人のキャリー(Darby Lynn Totten)に精子を提供した(sperm donorダン・エイブラハム(Tyler Jacob Moore)の代理人を務めていました。キャリーの婚約者で弁護士のリック(Kenneth Mitchell)が、ダンの遺伝子上の息子のチャーリーの親権を渡さないと言い張ったからです。


ダンは、子どもができずに悩んでいたキャリーに協力した後、我も我もと押しかけて来た女性にも無償で協力したらしいのですが、リックは卑怯にもこれをF.D.A.(医薬品局)にリークしたため、ダンはなんと

「臓器売買」

で逮捕されてしまいます


でもこれは結局、「精子を提供する方法」が、従来のやり方(old-fashioned way)であれスポイト(a turkey baster)であれ、そんなのは余計なお世話パーカー、ナイス!( `ー´)ノという結論に達したのには大笑いでした


私はラブ・リーガル4」も残すところは後2話です。続きもとっても楽しみですね


   

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.