2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

稲森いずみさん&渡辺麻友さんダブル主演の【戦う!書店ガール】も6話に来てようやく「戦いの火ぶたが切って降ろされました。以下簡単なネタバレのあらすじです戦う!書店ガールのあらすじ感想行きますよ~( `ー´)ノ


誤解が元で孤立無援となった理子を救うため、亜紀と三田は、インタビュー記事を載せた雑誌記者へと乗り込みました。理子の記事を事前チェックした人物を突き止めようとしたのです


担当者がなかなか口を割ってくれなかったところに、以前亜紀がお世話になった漫画家のあがちなお(浅利陽介)がやってきます。このあがちのおかげで、ふたりはついに、理子を陥れたのがほかならぬ野島だったと聞かされました


皆に話して分かってもらいましょう!野島さんにも謝らせるべきです!!


亜紀は理子にそう詰め寄りましたが、理子は今、自分の店長としての技量にも疑問を抱いていたため、その言葉を素直に受け入れることができません。他人から妬まれるのも、すべては自分が至らないからだと思い込んでしまったのでしょう


その後野島は卑怯にも、例の「ゆとりの3人組」を使って、どんどん理子を追い詰めていきます。野島は、田代が理子をスカウトした現場を目にし、理子がその場でこの申し出を断ったのも百も承知しながら、

「(理子は)吉祥寺店が閉店となることを知っていて、皆に何も言わない。自分はユニコーン堂に移るつもりだ」

とうそぶいたのです。この男のサイテーぶりもひどいけど、これをまたあの3人が信じちまうっていうのが情けない


「もう理子さんにはついていけません!ずっと信じてついてきたのにっ!!そんな人だと思わなかった!


信じてついてきたなら、こういう時こそ信じ切りなさい、と言いたくなってしまいますよね~一度信じたならとことん信じなさい(`・ω・´)


でも理子は彼らに腹を立てるどころか、閉店後の彼らの就職先を心配し、どうやら自分は辞表を書いて、その代わりに彼らを残してもらえるよう、社長に頼み込むつもりでいたようです


が、そんな「情けない理子」を許す亜紀ではありません。亜紀は、何もせずに諦めようとしている理子に、ガツンと檄を飛ばしたのですよっ!3代目っ!!


誰よりも本を愛しているはずの理子さんが、そんなに簡単に諦めていいんですかっ!!


辞職を決意した理子が、ただひとり店内で、1冊1冊丁寧に本を整えながら涙していた姿が忘れられません


こうしてようやく目が覚めた理子は、自ら書いた辞表を燃やし、初めての「店長会議」に乗り込んで行きました。そこで理子は皆に、会社が吉祥寺店を含む3店の「閉店」を考えていることを暴露し、自分はまだ店長になったばかりだが、だからこそ絶対に売り上げを伸ばしてみせると言い切ります


どうか私にチャンスを与えてください!!


「女にだけは負けたくない」という、ただ「男」であるだけが自慢の店長たちのヤジが、何とも醜かったですね~。そうそう、吉祥寺店の体たらくは、決して理子ではなく、ひとえに野島の責任でしたのに


脳梗塞で倒れた後も、自分の焼いた「せんべい」を待っていてくれる客のために~そして頑張っている娘のために~リハビリに精を出すお父さんのためにも、理子は頑張らなくちゃなりません


さ~ていよいよ来週からは、理子たち「書店ガール」(一部ボーイも)の戦いが始まりますね戦う書店ガールが面白い♪。「戦う!書店ガール」は続きもとぉ~っても楽しみでござりまする


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.