2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

よみがえり レザレクションRessurection)のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: よみがえり レザレクション(Ressurection) あらすじと登場人物一覧


海外ドラマ・【よみがえりレザレクション2】(Ressurection)の第6話は「苦悩」です。でも英語の方は「Afflictions」と複数なので「悩みの種」とか「不幸の原因」(それらが複数)を指していたようです。以下早速ネタバレですよみがえり~レザレクションのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずアルカディアを出たマーティーは病が悪化したことから、再び例の謎の女性に連絡をしました。助けが必要だ


謎の女性はマーティンを政府の施設に運び、応急処置をさせたようです。マーティンの病はやはり、よみがえりの人々と同様でスペイン風邪の突然変異型だったそうですが、ウィルスの変異が早すぎて、ワクチンが作れないのだとか。


なんとか治療薬はできたらしいものの、まだ実験段階のため、大量生産は難しいようです。マーティンに与えられたワクチンはアンプル20本ほどで、彼はそのうちの12本をマギーに渡し、アルカディアの人々のために使うことにしたようでした。でも、自分もまた「よみがえり」だということは、まだ明かせないようです


一方マーティンはその施設でついに「謎の女性」の正体を突き止めます。彼女はアンジェラ・フォレスター(Donna Murphy)という統計学者だそうです。そしてどうやら幼い頃に小型機に乗って墜落し、ただ一人生き残ったという体験をしていたらしい。


またマーティンはここで、自分もまたアルカディアの出身で1934年の洪水の際に死亡していたことを知らされました。そう、これでようやくマーティンが、シーズン1に登場したトンプソン夫妻の息子=ロバートだと判明したのです。マーティンはその後、1972年にシカゴで蘇ったそうです


以前のレビューで、洪水が起きたのは40年前と書いたのは、どうやらおばさんの勘違い(?)だったようです


マーティンは、血のつながった家族がいる、それがあのトンプソン夫妻だったのだと感動し、彼らに会いたいと申し出ますが、残念ながら、夫妻は既にあの病に罹患した後「消えて」しまったのだとか


でも幸いなことにジェニーはまだ生きていて、マーティンは姉に再会することができました。ジェニーはマーティンが「弟」のロバートとは気づいていないようでしたが、ジェイコブ同様、何か不思議な能力を持っているらしく、格別の親しみを込めてマーティンをハグしています


また必ず会いに来て!


一方、アルカディアでは、消えたバーバラのことが問題になっています。エレインから話を聞いたマギーは、マーガレットに真相を確かめようとしましたが、マーガレットは、案の定、バーバラには会っていないとまたしても嘘をついたのです


マギーはそれ以上問い詰めなかったものの、フレッドは別です。ああ見えて実は繊細なフレッドは、バーバラを消したのは母に違いないと確信しているようです。


最初は疑っていたけれど、一緒にいればいるほどよみがえりを信じるようになったと語ったフレッドもそうだけど、そのフレッド=父と仲睦まじくバッドラックチリを作り、娘の自分に「Bad Luck Chili to go(お持ち帰り用)と書いたタッパーを持たせてくれた、無邪気なバーバラを思い出して涙するマギーが可哀想でなりませんでした。まったくね~マーガレット、いったい何様のつもりでしょうか


また、そのマーガレットの影響もあり、ヘンリーはついにラングストンファニチャーを再開しようと決意します。いずれは~と思っていた願いがこうも早く現実味を帯びたのは、折よく(?)資金提供者が現れたからです。ブライアン・アディスンと名乗ったその男性にはウィリアムという(見た目は若い)「祖父」がいるそうなのですが?


金の話を切り出せば、すぐに飛びついてくると言ったろう?と語ったウィリアムは、当然「よみがえり」なのでしょうね。その口調から、ラングストン家に恨みを持つ人物と推察されますが、ウィリアムはマーガレットと同年代のようなので、当然、既知の間柄なのでしょう


この二人の登場によって、ミステリー好きとしては大いに盛り上がりたいところなれど、う~ん、残りあと7話ですか。何とかまとまってくれるといいですね~よみがえり~レザレクションはシーズン2で終了です(;´・ω・)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.